◎フェルメ−ルのこと

 ここで、【私が体験した(この画家について読んだり・見たりした事柄)こと】を思い出す
ままに記載します。記憶が少し曖昧な点もありますが、もし間違っていたら判り次第、訂正し
ます。
 何時からフェルメ−ルと言う画家に関心を持ったかは、残念ながらハッキリしません。
ある人は彼の作品、例えば『デルフトの眺望』などを初めて見た時、ショックを受けたと言います。
 自分の記憶をたどってみましたが、残念ながら正直に言って思い出せません。
 どの作品を最初に見たかも不明です。多分そんなにフェメ−ルを意識していなかったのでしょう。
ただ、西洋絵画を見ることは好きでしたから、ル−ブル美術館、ナショナル・ギャラリ−、美術史
美術館、アムステルダム国立美術館などにはかなり以前から訪れているので、見ている筈です。
 ある人のようにその絵画を見て「しびれ」たとの強い印象はなかつたと思います。
ウィ−ンで数ある中で「画家のアトリエ」を、ロンドンで「バァ−ジナルの前に座る女」「バァ−ジ
ナルの前に立つ女」あたりが私の最初の「ご対面」だったかも知れません。
 ツァ−に参加してオランダに行った時、アムステルダムでレンブラントの「夜警」を見た記憶は
鮮明に覚えています。ガイドはフェルメ−ルの絵画の前に連れて行った筈です。
 デン・ハ−グのマウリッツハウスの建物はバスから眺めましたが、その時のツァ−は残念、素通
りでした。絵画がお好きな方は「別の機会にどうぞ」と言うガイドの説明だけは良く覚えています。
(96年4月「フェルメ−ル展」で最初に、98年1月夫婦でデルフト訪問後この美術館に行った)
 1996年の「フェルメ−ル展」の他に2001年8月にロンドンのナショナル・ギヤラリ−の「フェルメ
−ル特別展」にも行きました。

 先ず先に、日本で見たフェルメ−ルの絵画のことから説明します。
 ●1984年4月24日〜6月10日 マウリッツハイス王立美術館展が国立西洋美術館で開催さ
れました。レンブラント、ヤン・ステ−ン、ロイスダ−ルなどの絵画とともに、フェルメ−ル二つの
絵画がありました。@「ディアナとニンフたち」 A「青いタ−バンの少女」です。
1984年は昭和59年ですので、この二つの絵画は日本にいて本物を見た最初のものです。
A「青いタ−バンの少女」は今手元にあるカタログにそのように表示されていました。
その後2000年6月に白水社から『真珠の耳飾りの少女』(トレ−シ−・シュバリエ著 木下哲夫訳)
が市販され、2004年4月からこの本をベ−スにした同じ題の「映画」(スカ−レット・ヨハンソンが
少女役)が上映されています。(アカデミ−賞3部門ノミネ−トとPRのチラシにありました)
 ついでに言うと、『フェルメ−ル デルフトの眺望』『奇蹟の器』『運河沿いのフェルメ−ルの家』
などの本が多くのの『フェルメ−ル論』の他にあります。
 さて本題。日本における「フェルメ−ル展」で市川が出かけたのは、次の2回です。
もっと有ったかは後刻「検索して」確認します。
 ●2000年6月1日 大阪市立美術館 にて開催された、『フェルメ−ルとその時代』
  日蘭交流400周年記念特別展覧会 00年4月4日〜7月2日
   ・『聖プラクセディス』 ・『リュ−トを調弦する女』 ・『天秤を持つ女』 
   ・『青いタ−バンの少女(真珠の耳飾りの少女)』 ・『地理学者』(5点)
 ●2000年7月9日 国立西洋美術館にて開催された『レンブラント、フェルメ−ルとその時代』
  2000年4月7日〜6月18日 愛知県美術館 2000年7月4日〜9月24日 国立西洋美術館
   ・『恋文』 (1点)
 2000年5月8日の朝日新聞、28面には次のように二つの『展覧会』のことを紹介していました。
 〔フェルメ−ル展 東西「合戦」〕との見出しです。東京と名古屋グル−プと大阪と東西で関が原
 を挟んでの「にらみあい」についてです。17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメ−ル(1632
〜75)の30数点しかない絵画が東京・名古屋に1点、大阪に5点の合計6ヶまでも日本に来る。
これは珍しいことです。
 ●2004年5月3日 東京都美術館 にて開催された、『栄光のオランダ・フランドル絵画展』
 ウィ−ン美術史美術館所蔵の絵画です。『画家のアトリエ(絵画芸術)』(1点)
 東洋には初の貸し出しです。東京展4月15日〜7月4日 神戸展7月17日〜10月11日
  ★新聞で「初の貸し出し」を見ましたが、私の友人は「世田谷美術館」で、この作品を見た
   そうです。と言うことは「東洋初の貸し出し」は【誤り】となります。
   私の推定ですが、以前にも「名品」は来日している可能性強いと思います。
この来日中の期間にウィ−ンへ行った人は『画家のアトリエ』は鑑賞出来ません。

 高い費用を出して外国の美術館に行き「見ること」もあります。しかし、他の美術館に「貸し出し
中」の時も少なくありません。2000年にワシントンのナショナル・ギヤラリ−とニュ−ヨ−クのメトロ
ポリタン美術館に行った時、「フェルメ−ル」のいくつかは日本に貸し出し中でした。

 日本に来た時は努めて見に行くことにしています。以上の4回--(84年・2000年の2回・04年)--
が市川の今迄の体験です。

 先に書きましたように、外国での大きな「フェルメ−ル展」は1996年4月9日のオランダ展
(デン・ハ−グ)と2001年8月18・19・20日の三日間の二回です。

    ★大規模な外国での【フェメメ−ル展】のこと
 
 1995年12月21日に成田空港からニュ−ヨ−クに行きさらにロンドン経由ウィ−ンで家内と落
ち合い、正月をウィ−ンで過ごしました。ニュ−ヨ−ク滞在中にワシントンのナショナルギャラリ−
で近年珍しい大規模な「フェルメ−ル展」のことを知りました。詳しくは判りませんが、国家予算
の関係で「自由の女神の像」「ナショナルギャラリ−」などの政府施設は「閉鎖」でマスコミが
大きくTV・新聞などで報道していました。
折角「フェルメ−ル」を見に行ったのに、入れないのですから、行った人は怒ります。
ニュ−ヨ−ク滞在中に「もし可能なら」トライしたかったのですが無理しません。
その当時我が家ではウィ−ンでの越年が年中行事でして、「次」を狙いました。
 96年のベルリンの「フェスト・タ−ゲ」に参加することにし、帰りにオランダで「フェルメ−ル
展」を見ることにしました。
 この時のウィ−ンの美術史美術館では、「絵画芸術」〔「画家のアトリエ」(美の寓意)とも
言われている〕は何時もの場所に展示してなく、ワシントンに出張中と思いました。
 しかし、96年4月のデン・ハ−グ会場にも展示されていません。(修復中だつたのでしよう)
 
この時はベルリンでのR・ワ−グナ−の祭典=「フェスト・タ−ゲ」のツァ−に参加しました。
 ペルリンに永く滞在しワ−グナ−の楽劇のない間にドレスデンの絵画館やゼンパ−劇場での
シノポリ指揮の「プァルシファル」も鑑賞しました。
 この楽劇の時に幕間で知り合いの方とが話してくれました。その方(T氏)はミュンヘンに
留学中で、オランダに行き「フェルメ−ル展」観た苦労話をしてくれました。チケットが無くて
朝早く行き並んで入場したそうです。「ともかく、凄い。エリザベス女王所有のものまであるの
だから」と。市川が事前に調べた所によると、「所有者公表せず」の疑問はすくに判りました。
 4月9日ツァ−と別れてアムステルダムに行き、頼んだガイドとともに国立美術館、フェルメ−ル
の生地のデルフト経由、指定の時間の16:00にマウリッツハイスに着きました。
 この時は普段の入り口でなくて、掘割に船を浮かべてそこから入場しました。この臨時の入り口
には、「フェルメ−ル展」関連の図書・ボスタ−・Tシャツなどの売店も設置されていました。

 ガイドの丸山女史と二人で入りました。17:00までとの事でしたが、丸山さんは「入場したら」
こちらの勝ちと、1時間半は会場に後は売店での買い物の時間と決め、人ごみの中に入りました。
英語のBooklet(縦10.5 横15センチ)には、年表、Room 100からRoom 400までの4室の
作成順の仕分けで説明されていました。
 このホ−ム頁の為に【作品一覧】を作りました。各種の図書を持っていますが、小林頼子さんの
本『フェルメ−ル論』(八坂書房)の「資料1」をベ−スにしました。
 この時の「フェルメ−ル展・オランダ会場」では23点が展示されていました。ちなみに、前の年
からの「フェルメ−ル展・アメリカ会場」は2作品ほど展示が少なかったそうです。
 23ヶの作品は「別表」に「96年展示NO」賭して示してあります。
■専門家の説では、「本物」「疑わしきもの」などいろいろあります。小林頼子さんの「作品一覧」
では「32」が「本物」で、4つが「疑わしきもの」(d1〜d4)と分類されています。
 合計38作品の23作品の集合は世紀の大事件といえるでしょう。
<市川の見たもの(メモ)>欄にオランダ会場で見たものは「96年展」と表示しました。
ベルリン、ドレスデンでオランダ会場に貸し出していないものを3点見ました(別表の目録NO)で
は「2、4、7」です。帰りはニュ−ヨ−ク経由でしたので、(別表の目録NO)の「3、5、11、17、
22」の5点も見たことになります。
 この時はパリのル−ブルに行ってないので、また、何回か見たウィ−ンの美術史美術館「画家の
アトリエ」もカウントしません。
 ニョ−ヨ−クで美術館通いをして、オランダ会場で求めた「図書」から市川の「見てないもの」
はボストン強奪事件の絵画(NO20)ともう一つ不注意で出かけなかった(NO30)と判りました。
 ボストン強奪事件は90年の3月のことで、この後の4,5月にボストンに行った時は事件の後でした。
ケンウッドハウスの(NO30)は後で三回ほど行き見ましたので、私の【見ていない作品】は
ボストン強奪による「行方不明」の「1っ」だけです。
 従って、96年の春だけについて言うと、ウィ−ンとパリに行っていないので、その2ヶと強奪に
よる行方不明、見ていないケンウッドハウスの2ヶの合計4作品。
 なんと38分の34も見たことになります。「やった!」と自画自賛しています。

 もう一つの「ロンドン展」 2001年8月18日から3日間通う。
 2001年バイロイトの帰りにロンドンに立ち寄り4泊しました。この時はメトロポリタン美術館と
ナショナル・ギャラリ−(ロンドン)がお互いに「フェルメ−ル展」を開催しており、運良くロンドン
に居りましたので、3日間通い(開館と同時に入場)堪能しました。
 ここでは、「ヘルメ−ルとデルフト・スク−ル」と銘うち、特別展をやっていました。
2001年6月20日から9月16日までが会期でした。
 アメリカ会場に行かれた人の話では、アメリカの方が2つか3つ多かったそうです。
確かめてはいません。私の日記によると13点の「フェルメ−ル」があり大満足です。
 チケツトの並びが面倒なので、記名のシ−ズン券とし日参したわけです。
高齢割引で15ボンドでした。ヒ−スロ−空港からサボイ・ホテルに行く間に看板を見つけ
通いつめた事になります。幸運でした。

フェルメ−ル作品一覧   小林頼子(著)フェルメ−ル論 八坂書房 資料1による

      TOP頁「メニュ−」に戻る       市川の旅の記録集に戻る