3.「ロ−マ人が歩いた地中海の旅」に関連して  私達の旅

 市川のホ−ムペ−ジに「今月の本」と言う、図書を紹介・推薦するコ−ナ−があります。
この No.13に「ロ−人が歩いた地中海」【トニ−・ペロット著】があります。
 今回、この本に触発されて、この標題のような、私達の旅を記しました。トニ−の歩いた所と幾つかは
オ−バ−ラップしています。本職の旅行作家と違って「素人の旅」です。私はよくこんなことを言っています。
 旅の効用は3つある。@旅の計画段階 A旅を行う段階 B旅を思い出す段階 です。
こんな訳で、旅の思い出の段階としてご覧下さい。
 トニ−の足跡は、イタリアではロ−マ、アッピア街道、ナポリとカプリ。ギリシャではアテネ、デルフォイ、
オリンピア、スパルタ、アルカディア。エ−ゲ海ではピレウスからミコノス島、デロス島、ロ−ドス島。
トルコに渡って、エフェソス、トロイ。エジプトに渡るとアレキサンドリア、カイロからギザ高原とルクソ−ル。
アスワンとフィラエなどなどです。
 ここで、私達の訪れた場所を「昔の記憶」を辿ってご紹介しますと、次のようになります。トニ−夫婦のよう
に、一本の旅でなくて、何回かに分けて(統一を計ろうど考えずに)たまたま、旅したのでした。
 トニ−の足跡と比較して、行っていないのは、カプリ、デルフォイ、オリンピア、スパルタ、アルカティア、
デロス島、トロイです。アッピア街道は高速道路を通過する時に、横切る瞬間に一方のみ見ただけです。そし
て、ポンペイの遺跡には行きました。ロ−マ時代に噴火で埋もれたので、その当時は観光名所でなかっただ
けです。比較しますと、ギリシャのアテネには数日泊まりましたが、後、エ−ゲ海クル−ズに出かけて、ギリシ
ャの各地は「積み残し」が大有りです。
 私達夫婦の最初の海外旅行は1986年夏でした。ヨ−ロッパ周遊15日間の旅でした。
最初にロンドン。マドリッドからロ−マ、フィレンツェ、ベニス。夜行列車でミュンヘン経由ロマンチック街道か
らロ−テンベルグへ。ライン川下りとハイデルベルグ。ジュネ−ブに飛びモンブラン観光と最終地はパリでした。
 大変によくばった旅のツァ−に参加したのでした。実は「疲れ」もあったのでしょう。旅の三分の一位のロ−
マで、二人は衝突してしまいました。「喧嘩」です。暑いコロッセオの観光の最中にやりあってしまいました。
 些細なことでしたが、気まずい思いをしました。「ツァ−参加中」でして他に人に迷惑をかけることはありませ
んでした。家内は「もう貴方とは二度と海外の旅はしない」と言いました。答える私も「その通りだ」と答えまし
た。ただ、暑いコロッセオの見物中に2、3歳の女の子が裸で(下はおむつと思う)ダンスをするように2メイトル
ほどの壁の上で、私達日本人が可愛いとはしゃぐので、それに答えて手を振ったりの動きをしていました。
 髪の毛は金髪で西洋絵画にある「エンゼル」そのものでした。【この時のビデオがあり、二人のいさかいを思
い出しました】見るもの総て面白くて、喧嘩も忘れて旅を続けました。
 ライフプランのコンサルタントである私が、「セミナ−会場などで、夫婦仲良く海外旅行をしなさい」など、言え
ないことになってしまいます。娘に仲立ちをしてもらおうと話したら、既に家内から聞いておりました。
 「あれは、お父さんが悪い」と私に同情してくれません。家内も「忘れてなくて」困りました。
少し時間たってから、家内の「説得工作」を本気でしました。ツァ−だから「疲れ」もありトラブルあった。と謝り
ました。【今度は二人だけで『エ−ゲ海クル−ズに行こう』、ロ−マで買い物も出来るからと】
 家内もここあたりが潮時と考えたようで、休戦条約は成立しました。
このような経緯があって、夫婦の初めての二人だけの「旅」は、「エ−ゲ海巡り」とアテネ滞在としました。
 この旅行は翌年の1987年です。夫婦だけはでは私の負担も大変です。帰りはアテネからミラノに飛び、ここでイ
タリア縦断(ミラノ、ベニス、フィレンツェ、ロ−マ)のツァ−に合流することにしました。
 ロ−マは好きなところです。翌年も個人旅行として行きました。
 先ずは「総ての道はロ−マに通ず」のロ−マです。スペイン広場のそばに泊まりました。タクシ−の運転手とは
半分以上は「嫌な思い」をしていますが、魅力ある巨大都市です。
 トニ−の本で昔は日中、馬車は市内に入れない(元老院のお偉いさんでも)こと、初めてしりました。
喧騒でゴミも異臭もある古代都市のロ−マはニュ−ヨ−クに似ているとトニ−は言っています。東京もにたようなもの
と思いますが、歴史の厚みは比べ物になりません。ロ−マはそれ自体が「遺跡」です。
                    続く
       TPO頁「メニュ−」に戻る          市川の旅の記録に戻る