●厚生年金基金の加入期間が「短期間」の人の年金

我が国の代表的な企業年金である厚生年金基金に「短期間」加入していた人の取り

扱いです。14年8月現在1.723基金があり、加入員は10.836.000人です。

最初に[自分は厚生年金基金に関係あるか]を確認しましょう。

  会社に勤めたことない人   ⇒加入員ではありません。

  現在、会社に勤めている人 ⇒勤め先に厚生年金基金制度がある⇒基金の加入員です。

  以前、会社に勤めていた人 ⇒勤め先に厚生年金基金制度がある⇒基金の加入員でした。

厚生年金基金の年金は、60歳になった時に加入していた厚生年金基金から支給されます。

     ここで、取り上げたいのは、標題のように加入期間が[短期間]の人の年金のことです。

 加入期間が[短期間]の人で「知らないため」・「忘れたため」この分を【未請求】の人がかなりいます。

 

▼中途脱退者の年金は?

厚生年金基金の加入期間が短い(一般的に10年未満)人は「厚生年金基金連合会」

から支払われます。(このあたりが分かりにくいのです) ⇒細かく説明します。

 

◎ある基金の加入期間が短い人の年金原資や記録は、それぞれの基金から連合会に

「移管」されます。連合会では基金にかわってその原資を運用し、「記録管理業務」や

「支払い業務」を行います。

@     同一厚生年金基金での加入期間が10年未満で、かつ55歳前に退職している人は、

厚生基金連合会に「年金の請求」をします。

A     同一厚生年金基金での加入期間が15年以上の人は、加入していた厚生年金基金に

「年金の請求」をします。

B同一厚生年金基金での加入期間が10年未満であり、かつ55歳以上で退職している。また、

C同一厚生年金基金での加入期間が10年以上15年未満である場合。

このBとCの人は加入していた厚生年金基金か厚生年金基金連合会に尋ねてください。

この訳はその厚生年金基金の「規約」によることなります。「どちらかに請求するか」は問い合わせ

てください。

○加入期間が8年間あり、50歳で基金を辞めた人は@で連合会です。同一の基金での加入期間

が19年間の人は、Aで辞めた基金です。同一の基金での加入期間が10年未満でも、

退職した年齢が58歳など60歳定年年齢に近い人は、その基金で取り扱う場合があります。

(その基金の規約によります) [基金を辞めた時]に「説明」があったはずです。古いことですが

想起してください。

このため、BとCの場合は「問い合わせ」をしてください。[何もしなかった⇒年金は貰えません]

 

       次の頁に行く             最初に戻る