5. さよなら コンコルド (市川の超音速旅客機・搭乗記)

 「さらば怪鳥 超音速の旅」・「超音速コンコルド 27年間の歴史に幕」との 見いたし付きの
新聞報道をついに見ました。イギリス・フランスが共同で作り上げた あの独特な三角翼の「怪鳥」
は、2003年10月24日、引退運行を行い幕をとじました。
 英国のブリティシュ・エアウエイズ(BA)のコンコルドが、24日アメリカのニュ−ヨ−クからの最
後の飛行を終え、27年間のの飛行にピリオドを打ちました。
 フランスは今年5月に運行を終了していました。パリの航行での炎上した惨事は2001年のことでした。

 過去市川は4回コンコルドに乗りました。
@ 93.12.23
A 96.04.14
B 96.12.22
C 97.12.21
 初めての搭乗は AF−001便 NY13:00 発 Paris 着 22:40 でした。
  出迎えの人、コンコルド乗った事ナシ 「上空では真っ暗になるそうですね」と。私、答えられない。
  到着は 夜でしたし。ここが 最初の 疑問でした。


 「消え去るもの」に愛着があるもの。何年か前にドイツ・ニュールンベルグ駅で SLの引っ張る特別
イベントを目撃しました。もくもくと 煙を吐き出し、列車には 選ばれた人でしょうか 親子づれで満員。
また、カメラ抱えて撮影する人か多くいました。日本と同じです。ここは聴いたところでは、この国の鉄道
の発生の地とか。鉄道博物館もあります。コンコルドも今は存在しません。ロンドンのヒースロー空港の
入り口に コンコルドの模型があります。BAのマークつけています。

 そう。もう無いもの には 懐かしいものです。
 いやいや、驚きました。インターネットで調べると、私ごときものと比較も出来ない「マニア」の方が
いて、機内での食事の写真まで載っています。私などは搭乗したAF社のパンフレット(小さい)・BA
社のパンフレット(大きい)を大切に保有して眺めているくらいです。AFの場合座席前のポケットにあった
「安全のしおり」--これは6ヶ国語で説明があって、EXITは搭乗の機種・主翼の始まりの左右の4ヶ所と
垂直尾翼の下の合計5ヶ所のコンコルド機のイラストが手元にあります。記念に持ってきてしまったのです。
ジャンボ機やB−737なら頂かないのですが、絵葉書などとともに頂いてしまいました。
 BA社のは一つですが、AF社のパンフは内容は同じですが、表皮の写真など小さいところが違っています。
THE OF TIME, THE MAIN IRREFUTABLE ADVANTAGE OF CONCORDE と 自信の程をTOPに
すえています。



     TOP頁「メニュ−」に戻る       市川の旅の記録に戻る