21 オーストラリアのお臍【エアーズロック】に登る

 世界遺産でもありオーストラリアの真ん中にある赤い色の一枚岩の山に何時の日か登りたい
と考えていた。
1994年8月に私が所属しているPREP研究所がオーストラリアに企業年金などの
調査団を派遣する事になり,参加した。

 最後の土地シドニーでシドニー在住の駐在員向けに「厚生年金法改革」についての講演も行った。
場所は全日空ホテルで,団長の望月教授のライフプランの基調講演のあとに,私の専門である「年金」
について話した。
 調査団と別れて私だけ残りこの大陸の中心地の「エアーズロツク」に出かけた。当然に一人だけです。
仲間の何人かも私のようにエアーズロックに行きたいと添乗員に迫ったが,団体の格安チケットのため
ダメと言われ仲間から多少の顰蹙を買ってしまった。
往路は私だけはカンタス航空のビジネスとし,別れた後は日航のFクラスで成田に戻ることに
出発前から話はついていた。
 仲間のある人は一旦成田に戻りシドニーに行くならOKだと言われたとか。お金の力は大きい。

 28日カンタス航空のFクラスで日本語を話す綺麗なスチュアーデスにこの一枚岩の山について情報を
聞いた。
こちらは日本語熱があり収入にも関係があるみたいです。
アリススプリングスとシドニー間は2時間45分。隣の座席の人はダーウィンに行く人でした。
 ここで乗り換えて12時20分に又飛び出しました。
Ayersrockを観るためにA列の1の座席にしました。航空機の中から巨大な岩山を観ました。
また,カメラに納めました。
 眺めは流石です。壮観そのものでした。
 シドニーの出発が8時50分で,13時過ぎに到着したので,4時間40分かかったことになります。

 シドニーから2200キロは遠い。ここの空港で依頼したガイドのテリーと会いました。
彼は東京で中学と高校(記憶では暁星とか)に通っていたので日本語はOKです。
ホテルのロビーで打ち合わせをし14:45のバス・ツァーに参加しオルガ山と谷歩きにガイドと
行きました。
 18時からガイドの車に乗り30分間日没の山を見に行きました。
夕焼けで赤い一枚岩は更に赤く見えます。荘厳そのものでした。
 時間と共に山は刻々と変化します。暗くなって夕闇消えます。夕日の山を見る人も多く中には数人で
簡易テーブルを組み立ててシャンパンで乾杯する人達も見受けました。
 ガイドに聞けば聞けば,注文すれば可能とのこと。私は知らなかっただけ。一人参加だし仕方なし。

 
エアーズロックのためにこの町はあるみたいだ。オルガ山観光バスには日本人が多い。
オルガ山と夕日はガイドと共に観る。19:00近く20キロ離れたリゾートホテル地帯に帰る。

帰り道,日没後の赤砂の平原(ユーカリなど砂漠の植物少し)など日本にない風景だ。
人生の黄昏を思い起こす,私の変った体験でした。良くここ迄来たものだ。ガイドと別れる。
 南十字星をここでも見た。
 ホテルのレストランで一人夕食。バッファロー,カンガルー,ワニのメイン。堅くて美味しくない。
赤ワイン38ドル。サインして337号の部屋に戻る。寝る前に翌朝の準備をした。
 翌朝の5:30フロントに。ガイドは皮のジャンバーを着ている。 朝は寒いとか。
 ロビーは日本人の団体で一杯で,おばさん達が多くいた。
気温は12℃だった。
 朝日に輝く山は夕日の反対側で,赤い色の山肌を見る。荘厳しいう気持ちでした。
一旦帰りリュクサックの中に水筒,カメラ,白いブレーカーなど入れてカイドの車で出かける。
 ガイドは麓の駐車場で待つと言う。きついので登らない。昨日のオルガ山と同じくてっきり一緒に
登山すると思っていたのは私のミスだった.
 仕方がない7:30トイレの後に,登山者の後について,トボトボと歩き出すことにした。
  
  
 行くときに,テリーの車の窓から一列に蟻のようにきつい傾斜面を一列に登る状態をカメラに納めた。
このように登るのだ,と。傾斜の
きつい斜面は一部だがチェーンがついているので掴まって登る。
 追い抜くことは出来ない。時々パスして一休み。後からの登山者を先に登らせる。競争ではないし。
 かなり疲れたが約50分で上に着く。後は馬の背を歩くだけ。
一人だし登山者の後について歩くだけ。途中1ヶ所だけ落差が数メートルの難しい場所があった。
 ここには,白いライン(石灰のラインが敷いてあり「この線に沿って歩け」と注意書きがあった)
に沿い駆け下りた。その少し先がどうやら山頂だ。多くの登山者が記念の写真撮影やら休憩をしている。
私も昨日行ったオルガ山を確認したり,素晴らしい景観を満足げに眺めた。
 我が願いが叶ったと嬉しさ一杯の感謝の気持ちで。一人なので傍にいる人に証拠の写真のシャッターを
押して貰う。
満足感は良いことなのだか,気がつくと同じ頃に山頂に到達した人たちはいもういない。
 皆さん下山の途についたようで,残されたのは私だけでビツクリした。
急ぎ下山の道に。困った事が一つ。先ほどの駆け下りた場所で「どのように登るか」が判らない。
一人登山の悲しさだ。余計な労力を使うよりも「待とう」と冷静に判断した。
 しばし待つ間に次の登山者の数人が来た。大声で私にこう叫ぶ。「どうしたらそこに行けるのか」と。
英語で【白いラインがあるはずだ・・・そのラインに沿って降りろ】と。大声で返事をする。

彼らはサンキューと言って私の傍を駆け抜けた。感謝しなくてはいけないのは私の方だ。
彼らの駆け降りた所には石灰のラインがあり,ここが判ればコレに沿って難所を登り,登ってきた場所に
たどり着けた。下りの方が降りにくい。滑らないように慎重に足を運ぶ。
 ここで一息。麓の方をカメラで撮る。
私のメモには行き 7:30から8:25で,
下りは8:40から9:25と書いてあった。多少の記憶違いかメモの書き違いもあるかもしれないが
記録はこうなっている。麓でガイドは心配顔で待っていた。直ちにトイレに。
現地人の神聖な山で,「登って欲しくない」と言うのが本心なので当然に山にはトイレは無い。
 歳をとるとトイレが近くなるが,幸いにこの時は登山中にトイレで困ったことは無かったのは,
幸いでした。
 ホテルに戻ろうと話したが「アボリジニのセンター」に立ち寄る事になっているとガイドは言う。
そのような取り決めなら,と立ち寄ることにした。彼らの生活,信仰などを見て欲しいのかも。
民芸品も販売しているが,日本語のvideoと「絵はがき」などを買い,彼らの描いた油絵などは
良くないので買わなかった。
(ホテルの売店でプロの撮影した夕日に染まる赤い山の写真の良いものを買い別送させた)

 12:00近くにホテルに戻りビールで一人乾杯した。そして休む。また屋上に登って赤い山の遠望を
楽しみ休憩した。
 夜,リゾートホテルの催しに「星の観察会」があったので参加した。
マイクロバスで各ホテルに参加者をピックアップしてくれる。皆日本人で20人くらい。
 街灯の一つもない広い野原に連れて行かれる。足下を注意しないと転ぶので,マイクロバスの運転手の
懐中電灯を頼りに後についていく。彼は上を見てくださいという。
日本人の全員は「アッ」と叫ぶ。
そのはず,そこは天然のプラネタリユウムだった。満天の凄い星。東京で見た本物のプラネタリュウム
よりも星の数が多い。感激というか不思議な感覚だった。
 
困ったことは,余りにも星々が多くて,覚えた「南十字星」も全く判別不可能だったこと。
ポインターも 偽南十字星も判らない。主催者の日本人のスタッフに聞いて やっと見つけた。
野原に数台の天体望遠鏡があった。久しぶり私にとって二度目となる「土星の輪」も観測したし,
「すばる」や特殊な星雲なども教わり見た。
何故,日本人がこんなに天文好き多いのか聞いた。
答えは簡単。私達の前の時間帯は英語のみ。後は半々とのこと。
 澄んだ,乾燥した,オーストラリアで満天の天然の「星の観望」が出来た事は想い出の一つだった。

 聞けば,あの山の所有者はアボリニジで,且つ彼らの神聖な山。登って欲しくない所とのこと。
また,雨ふり,強い風の日,部族長の忌みの日など 登山の出来ない日もあると聞く。
 私の場合,幸運にも登山が出来た。幸せだった。
定かでないが,登山の出来ない時もあったとか
後で聞いたことがあったように記憶する。記憶違いであるかもしれないが。満足してホテルで休んだ。

 
30日シドニーに帰る。13:50ARQ発31分でASPに着く。シドニー時間6時シドニー二着く。
Netは3時間39分とmemoにある。Taxiでホテルに 552号室に入る。日本食8925円の支払いは
安い。
 30日,昨晩の「鴨川」で朝食をとり,水族館に入る。休養日。
タクシーであのオペラハウスに行く。
ここのプログラムの売り方は違う。あの特殊な建物である
オペラハウスの中に入りたかったので目的達成した。
入る前にまた南十字星も見る。
出し物は「椿姫」だか,主役のソプラノは絶対に肺病病みになりそうもない
肥満の歌手だった。ただ,オーケストラピットは少し違っていた。2回の幕間に外に出て 最後の
「南十字星」を眺めた。コレが私のこの星を見た最後のチャンスだった。
(その後南十字星を観測していない)

 9月1日 Jalの772便にてシドニーを9:39離陸。予定より少し遅れて離陸。
85分後に1万米の上空から「グレイトバリアリーフ」をスチュアデスに言われて機中から眺める。
Fの人3人。正味9時間25分で06:30成田に着く。9時前に無事帰宅した。良い旅でした。

●オーストラリア大陸のほぼ中央,荒涼たる大地に横たわる「地球のヘソ」と呼ばれる ウルル山。 
エアーズ・ロックとも呼ばれ単一の岩として世界で2番目の大きさ。
「ウルル」とは,アポリジニの言葉で「日陰の場所」と言う意味を持つ。

この国のもっとも有名なシンボル。山の赤い色は,岩に含まれる鉄分が空気の中の酸素によって酸化した
もの。
かって海底だったこの地では,花崗岩質砂岩層が水平に堆積していた。およそ6億年前の造山運動
と,その後の地殻変動を経て水平だった堆積層に圧力がかかり,垂直にねじれて地表に姿を現した。
以後の浸食と風化に耐えて残った強固な部分が現在のウルル山だ。周囲約9q 地表からの高さ348b 
全長3400bの一枚岩。
地上の部分は岩全体の3分の1にすぎない。

大陸中央部の巨大な一枚岩は エアーズ・ロツクの名で親しまれるウルル山。30キロ西にある
カタ・ジュタ(オルガ山)を含め周辺一帯は国立公園で,先住民アポリジニにとって重要な聖地。
オルガ山はカタ・ジュタ(現地の言葉は「たくさんの頭」)は大小36の巨岩群からなっている。
「大地を割って横たわる壮大な“赤い岩”」
Ululu-Kata Tijuta ウルル カタ・ジユタ国立公園
 1987年 自然・文化複合遺産 1994年範囲拡大

あの大陸に後から西洋人が入植した。内陸の未開地を調べさせた。当時の「探検隊に調査せよ」
を指令した南オーストラリア知事のヘンリー・エアーズ卿の名前にちなみ「エアーズ・ロック」と
調査団は名付けた。
オルガ=アニメ「風の谷のナウシカ」の舞台とか。ウルル=「世界の中心で愛を叫ぶ」は名前のみ
知っています。

何処までも続く地平線。赤茶けた大地に,突然その雄大な姿を見せるウルル。
周囲は赤茶けた土と低灌木が生い茂るだけの荒野が果てしなく続く。
乾ききった大地だけ。過酷なアウトバック=赤い荒野。壮大な自然へ畏敬。

 私は夕焼けで山が赤く染まり 刻々と山肌の色が変る(登山口のあるサイド)景色のほうが好きだ。
朝日の景観も荘厳で見栄えがする。しかし,朝日に染まる 華々しく晴れやかな眺めはやや強烈過
ぎると感じた。
メモに夕方の だんだんと光が落ちて 赤色が 黒ずみ 灰色に変る 時間の経過に
「心が引かれた」と書いてあった。「人生の黄昏」をこの大地で かいま見たのかも。

雷鳴 強風 降雨その他 登山の禁止項目もある。2日間の滞在で 登山できたことは幸福だった。
なにしろ,アボリニジは聖地なので 「自分たちは登らない。観光客も登山して呉れるな」・・・・
の状況を 考慮する必要もあるようだ。



        TOP頁「メニュー」に戻る              市川の旅の記録に戻る