6. 私は あの DC-3に乗った事があります

 No.5で コンコルド について書き始めました。古い資料をあさって記憶を呼び起こしている最中です。
まだまだ途中の段階です。コンコルドが途中なのに、急に航空界の「名機だったDC-3型機」
についても、書きたくなりました。ここで、かなり記憶が薄れたのですが、たった1回だけ搭乗した【変わった
体験】をここに記します。それは、昭和36年の夏ごろのことでした。
 当時、私は味の素(株)の平社員でした。会社あげての新しい工場の建設の仕事をしていました。
新しい工場は三重県の四日市市に「新製法としての合成法による 味の素 を作るものでした。
 まだ、工場の組織は出来てなく 少数のメンバ−で 新設工場の下準備の時でした。
私の仕事は従業員の採用から社宅の建設その他、もろもろの雑多な仕事でした。
住まいは川崎市にある社宅で、何回かは現地の四日市に出かけました。
 当時は,建設の数人の人たちが四日市市の1軒の家を借りて泊まりました。
時々出張する私達もそこを宿舎としていました。(現地に長くいる人と時たま四日市市に来る人の2種類)
 交通機関は新幹線「ひかり・こだま」の出来る前で、以前の特急「こだま」が早い列車でした。
夜行の列車もたまには使いますが、多くは当時の国鉄でした。
 急ぐ時は羽田空港から名古屋の小牧空港に行く,飛行機も利用しました。

 その当時の飛行機はタ−ボプロップの「バイカウント」か「フレンドシップ」でした。
「全日空」だったか,「日本航空」のフライトかも,もう,忘れました.
当時、日に4便が就航していて、羽田発の最終便と小牧発の第一便だけが、「あの」DC-3型機でした。
好奇心の強い私は1回位はDC-3型機に乗りたかったのですが、実は,禁止されていました。

 会社の規則ではなく、上司の 稲葉課長 から 安全上の理由で「乗るなよ」と言われていました。
実は、運賃が(記憶が正しければだか)500円安かったと思います。当時の500円はそれなりの価値が
ありました。私はお金のことよりも「好奇心」から、乗りたいと狙っていたのでした。

 私のバイロイト詣での帰りの便で,JALの機内誌「WINDS」の 1999年8月号を読みました.
この号の20頁から37頁まで,芥川賞・作家の【池澤夏樹】さんが「創刊20周年記念特集」しとて,
『ぼくはDC−3に乗った!」の記事があります.
 ”飛行機少年”を自負する作家の アメリカ まで 出向いての「搭乗記」です.
1935年にアメリカで誕生した旅客機DC−3についての,暖かい「記事」です.

 そして,この市川は「夢の飛行機」に「少し問題あり」を覚悟して 『搭乗した』のでした.

そう,遂にトライしてしまいました。こっそりやればバレない筈でした。「一度は乗ってみたかった」だけ.

 面白い思い出があります。搭乗した時に変わった体験をしました。
@待合室でモテモテの人が隣に座ったこと。A与圧装置が無いために耳が痛かったこと。などなど.

 @羽田空港の待合室が大変に騒がしく、ある人だけがモテモテの状態でした。これは、普通の状態ては
ありません。いろいろとオベンチャラを言う女性は、皆さん美人です。(実は皆さん「女優さん」たち)
 はっきり言うとかなりの美人で服装も良い方たちでした。「物凄い華やかさ」でした.
Aそのモテモテの人か゛何故か私の隣に座りました。

 まず、胴体の右側のタラップから機内にはいります。そして、不安定な椅子に座ります。
背中が椅子の背にくっつ状態です。DC-3型機は主翼の下に車輪がありますが。機首には車輪はありません。
昔の「ゼロ戦」のように垂直尾翼の下に3つめの小さな車輪が付いています。
と言う事は飛行機は飛行中は水平の状態ですが。飛行場にいる時、つまり、タラツプから乗ったときは、
通路は傾斜しており、後ろにひっくり返るようでした。
 また、極端に言うと飛行中は爆音もうるさいが、悪魔か巨人が両手で私の耳を掴んで吊るしている
感じでした。与圧装置がないためです.だから,痛いのです。だから500円安かったのでしょう。
 稲葉課長は私より先にこの事を体験していてたので,「乗るな」と忠告したのかもしれません。

 プロペラ機ですからそんなに早くはありません。安い理由の一つでもあります.
しかし、良い事に羽田・小牧間は短く助かりました。念願の搭乗は出来たのでした.万歳です.

 翌日、儲けものの500円(差額)を使い、現地にいる数人の仲間と借り上げ社宅で一杯やりました。
この当時は白黒TVでした.名古屋の御園座の復興の行事(こけら落とし)をTVで見ました.
 御園座の復興記念の行事(興行)のために東京から 菊田一男 さん が名古屋に来たことを 
TVで伝えていました。あのモテモテ男は 菊田さん だつたと 判った次第でした.

 私は単身者たちの夕食の酒の席で、割り勘を安くするために500円を出した理由をありのまま話しました。
一人でネコババする気はなかつたのです。しかし、お酒が入りTVで あのモテモテ男が作家で,東宝の
重役の菊田一男さんと判明し、与圧装置ナシの体験などを話してしまいました.「搭乗がうれしかった」
からです.秘密を隠せないのでした.
 数日たって課長に呼ばれて叱られました。年上の現地にいる方が「告げ口」したのでした.

 課長は強い言い方ではなく、安全を考えて「乗るな」といったことを破ったことを静かに「たしなめ」
ました。強い口調でなくやんわりと諭したことも、記憶に残りました。

 コンコルドは消え、蒸気機関車もかっては、トンネルなどで煙が目にはいったりして、厄介者としたのです。
無くなってしまうと ノスタルジアか かっての 存在を思い出します。

 双発の大量生産された世界の名機の DC-3型機について Jalの機内誌で読んだ記憶を頼りに
探しました.ありました。そこの頁を破いて帰り,大切に保管していました.

 池澤さんの文章とDC−3の多くの写真は 私の宝もの です.

 以上が 私の DC-3型機の 貴重な 思い出です。変わった体験でした。

    TOP頁「メニュ−」に戻る           市川の旅の記録に戻る