4.バイロイト音楽祭 その@---妻の初参加と夫婦の2・3回目---  

 何を隠そう 私はワ−グナ−が大好きです。どうして好きになったかは別の機会に述べます。
年刊・ワ−グナ−・フォ−ラム 2003 という日本ワ−グナ−協会が作っている R.WAGNER
の研究誌の今年の特集は、「オペラ」です。この98頁に【極私的ワ−グナ−体験の告白】---
私は如何にしてワ−グナ−の洗脳を解かれたか?---という玉木正之さんの文章があります。
 あの大作曲家の歌劇・楽劇と玉木さんの格闘(?)の歴史です。市川とは20年近い年齢の差
がありますが、一読して感激しました。昭和42年の大阪フェスティバル・ホ−ルにバイロイトの引
越し公演があり(私は無理して行った)、このことと、その後の「ニ−ベルングの指輪」の全曲レ
コ−ドが発売されたことが書かれていました。この記事で忘れていたLPレコ−ド22枚の価格が4
万円と記憶を新たにしました。同じような方がいることを知りました。
 ワグネリアンにとって聖地である「バイロイト」に何時の日にかは訪れたい強い願望があります。
市川の最初の「バイロイト詣」では、81年の8月でした。オランダ人、ロ−エングリンとパルシファ
ルの3つを感激の極致で体験しました。いずれ、そのことを話すとして、今回は順序を変えて市川
夫妻の初の「バイロイト巡礼」について、書くことにしました。
 現地の音楽祭事務局にチケットを毎年申し込み、数年目にやっと割り当ての通知が着ました。
「指輪」の4つとパルシファルの5つです。私は既に何回か行っていましたが、家内は初めて
です。しかも、ワ−グナ−好きではありません。
 このような訳でバイロイトの前に、ロ−マで4泊、ニュ−ルンベルクで1泊しました。バイロイトは
8泊です。(「指輪」の4部作は6日かけて上演します。パルシファルもあり前泊を入れると8泊と
なります)この帰りはスイスのグリュンデルバルト3泊の19日間の二人だけの個人旅行でした。
 そうそう、91年8月1日成田発、19日帰国の充実した旅でした。イタリア・スイスという「おま
け」付きで出かけたのでした。出かける前に家内は友人とこんな話を電話でしていました。
【私など猫に小判よ。ワ−グナ−知らないもん】電話の相手は「音響のシャワ−を浴びる感じで
参加したら」と。この忠告「効き目」あったようでした。
 8月6日15時過ぎ、ニュ−ルンベルクからタクシ−で「ロ−ミュ−レ」というホテルに着きました。
降りたらこの日の公演に行く宿泊者夫婦が正装していて、丁度良い祝典劇場に行ってくれと車に乗
り込み、明日からの大イベントを予想させていました。
 このホテルは予約の段階でツインはとれず、シングルの二部屋としました。祝祭劇場から帰りま
すと隣り合わせのシングル室に別れて入り、寝ます。
当時、東大のドイツ文学のT教授は、休み時間中にこの事を話すと、「結果として良いのでは---
と」笑っていました。
 さて、いよいよ 本番。最初のパルシファルです。私達の時は3回目のパルシファルで、この回
と4回目のみ、この役はプラシド・ドミンゴが歌いました。私の一番の気がかりは、家内が長い
公演の間に気分が悪くなり、「外に出たいと言ったらどうしょうか」という心配でした
 しかし杞憂でして、市川夫人の最初の本場のかなり長い楽劇を楽しんだようでおお助かり
でした。座席はパルケットのリンクス20列の座席で座席のカテゴリ−は、A4 180DMでした。
 やや後ろの座席で開演の前に入り口のリンクスのカ−テンの閉まる音が聞こえます。照明も暗く
なり、緊張の一瞬です。暗い静寂の中第一幕の前奏曲が静かに奏でられました。

 市川夫人の初めての祝祭劇場の前に、一つのことがありました。それは、市内のジ−クムント・
ストラッセにある、ドイツ人の家庭を訪問しました。ここのゴロナ−家には3回にわたってお世話に
(ドイツ語では プリバ−トという、民宿に宿泊した)なりました。
 最初はバイロイト市の観光協会の紹介で、祝祭劇場に近いG家に宿泊したのでした。一日20DM
でした。朝ご飯付きです。市役所の予約書を持って訪れました。その時は一人での参加でした。
3回ともかって長男がいた大きな部屋をあてがわれました。ここからは南の方角にあの祝祭劇場が見
えます。バス通りを歩くと約20分はかかります。ここでは、宿泊者を信頼しているのでしょう、家の
「鍵」を手渡されます。日本人は私だけでした。同宿の人は西ドイツ(当時は東西に分かれていた)
の二家族、ベルギ−人、アメリカ人など数人が朝飯は共に取ります。
 公演が終わるのは遅いので、歩いて帰り静かに鍵で開け、物音立てないように、長男の部屋に入
ります。同じ宿泊者たちは車を持っているためか、公演の後にレストランで食事して帰ります。
 ここのご主人は高校の先生で、奥様は日曜画家です。当時、高校生の美しいザビ−ネちゃんという
お嬢さんがいました。年上の長男は社会人でフランスで仕事をしていました。この土地の名士は民宿
として、世界中から集まる「ワグネリアン達」を引き受けます。昭和50年代の頃はホテルも少なくて
民宿に頼りました。ドイツ人の家庭をじかに見る良い機会でしたし、朝食の時には昨晩の演出の具合
は日本人としては「どう見るか?」など会話の勉強にもなります。
 ゴロナ−さんは「何故奥さんを連れてこないのか?」としっっこく私に聞きます。
私には 次の理由があるのですが、コロナ−旦那は私にこう言いました。「奥さんに、手紙を書くが
どうだろうか?」と。私「何を書くのか?」 「是非とも次回は二人で来て欲しいと書くのだ」
 「その訳は、奥さんが来ないと『バイロイトに《クンドリ−がいるといけないから》だと書く』と言う。
 ここで、ゴロナ−さんが言う《クンドリ−》は最後の楽劇”パルシファル”に登場する「妖女」のこ
とで、市川が一人だとバイロイトで誘惑されるかも知れない。よって、奥さんも我が家に来なさいと言
いたいのでした。私は一笑いしたかったが、得意ではない英会話が「おかしな方向」に行きそうにな
ると考え、これ以上の会話としませんでした。
 一人で来る理由は次です。@チケットがない事 2家内が私ほどワ−グナ−が好きでないこと が 
その理由です。
 こんな訳で、バイロイト祝祭劇場の当局から二人分のチケットが初めて割り当てられた(代金は支払
うのですよ---割り当てられたと言うと 無料と誤解する人がいました)ので、初めての夫婦の【バイロ
イト巡礼】でした。
 私にも奥さんいると「証明するための」G家訪問でした。 

    バイロイト音楽祭 そのA--市川夫妻の二度目の参加
 
 幸運にも、1999年8月6日名歌手3、7日ロ−エングリン3、6日パルシプァル3、9日オランダ人3、
10日トリスタン3の連席のチケットを譲ってもらうことになりました。今度はツインで304号室です。
 前回は1991年で8年ぶりのホテル・「ロ−ミュ−レ」でした。ついでに言うと、ここの宿泊代は一日
9000円ほどです。朝食つき、だだしシャワ−付です。バイロイトは湿度低くてシャワ−で充分です。
 妻は前回の体験で衣装は黒っぽいドレスとしました。8月5日、成田空港のLH搭乗の時に日本ワ−
グナ−協会のKさんご夫妻と会いました。二組ともバイロイト音楽祭の参加でした。
 なお、この年は「指輪」4部作は「お休みの年」でした。5演目だけで前泊入れて6泊しました。
 8月9日のオランダ人の3回目は18:00開演で休憩なしの約2時間40分です。二組の夫婦は私の
宿泊している「ロ−ミュ−レ」で8年ぶりの食事をし、幾つかのバイロイト事情を教わりました。
 私が余り行っていないロ−タ−マイン川沿いの新しいショッピング・モ−ルもKさん情報でした。
買い物好きの家内にとってまたとない「嬉しい情報」です。
 翌日最終日のトリスタン3回目の朝に二人で新スポットに行きました。買い物には関心少ない私は
先に帰りました。市内の目抜き通りで行列がありました。しかも、この列にはKさんも並んでいます。
 「何ですか」と聞くと明日の「皆既日食」を見るための「特別なもの」売っているらしいとのこと。
私も並びました。太陽は直視できません。この眼鏡店では「銀箔」を特別に売っているのでした。
 実は、1999年8月10日に英国南部からパリ近郊、シュットガルト、ミュンヘン、ザルツフケルグ、
イスタンブ−ルを通る【皆既日食】がありました。私は2年前にこのことは知っていました。
 ミュンヘンのホテルを既に予約していました。この【皆既日食】観る為です。
バイロイト音楽祭に参加できる事で、9ヶ月前にニュ−ルンベルグ⇒ミュンヘンの朝の直行便をLHで
確保しました。日に3便ありますが「日食」時間に間に合うのは朝の第一便だけです。
 自宅から持ってきた「ガラス片」に「ロ−ミュ−レ」で蝋燭から「煤」を付けましたが、最近のガラス
は熱で「割れて」しまいました。ホテルで眼鏡屋を紹介してもらい、相談したが「そんなプラスチック」は
無い。目をイタメルノデやめなさいとのことでした。「マッチと蝋燭アリ」でホテルに聞き、ガラス工芸店を
紹介してもらいました。英語で【皆既日食】観る為の「熱に強い」ガラスが欲しいと頼みました。
 コレでは如何と2マルクで分けてもらい、二人用に「はがき大」にカットして貰ったのは9日のオランダ人
の日の昼のことでした。「無理です。お止めなさい」の眼鏡店と違う眼鏡店で幸運にも「銀の箔」の「大」
を2枚求めました。304号室でガラス工芸店のものにセロテ−プで張り窓から太陽を見ますと「まん丸」に観測
出来ました。家内も確認済み。最終日のトリスタンとイゾルデの時にこれを持参して「見せびらかしたい」と
言いましたが、妻の「お止めなさい」の一言で止めました。前日ごろには、TVで【皆既日食】情報が流され
日食ム−ドは高まりました。
 Taxiでニュ−ルンベルグ空港に行き、LH1054便(09:09発09:50着)で無事にミュンヘンに着きました。
空港で「世紀の天文現象」の【皆既日食】を体験しました。本当に「真っ暗」となって、空港の照明灯が闇
を照らしました。飛行機の発着がどの様になったのかは知りません。周りは【皆既日食】を見る人が多くいました。
 時刻は11:37でした。「皆既」は2分以内と覚えています。
 私たちはバイロイト音楽祭に参加し、その翌日にミュンヘンに出向き『観測しました』幸運の一言です。
バイロイトご一緒のK産後夫妻はイタリアの音楽祭に行くためにフランクフルトで【日食】を観たそうですが90%ほど
の「欠け方」だつたそうです。
 2回目の二人のバイロイトは、重い「指輪」(6日間で4夜の公演)も無く、知り合いのKさんご夫妻とも現地で
一緒でした。何よりも、【皆既日食】の「おまけ」もある、忘れられない「一齣」でした。
 なお、最初はミュンヘン滞在の予定でしたが、この日の昼に成田発(コペン経由オスロ便)のJTBツァ−に参加
しました。「北欧の旅11日間」にコペンハ−ゲン空港で「合流」したのでした。
 バイロイトを発つ日のニュ−ルンベルグ空港で、搭乗券のチェッイン時に飛行機に預けるトランク2ヶと布製の大型
バツグを、ミュンヘン経由コペンハ−ゲン経由オスロ受け取りとしました。オスロ空港で荷物は無事に出てきて助かりました。
 ここからは、団体旅行です。オスロ2泊、ベルゲン2泊、コペン2泊、ここからヘルシンキに飛び58.400トンのシリヤライン
に乗船し、ストックホルム2泊し、JTB団体と別れフランクフルトから帰りました。
 市川夫人の2回目の6泊のバイロイトと世紀の【皆既日食】プラス「北欧の旅」と盛りたくさんの旅でした。

    バイロイト音楽祭  そのB--市川夫妻の三度目の参加

 【皆既日食】と言う「おまけ」の後に、バイロイト音楽祭当局から、チケットの割り当ての通知があり、直ぐに支払い
ました。先のKさんの助言もあり、毎年の申し込みでは、「駄目もと」で【折角の機会だから座席が良くなくてもOK】
7演目全てに参加したいと書きました。言うものです。「指輪4部作」の座席は最後列の30列の8席と9席でした。
 カテゴリ−はB5のランクで一枚150DMです。1991年から毎年申し込み9年目の「割り当て」でした。
私達はこの次は15年目くらい後だろうから、年齢から考えて「最後のバイロイト詣で」と位置づけ参加しました。
 2000年8月6日成田発その夜の22時過ぎに何時ものホテル「ロ−ミュ−レ」にたどり着きました。
JL-407ですので13:00⇒18:00フランクフルト着。LH-226は20:45発ニュ−ルンベルグ着は21:30でした。
 何時もの女性ドライバ−のアデルヘイドおばさんはなんとこの時は、日本にいたとか。(息子が日本人と結婚した)
アオトバ−ンですので、1時間以内にバイロイトのホテルに着きます。
 8月7日はパルシファルの3回目(A4)260DM。8日はロ−エングリンの3回目(B5)150DM。9日は名歌手の3
回目(A2)310DM ここは良い席。「指輪」の4夜はカテゴリ−(B5)で150DMの最後列で入り口に近くて入場
は楽ですが、舞台の左手は見えにくい席でした。
 3回目でかなりの余裕も出てきました。同宿のスペイン人のグル−プとも仲良くなりました。一橋大学のT先生とも
同じ宿でした。
 一日は07:00近くに朝食。近くのホフガルテンで散歩。ここにはワ−グナ−の住居の「バンフリ−ト」があります。
今はWagnerの記念館です。裏には彼と彼の愛犬の墓があります。1時間から2時間歩きます。市内は近く店先を覗いたり
し、昼近く部屋の掃除を待ちます。軽く食事。その晩の予習と体力の保持と昼ね。14:00過ぎにはタキシ−ドに身を
固めて、出かける準備です。15:10頃taxiの乗り込み祝典劇場に行きます。16:00開演。2回の休み時間は各1時間
丁度あります。終わりは歌劇の場合は早くて10:00頃。長い楽劇は11:00過ぎの時もある「長丁場」です。
 「オランダ人」と「ラインの黄金」の二つは18:00開演の休み時間なしの正味2時間40分前後です。
 Taxi会社と特約して、行きか帰りの足は確保することにしています。ゆっくり歩くと30分はあります。
1991年の時、小雨でTaxi乗り場は「大混乱」でした。雨は降る戻った数台のTaxiの傍に居る人が乗り込みますので
行列は無いのと同じです。ライン無しの状態です。何時までも車に乗れません。偶々目の前にTaxiが止まりました。
私が先に乗り込みまして、次に家内を車に入れました。その時ドレスアップした音楽祭に来た女性は、私たち二人に
「ヤバ−ニッシュ」と罵声です。もしも、ドア−開けて家内を先にシ−トにいざなうとしたら、他の人が「ダンケ」「サン
キュウ」と入りそうな雰囲気でした。綺麗に正装した女性でもあんな有様でして、2回目の参加からTaxiの「特約」と
しました。東京からペンライトをお互いに点滅し合い迎えのドライバ−と車を探します。
 たまに、どこかの国の「お偉いさん」(王族かVIP)が帰る時は、交通規制で待ちます。
 要するに、音楽、WAGNER一辺倒の【非定常の空間】です。他の人からは「気違いのようだ」と言われるでしょう。
大変な「努力」が要ります。


     TOP頁「メニュ−」に戻る          市川の旅の記録に戻る