19.  思い出に残る美術館 A国立中世博物館(クリニュー美術館) パリ

 市川は2004年ウィーンでののお正月を過ごした後に,パリの休日を夫婦で過ごしました。
この時はコンコルド広場にある オテル・ド・クリヨンに4泊しました。冬場でしたが以前から
行きたかった「ロワール地方の城巡り」1日観光(My bus 定期観光バスツァー)に参加
しました。
 当然のことながら,ルーブル美術館など「目」の保養もしました。この時は年末の番組の
【夢の美術館 5時間50分の BShi番組 ルーブル美術館】を観る前でした。
この歳の年末の天皇誕生日である23日に「ルーブル名宝100選」を【夢の美術館】として
昼のニュース時間を挟んで午前10時からは1時間54分間。後半は13時から17時まで
合計5時間54分の長時間,TV放映したのでした。《ビクターの Digital VHS テープ》に
保存してあり,随時,プラズマTVで復習して楽しんでいます。
 「ェッ エ! 次回は改めてその観点から観なくては!」の連続でした。
老夫婦で今度こそ 「改めて 真剣に 観に行かなくては」が底流にありました。
 このために,前半は余りに長くないツァーのイタリア復習の旅行とし,「後半をパリの休日と
する」と,今年の市川家の基本戦略を決めたのでした。

 この冬(04年のパリ)の印象深いことはパリ6区のソルボンヌ大学の傍にある,国立中世博物館
・別名旧クリニュー美術館に行った事です。何時も迷宮のようなルーブル美術館を複数回訪れます。
「モロー美術館」「ピカソ」「カルナバレ館」などにも行きましたが,初めての機会として,
中世(旧クリニュー)博物館に入りました。この2階展示室に6枚からなる タピストリー
「貴婦人と一角獣」を見たことは忘れられない感動でした。
もう一度「改めて観たいものだ」との想いが強くありました。


    ◎ パリ・「クリニュー仏国立中世美術館」について

 この美術館はMusee National du Moyen Ageとここで貰ったパンフレットに書かれています。

 "A journey in time" 《国立中世博物館》=時代を遡って当時(古代ローマ時代と中世)
の雰囲気にひたることのできる素晴らしい建物と展示作品がある中世(旧クリニュー)博物
館は本当に見応えのある博物館だ。展示作品の中心は素晴らしい彫刻や芸術装飾品だが,
中世の文化をもれなく紹介するために,音楽や文学作品関係の展示もある。

 以上は↑はここに入る時に貰ったパンフレット(フランス語・英語・少しの日本語)の
日本語の紹介文章をそのまま,「転記」する事にします。
「貴婦人と一角獣」=「視覚」の部分の表紙のパンフレットには【カルチェ・ラタンの中心】
IN the heart of the Quartier latin と書いてあります。以下はこの日本語の説明文です。

 "
The Gallo-Roman baths"ガロ・ロマン時代の共同浴場=豪奢な建物のある古代ローマの
まちが1世紀から発展したのはルテチア(パリの旧名)のセーヌ左岸だ。古代の伝統になら
って3つの浴室(高温水・中温水・冷水浴用)やサロン,各種サービス室を備えた共同浴場も
建てられた。現在もその跡の大部分が残っており,なかでも15mの高さの丸天井のある
冷水浴室は素晴らしい。
 ⇒余計な私の解説。1階(
Ground floor)の大部分がガロ・ローマン・バス遺跡です。
          この上の2階部分に「私たちが目指した」15世紀に作成された
          6枚連作の『貴婦人と一角獣』のタピストリーが展示されている。
 "
The Hotel of the Abbots of Cluny"= クリニュー神父館 クリニューの神父,ジャック
ダンブロワーズ(1485年〜1510年)は神父用の邸宅の再建設を決意した。壁に囲まれた
U型のその建物は内庭があり,北の方向にある庭に開かれている。全体的に保存状態の
素晴らしい内装が残っており,礼拝堂にはフランボワイヤン様式の見事な丸天井がある。 
 "In the heart" カルチェ・ラタンの中心=国立中世博物館はガロ・ロマン時代の
共用浴場とクリニュー神父館という二つの素晴らしい建築物を融合して1843年に
フランス国家が創立した。その見事な展示コレクシヨンはアレクサンドル ドュ
ソムラーが収集したもの。この博物館のもう一つの利点はかのカルチェ・ラタンの中心に
あると言う環境である。
 "
One of the richest medieval collection in the world" =中世時代のヨーロッパ
ヨーロッパの中世の芸術活動とその作品を全体的に見ることができる。メロヴィング朝
時代の大理石の装飾作品から中世末期の作品まで全て揃っている。歴史的建造物の
コレクションが素晴らしい。その中には聖礼拝堂とその使徒達,ノートルダム大聖堂や
ボワシーのサン・ルイ参事教会を彷彿する作品もある。
 "
Staind glass windows,the treasure and tapistries =ステンドグラス,芸術装飾品,
タピストリー 12世紀から15世紀末期のステンドグラスは色鮮やかだった。建造物の
正面の様子彷彿させる。その他にもタピストリー(一角獣を配した貴婦人,領主の
暮らし)織物,各種金属製品,絵画などの貴重な作品が中世の芸術作品コレクションと
なっている。

 04年1月の初めての訪問で2階展示室にある,6枚からなるタピストリーが素晴らしい
ものである事はよく判りました。どの旅行案内書にも「圧巻」「貴重な作品」と書いて
あります。その通りです。1階のスティンドグラスや彫刻群なども素晴らしいが,なにか
このタペストリーに 惹かれるものが あります。
 なお,フランス語の発音ではタヒスリーというみたいです。
クリニュー仏国立中世博物館のタペストリー「一角獣をつれた貴婦人」の6連作です。
 大きな深紅の布地に,貴婦人と一角獣・獅子などが織りなす6枚の物語は,華麗ですし
神秘をはらんで,500年後の現在も私達を「とりこ」にしています。
 念願かなって再び見に行く事になって,勉強しました。
Googleで「クリニュー」と検索をかけますと,出てきました。
これを先ず「お気に入り」に入れていくつか探しますとコレクションの「タピストリー」が
6枚の画像として現れます。
 詳しく知る為にパワーポイントで6枚分をプリントして持参しました。(暗くて持参した
ものは 見比べる事が不可能でした)
 13室にあることは知っていたので,2階の特別展示室に急ぎました。
ここの日本語の解説のシートを入り口の係員に 「コピーしてほしい」コピ−の代金は負担
すると話すと快くコピーしてくれましたし,代金は受け取りませんでした。
 このシートを13号室に返却すると言いましたが,「私のほうでします」でした。
この部屋には英文・日本語など置いてありますが,日本語は2枚しかなく,係員の返却までの
間は1枚だけだった筈です。
 以下に,ここでコピ−して貰った「説明のシート」をそのまま 写しました。

     
貴婦人と一角獣
     パリ(下書きデッサン)ブラバン/ベルギー(織物)15世紀末,ウール/絹
この作品は中世国立美術館でも最も有名な作品で,1882年に当館のコレクションに収蔵
されました。最初にプロスハー メリメが1841年にブサック城(クルーズ地方)で発見
しました。その後,作家ジョルジュ サンドがこの絵のタピスリーについて彼女の著作で取り
上げたことにより,一般にも知られるようになりました。その美しさ,華やかな色彩,一風変
わったモチーフ,そのサイズ(小さいもので3.10m×4.76m),そして実際何枚
シリーズが構成されていたのかには諸説があったももの,6枚揃っているという点でも注目
されています。

作品解説
6枚のタピスリーは同じ構成でできています。”鳥”のごとく描かれた深いブルーと対照的な
地色の深紅。そこに花々と貴婦人,横に侍女が加わり,常にライオンと一角獣が紋章を持って
描かれています。貴婦人に関わるそれらの事柄が人間の五感を象徴していると考えられます。

A:味覚   (何故か解説書はミスプリで嗅覚となっている)
貴婦人が,侍女が持つ皿からドラジェ(フランスに古くから伝わるアーモンドを砂糖でくるんだ
結婚式等のお祝いに配られるお菓子)を取っています。果実か甘い物を食べながら嘲笑的な
微笑みをたたえている足元の猿がその場面を物語っています。

B:聴覚
貴婦人が,トルコ絨毯のかかつたテーブルの上に置かれた携帯式オルガンわ弾いています。
ライオンと一角獣があたかもオルガンの外枠の装飾のように描かれています。

C:視覚
従順的な態度で,一角獣が貴婦人の上に前足をのせて立ち,彼女の持つ鏡の中に映る自分自身
を覗き込んでいます。

D:嗅覚
貴婦人が花冠を編んでいます。彼女の後ろで再び猿がこの寓話の意味を解く鍵となっています。

E:触覚
貴婦人が,片方の手に旗を持ち,もう一方の手で一角獣の角に触れています。

F:私の唯一の望み
6枚シリーズの最後の作品で,他の5枚とは背景の点で違いがあります。貴婦人が,
”A MON SEUL DESIR”(私の唯一の望み)と書かれた天幕の前に立っています。
彼女は,それまでの5枚の作品の中で身につけていたネックレスをはずし,彼女が持ったくさん
の宝石が入った宝石箱にしまおうとしています。この放棄を表す行為は彼女の”唯一の望み”,
つまり分別のない判断力によって引き起こされた人間の”超過した欲求”,またはそれまでの五感
の喜びによって引き起こされた情念を自ら断ち切ることのできる強い意志,言い方を
換えれ
古代の哲学者たちに
よって説かれた”自由意志”を主張しているのです。また,1420年頃,
パリ大学の総長だったジヤン ジェルソンの”説教”を基盤とする他の仮説によると,それは
人間が宗教上,道徳上の全ての罪から解き放たれた,清き心を維持するための魂や精神,つまり,
第六感,邪悪な心に惑わされない判断力を意味しているということです。

この寓話的なモチーフの神秘性は,他にも多くの解釈を生みました。それはやぎの身体を持ち,
鳥の頭の上に一角(くじら目いっかく科の動物で長さ約2Mの角状の長い牙を持つ海獣)の牙の
形をした角を持つ,一角獣という一風変わった伝説上の動物によるところが大きかったようです。
一角獣は素早く獰猛で,けがれのない乙女によってのみ捕らえられる動物ということで知られて
います。一角獣は様々な意味を含んだ象徴として,当時の人々に好まれていたことから,しばしば
中世のモチーフとして登場します。
一角獣は実際,宗教的シンボル,イエス・キリスト自身としてだけでなく,世俗的に恋人の
象徴でもあるのです。

 市川が余計な解説を行うよりも クリニューの13展示室に置いてある「説明シート」を
そのままの ここに書き写しました。丹念に確認したので間違いは無い筈です。
 むしろ,古代の哲学者に
「酔ってと 言い方を帰れば」のコピ−原本が「転換ミス
と思います。

 このことに関連して,2005年11月20日(日)の日本経済新聞の20頁『美の美』に
竹田さんの署名で 有益な解説がありました。【一角獣がやってきた】のタイトルです。

 この新聞の「あらまし」を原文が損なわれないように,要約して「転記」します。
私には大変に参考になりました。
【いよいよ 一角獣アートの横綱登場である。この6連作が織り成す六幕のドラマは,
華麗さと神秘をはらんで。500年後の今も人々をとりこにしてやまない
 古代ローマ時代の共同浴場跡地に,中世になって建てられたという修道院の建物が
美術館になっている。何百年もの間,微動だにしたこともない重い,しかし澄んだ空気を
吸いながらゆっくりと階上に足を運ぶ。
いきなり視界が開けると,円形の巨大な展示室が待ち構えている。
 赤い!柔らかな赤い空間。縦が優に3米を超える壁掛けが6枚,ぐるりと訪問者を取り囲む
長い間あこがれてきた世界一有名な壁掛けだ】

 記事を書いた竹田博志さんの「名文」の通りです。展示室は円形です。館内の解説シートの
6枚目のF:私の唯一の望み が入二つの入り口のあいだに かかって います。そして,階段から
上がって右の入口から入るとして,「円形」に階段側の入口の方にEが 「弧」を描いて
D C B Aの五感の壁掛けがあります。 F:の私の唯一の望みは二つの入口側にあります。

くどいようですが,円弧として掛かるEからAの前に二列の長椅子があります。
前はAからEまでの五感。入口に近い長椅子はF用と見ました。皆様 大変に暗い展示室の
中で「ゆつくりと」タピストリーに対座しており,特別な雰囲気をかもしだしています。
大変に静かです。展示室の説明のシートは 読みにくいので二つの入り口に置いてある,解説
シートの置き場の上の かすかな明かりを頼りに解説シートを立ったままで読んでいるのです。
 私はこの解説のシートが有る事を知っていまして,もしかしたらクリニューのホーム頁に
有るかと 望みをかけていましたが,ダメでした。
 また,コレクシヨンのタピスリーに多少の解説文(英語)もありますが,コレといった
有益な情報はありませんでした。
 ここで再び日経新聞の「美の美」の内容を写します。「私の唯一の望み」何というノーブル
な姿の一角獣なのだ。あの古代中国の一角獣の彫像とはまた違った鮮やかな写実表現。
実際にいるはずのない異形の動物を少しも不自然さを感じさせずに描きぬいている。しかも,
絵画でなく織物でここまで微妙な表現が出来るとは信じがたい気がする。
 その通りです。全く同感です。タビストリー全体にびっしりとミル・フルール(千花模様)
様式の壁掛けです。ルネッサンスの初期フランスの人たちはこの千花模様様式が好きだったとか。
 千花模様の他にも壁掛け全体には,小鳥,犬,猿,狆らしき動物など目を見張るものです。
何時までも静かにここにいて,作成した人,使った人たちなどのことを思って眺めていたい
気持ちで一杯でした。何十人も押しかけているのではなく,展示室の10人ほどの座れる椅子
は待たなくても座れます。
 の6枚は同じ構成です。
ここのホーム頁から保存した画像を五感と最後のタイトル付(私の唯一の望み)の6枚は
それぞれ全体とライオンや猿,侍女,犬,一角獣の部分(拡大図は各々3つ)をA4の用紙
にパワーポイントで印刷して事前に眺めて準備しました。また,ここで紹介した「美の美」
の解説もパリ行きの荷物に入れて持参しました。しかし,暗くて 折角のプリントは役立たず
に終りました。事前の勉強が出来たので後悔はしていませんが。
 
この長い文章をごらんになって,私の意気込みの一部がお分かりかとも,思います。
 調べ方が悪かったのか,「貴婦人と一角獣」の良い解説書は見当たりませんでした。
「美の美」が唯一の例外です。丸善のオアゾでも検索したがトレーシー・シュヴァリエの
白水社刊の小説だけでした。この英国人は「真珠の耳飾の少女」の小説を先に刊行しています。
 同じ翻訳者の小説を忙しい中で丹念に読みました。このことは別項目で話す積りです。
実業の日本社のブルーガイド わがまま歩き@「パリ」も買いました。この106頁に
中世博物館が出ていました。『2階の「貴婦人と一角獣a Dame a la Liocorn』は必見だ。
6枚のタペストリーからなる連作で,内5枚は人の五感を表す寓意といわれるが,残り1枚
の意味は謎。自分なりに解釈してみるのもおもしろい。・・・と突き放していた。

 では,貴方がパリに行って,再び見た「感想」は(?)と問われたら,如何しよう。
結論から先に言います。【やはり 判らない】です。

 ここの売店で「タピストリーの本」を二つ買いました。日本語のものはありません。
大変に綺麗な15
の本と小さなパンフレット【価格は忘れた。もしかしたらコピーして呉れた
入り口の係りの人が(そんなに関心あるなら)どうぞと頂いたのかも】の二つの英文ものでした。
小さい方には,
The Lady and the Unicorn tapestries --an unsolved enigma
and an endless source of fascination
. と表紙に書いてありました。
 この英語の二つの本を「いかに読むか」が私の今後の課題です。

 なお,蛇足ですが,ニューヨークのメトロポリタン美術館の別館には,ロツクフェラーJr.
の美への情熱が生んだ中世美術の殿堂「クロイスターズ」があります。
市川のホームページ「メニュー」の「市川の想い」の中にこの クロイスタース゛関係のもの
があります。このクロイスターズ最大の名品の一つに,15世紀ブリッセルで織られた
「一角獣のタピストリ(7枚の連作)」があります。同じ時期・同じ場所で織られました。
題材と言い 関連アリなのか 気になるところです。取りあえず ここで筆おきます。




   TOP頁「メニュー」に戻る          市川の旅の記録に戻る