◎ウィ−ンのホテルについて

 夫婦での最初のウィ−ン訪問は、1989年の5月でした。そろそろ、会社人間
からの卒業ということで、4月9日にアントワ−プ、ブル−ジュ、アムステルダム
とジュネ−ブに行く、阪神旅行のツァ−に参加しました。
皆が帰国する際にジュネ−ブ空港で団体と分かれて、ウィ−ンに二人だけで行きました。
 5月の上旬のことで、アルプスの山並みが雪で真っ白であったことが思い出されます。
 この時はシュテハン寺院の後ろにある ケ−ニッヒ・フォン・ウンガルンというホテ
ルに5泊しました。日本食にやや飢えており、ケルントナ−通りの中華店に行く予定で
したがやめました。その日は特別に寒い日でしたので家内がもう100米くらいでした
が「寒くて嫌だ」と強引にホテルに帰ると言い張りました。
 旅先で夫婦喧嘩はイヤなので、妥協しました。このホテルの食堂はフロントの脇にあ
ります。余り広くない食堂でした。
 ウィ−ン駐在のTさんが「タ−フェル・シュピッツ」が良いとの事前の話は聞いてあ
り、ホテルで、土地の食べ物を選択しました。美味しかったので結果オラ−イでした。
 印象的なことは、私達の後に来た一人のこのホテルのゲストが私達がフランツ・ジョ
ゼフ皇帝(カイザ−の奥様が有名な「エリザベ−ト」です)が好んで食べたと言う
「タ−フェル・シュビッツ」を食している時に食堂の入り口で騒ぎました。
このホテルのゲストなのに「席がない」とは何事か?とわめいていた事でした。
 私達は予約がして無くて、たまたま空いていたので食事できたのでした。
 そのあとは,国立歌劇場の裏にある「ザッハ−」と言う5っ星ホテルでこのウィ−ン
の食べ物−−Tafelspiz--を食べたことありました。成田で貰ったJCBの地図にこの
ホテルの特別メニュ−があり,試してみたのでした。
 私どもが何時も宿泊する「インペリアル・ホテル」のレストランには,この「メニュ−
はありません。何年か前にホテルのコンシェルジェに最初に食べたあのホテルの予約を
依頼したが,「満席」とかで断られました。
 今回,12月30日のバレ-とオペレッタをやめて,ケ−ニッヒ・フォン・ウンガルン
で「思い出に」再度このTafelspizを食べることにしました。自宅からインペリアルホテ
ルにメ-ルし、他のホテルでの食事の「予約」でした。(2004年1月記入)
 たまたま,「インペリアル・ホテル」では,この日(12月30日)にカクテル・パ-ティが
ありました。オペラなどに行く時は開演の時間から30分位しか出られませんでした。
 今回はもう歳だし観劇を割愛して食事としたのは,カクテル・パ-ティに最後までいて
食前酒を飲んでからTafelspizを食べることに作戦変更したのでした。
 予約は20時45分のため歩行者天国の「ケルントナ-通り」を散策し,夜のウィ-ンの電
飾を眺めて13年ぶりの食事としました。
 酒蔵のようなレストランは半分は埋まり,皆さんこのTafelspizを食べに来ているみた
いでした。ここでは「ワゴン」が席まで来て、ワゴンのお湯の中から「いろいろな部位」
を取り出して,解説付きでだしてくれます。
 03年の元旦の夜,「第九」の後にインペリアルのcafeで「これ」を食べましたが
いまひとつでした。そこで前の食事を味わいたく出かけたわけでした。
 Tafelspizの値段は31ユ-ロでした。ちなみにインペリアルのCAFEのメニュ-の値段は24
ユ-ロでした。しかし,31ユ−ロは二人分でワインが36ユ−ロですからこちらの方が
安い。請求が81ユ−ロでチップ入れて95ユ−ロをcashで支払いました。
 食べ物には人様々な好みもあります。たまたま,私たちはハンガリ-風の田舎料理である
「タ−フェル・シュピッツ」を思い出の旅に食べただけです。
しかし、人によってはこの「タ−フェル・シュピッツ」はあまり上等な食べ物ではない
との説も聞きました。「味」には個人差もかなりあります。
 ハプスブルグ家のカイザ−も「好き」とのことですので、あの地に行った時は「食べる」
ことにしました。
 このホテルでの想いでは、ヨハンシュトラウス父子の音楽を朝から晩まで流している
ことでした。
 その何年か後に「フィガロ・ハウス」に入りました。窓から外を眺めますとINDEA
との「垂れ幕」が見えます。インド更紗のお店です。私たちの部屋と同じに見えました。
 不思議に思い気がかりの事柄となりました。その後一昨年にやっと解決しました。
私たちが宿泊した89年の「部屋」の隣が「フィガロ・ハウス」だつたのでした。
 ホテルの入り口と「フィガロ・ハウス」の入り口が違うところで、私の頭が混乱してい
ことが、やっと判明しました。ホテルの入り口の右側にレストランがあります。
その右側の2階・3階の部分があのモ−ツアルトが「フィガロの結婚」を作曲し、場所
だったのでした。


 今まで宿泊したWienのホテルのリスト。

 オイロ−パ    82
 アマデウス   83
 ウンガルン   89
 インタコンチ  89 90
 インペリアル  92 93 95 96 97 98 02 03




     TOP「メニ−」に戻る        市川の旅の記録集に戻る