20.2006年のイタリア周遊とパリの休日の旅のこと

 2005年夏のスペイン旅行と帰り道の「ロンドン」の休日の報告は未済のままですが
先に2006年夏の旅行について報告します。スペイン・ロンドンもおいおい追加します。

 私のHPのメニューの最後に『市川の旅の記録』があり,《18にはローマのボルゲーゼ
美術館が 19には想い出に残る美術館 A国立中世博物館 (クリニュー美術館)》があります。
今回は
団体参加のイタリア周遊と団体から別れた後の「パリの休日」を報告します。
 既に”想い出に残る美術館”@とAでも書いたように(と言うことは一部で重複して
ている)私達夫婦の年齢を考えて,ローマから北のイタリア周遊旅行に決めました。
 JTB推薦のアマルフィ・ナポリはやめました。再度のイタリア復習の短い団体の旅を
選びました。JTBの店先に(株)グローバル のパンフがあり『イタリアルネッサンス
が薫る 古都をめぐる旅 10日間』に決めたのでした。
 パンフには,「初めてのイタリアにも再訪の方にもお勧め」と書いてありました。
実は,家内は行った事のない,南フラランス周辺も関心があったみたいでした。
 夫婦で行っていないプラハも候補でした。行き先は迷います。二人で相談しました。
05年は二人の3回目となるスペインとしましたのは,アルハンブラ宮殿が積み残しで
あったからでした。昨年の話題の映画,「ダ・ヴィンチ・コード」がらみとして,
ミラノの「最後の晩餐」の修復の後を未だ見ていない。ならば,復習としてイタリアが
良いのではとなった訳でした。
 今までにイタリアに何回行ったかのを調べました。かなり行っていました。
私だけが5回。夫婦では6回もツァー参加や二人だけの個人の旅で行っていました。
 最後は1996年1月。ウィーンのニューイヤーコンサートの帰路に二人だけで
イタリアに6泊し,スペイン広場のホテル・ハスラーに泊まりました。
 この時はレスピーギ作曲のローマ三部作「ローマの祭り」の1月6日にナボーナ広場
で祭日の喧噪を体験しました。そう,翌日ガイドを頼みナポリ・ポンペイにも初めて
行ったのでした。二人ともイタリア美術を見ることが好きですので,家内は7回目の
私にとっては12回目となる「イタリア復習の旅行」としました。
なにしろ,10年間も行っていません。
 久しぶりのベネチァは今まで泊まったことのない,「ダニエリ」で楽しみです。
ミラノのホテルの「プリンチペ・ティ・サヴォイア」は二人で宿泊しており懐かしい
想いです。ローマ,フィレンツェ・ミラノは連泊で助かります。
 このツァーの旅程は10日間ですがイタリアは8日間の滞在で,次の夫婦のみの
6日間のパリ滞在を考えますと,申し分のない旅行のスケジュールです。
 ただ,JTB窓口の担当者と打ち合わせをしていると,気になることがあります。
前の年のスペインは「くつろぎの旅」”午睡エスバニヤ”と言うJTBのツァー
でしたが,今回はJTBの窓口で販売する【グローバルの旅】とのこと。
 この関係が初めてで不明でした。(旅行の中身は大変に満足しました)

 
 前の美術館の二つ【18 想い出に残る美術館 @ボルゲーゼ美術館 ローマ】と
【19 想い出に残る美術館 A国立中世博物館 クリニュー美術館 パリ】に
詳しく書きました。重複しますが,二つの美術館が気になり先にHPに載せました。

 イタリア旅行のツァーからそのまま帰国せずに,最終の都市のミラノで団体と別れ
パリに行きました。なんとか二人でパリに到着し,コンコルド広場に面している
老舗のホテル,オテル・ド・クリヨンに安着し,老夫婦で「のんびりと」パリの
休日を6日間ですが,過ごしました。2004年1月ウィーンからの帰りにこの
ホテルに宿泊しました。今回は寒い冬場でなくて夏のパリの休日としました。
 パリにて「ダ・ヴィンチ・コード」の足跡を少しだが辿ってみたいとの思惑も
ありましたし,国立中世博物館(クリニュー美術館)の「貴婦人と一角獣」の
タビストリーを再度眺めたかったからなどです。勿論,ルーブル再訪もです。
 実のことを言いますと,2004年の天皇誕生日にNHKのハイビジヨンは
【夢の美術館】として,「パリのルーブル美術館」をなんと5時間も放映しました。
 このことはTOP頁の「メニー」の「市川の想い」のNo11に既に載せて
あります。この歳の1月にパリのホテルのクレヨン滞在時にルーヴル美術館に
通いました。かなりこの美術館に通った積もりですが,この【夢の美術館】で
見落としていた作品を知りました。「よし,次回は 見落とししないぞ!」と
私の年齢も考えずに,再挑戦を誓ったものです。

 さて,イタリーに話を戻します。
当初は最後の訪問地のミラノで団体と別れてスカラ座近くの【ペルディポッオーリ
美術館】やブレラ美術館その他に行くために,二人は延泊する予定でした。
 家内の帰国の後の予定がタイトのため,パリの滞在が短くなってしまいます。
余りに強いことは言えなくて,家内の都合を尊重しミラノの延長は中止しました。
 やはり,パリは大都市だし見るところは多くあります。
よって,団体の帰国の日にパリに行くことにして,一日早くローマに先行する
ことにしました。
 家内は何故かローマの「フォロ・ロマーノ」に行きたがります。前述のように
二人は6回もローマに行っていますし,毎回そこにも行っています。
 家内はまたまた行きたいとのことで,団体より1日早くローマに行くことに
しました。
 本当のことを言えば,二人だけの海外の行は(年をとりますと)面倒です。
団体に参加しますと,空港などでの荷物の受け取りは,添乗員任せで「楽」です。

しかし,団体はこのことでは楽ですが,同一の都市では長くて2泊位で疲れます。
 そこで,私達は団体と個人の旅を組み合わせていました。
ツァーの仲間の方たちからは,「何であの人は?」と批判されても,気にせず
にマイペースを通しました。行きも帰りも・・・となってしまいましたが,
グローバル社にお願いし一日早くの到着に切り替えました。
 こうしますと,家内の大好きなフォロ・ロマーノに半日見ることが可能です。
二人の安全のために,ローマ空港の出迎えと配車も必要だし,半日のフォロ・
ロマーノ見学も特別に詳しいガイドを頼みました。勿論,ホテルも一日余分に
払います。
 結論を言いますと,経費は嵩むが良い判断でした。
と言うことは,団体はJL417でミラノに行きここで入国します。AZ1043の
国内便で夜遅くにローマに着きます。
 私は良くJALを使うので「JALグローバル・クラブ」の会員です。
お断りしますが,旅行会社の”グローバル社”とは違います。
 念のためにJALに電話して,ビジネスの座席の確認をしました。

 そうしたら先方は上の「Cクラスのアッパーデッキで宜しいのですか」・・
と聞いてきました。その意味は私には判りません。
 聞けば,私達の乗るJL409便は機材がK12だそうです。この飛行機は
ロスアンゼルス便に使用していた機材で,前のほうの座席が「良いです」と。
変えますか・・とのこと。B747もいろいろあるみたいで,前方の座席は
フラットになる・・とのこと。「ビジネスのサービスですが」と言う。
 つまりFクラスの座席なので座席を変更したらよい。たたし,食事・飲み物
はBクラスですが,と言う。良い条件なので「お願いします」と電話で応えました。

 こんなことって,あるのですね。お陰でフラットのシートでゆっくりと寝て
ローマ時間の18:00前に,40分も早く到着しました。net11時間38分。
 70歳過ぎの老夫婦には機中でぐっすりと寝ることが出来て大変に助かり
ました。
 この時に感じたこと。私の前に1A・1Cと右側に1H1・Kの座席があり
二組の老夫婦がフラットになる座席に座っていました。
 この二組の夫婦は団体旅行の参加者です。
ツァーの添乗員が「私は後ろのエコノミーの席にいます」と連絡に来ていました。
 団体旅行にはBクラスの参加者もYクラスの人もいます。同じ団体旅行で
他のBクラスの人との「差」は計り知れないと思いました。
 私達は電話したお陰で二列目の2A・2Cの座席に座りました。
寝る時にシートが完全にフラットになるFクラスの「座席数」は12だけです。
 旅行会社は限られた座席をどのように振り分けしたのか気になりました。
こんなことは、どうでも良いことですが。ビジネス・クラスとして、食事などが同一
であても、座る座席がファーストクラス仕様であれば「差」は大です。
 シートの幅も違うし 一番の「差」は寝る時の「差」ですから。
座席がベットのように完全に水平になれば長いフライト中に「ぐっすり」と寝られます。
東京からローマやパリなどへ行く時、機中で休めるか 否か は大きいことです。
1列目の二組の夫婦に、二人の添乗員が連絡に来たのを見ました。
想像するに、ツァー参加者の(Bクラスの中で)年長者か、その旅行会社の「上得意
の参加者」と言う「基準」なのでしょう。

 ツァーの皆さんよりも私たち二人は1日早くのローマ到着でした。
グローバル社の団体の皆はミラノで入国し、ミラノからローマへの国内(アリタリヤ
航空)は何故か出発が大幅に遅れたそうで,ローマ到着はかなり遅れたようです。
 真夜中過ぎにホテルに着いたと聞きました。海外旅行は最初が疲れると響きます。
私たちは恵まれたフライトだったので 団体参加の仲間には「ゆっくりと寝て」ローマ
に着いた(しかも早くホテルに入った)について,話さないようにしました。
 世話してくれる添乗員さんには、「ボルゲーゼ美術館」などに行くために前日の到着
のことを伝えましたが。(皆さんがホテルに着いたら、寝ている私の部屋に朝の食事と
団体の出発の時間を知らせるメモをドァー下からさしこむように依頼しいてました。
 フォロロマーノとボルゲーゼ美術館という夫婦の大行事で疲れましたが、夜中のトイレ
の時に封筒を見つけ、添乗員さんたち皆の安着と食事時間のことを知りました。
 このメモの受け取りは大変な安心です。二人だけの旅から団体旅行への切り替わり
なのですから。
 メモの通り、この朝食の時に添乗員さんと同行の皆さんと「初顔合わせ」です。


 変ったこと。出迎えの日本人は空港の出口での待ち会わせですがイタリア
人の補助者は荷物のターンテーブルのエリアにも入れます。
安心はしましたが荷物の受け取りの作業には無関係です。
二人の荷物は3ヶですが,私のトランクが出て来ずハラハラしました。
 なんと,最初に出て来たのか,ベルトコンベイヤーの脇に立っていました。
イタリア人の出迎えのアシスタントは荷物をカートに載せて本来の出迎えの
日本人にタッチしました。無事に久しぶりのローマ安着でした。車の中で
本来の日本人の出迎えの人(Aさんは団体2日目,ローマ市内観光の案内人)
から,いろいろな注意事項を聞きながらホテルに着き,翌日のフォロ・ロマーノ
後の「ボルゲーゼ美術館」の行き方などをホテルで聞きました。
 家内は着いたホテルで,Aさんからイタリアから日本に電話する「カード」
の使い方を聞き,便利に有効活用していました。(5ユーロでした)
 こんなことで団体でない,二人だけの緊張の一日はお陰で終わりました。

 
  





        TOP頁「メニュー」に戻る       市川の旅の記録に戻る