18.  思い出に残る美術館 @ ボルゲーゼ美術館

 「市川の旅の記録」のNo.11に ”諸外国での「美術館など」”があります。
この中で,04年の年末に放映したNHKの【夢の美術館 5時間50分の BShi番組 ルーブル美術館】
があります。この6時間近くも放映された,素晴らしい番組の紹介と番組を観た印象など です。

 この番組に刺激されて,ルーブル美術館に再度行きたくて2006年7月に行きました。
今年の3月にフランス語の「カルト・ミュゼ・モニュマン」から英語の「パリ・ミュージアム・パス」へと
に名前その他条件が変更になってからの「初めての行使」でした。
 この新しくなった「パリ・ミュージアム・パス」については 《市川の思い》の 【11.ルーブル美術館
について】の中でも『修正』『再度の修正』などに書いてあります。新しい「パス」については現地で
(その時は)苦労しそうだった事もあって,大変に困りました。重複してもよい。このことを再び取り上げたい
と思います。
さらに04年の年末の【夢の美術館】を観た後の初の挑戦としての ルーブル美術館・探検の実際を話し
てみたくて近く書h予定です。
 しかし,その前にパリに行く前の段階・・・つまり 先に行った「イタリアの美術館 について」私の感想
からはじめます。

    ◎ ローマ・「ボルゲーゼ美術館」について

 この美術館への入場は2回目です。ここは正式には Galleria Borghese. Roma. と言います。
私の古い記録では1987年の8月8日(土)に夫婦で行ったことが書いてありました。
ベルニーニの彫刻(地上階のアポロンの間など)を見た記憶があります。
しかし,昔の事でここで カラバッショの絵画などについては 残念ですが余り記憶に無いのです。
 2階 (画廊)の 20室 ”16世紀 ベネト派”のティツィアーノの『聖愛と俗愛』を見た
との記憶も定かではありません。
今回は「しっかりと」事前の下調べをして行きました。
 まずは凄い美術館です。ローマ教皇の甥 シピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿が彼の審美感の全てを
挙げて収集した美術品です。
 事前勉強の手の内をお知らせします。NHKが【世界美術館紀行】として放映したものを見ました。
また,NHKエンタープライス゛から
10巻物のDVD全集が出ています。その第三巻のBに『ボルゲーゼ美術館』〜美に憑かれた枢機卿
・至福の館〜があります。
 今回は何時も老夫婦だけの個人の旅行が多いのですが,2人の緊張などもあって団体旅行とし,
この後に「個人の旅行」の組み合わせとしました。年に何回も行く訳ではなく 最近はJTBの団体を
最初に選び,団体が帰国する時に分かれてロンドンやパリなどの都市に行っています。
 例えば,04年夏は私のホーム頁の旅の記録 「No10.2004年バイロイト音楽祭−そのA
・夫婦の4回目」(これは個人の旅行でした。バイロイト10泊のあとロンドンで骨休めをしました)
05年夏はJTBの「くつろぎの旅・スペイン11日」の最後に団体と別れてロンドンに行きました。
 2006年はJTB経由で「(株)グローバル ユース ビューロー」のイタリアルネッサンス
10日間に参加しました。
 人数が集まり催行すると言う事・期間が余り長くもなくて 分離後の「パリの夫婦滞在」に合致する
事が,決め手でした。
 一つにはミラノで「最後の晩餐」が見られることでした。この旅行会社の別の期間の長いものの中に
「ボルゲーゼ美術館鑑賞」がありました。
 しかし,団体との別れた後の「パリの6日間の休日」を考えると,その団体旅行の期間は長すぎます。
よって,団体より一日早くローマに着き,半日は行きたい「フォロ・ロマーノ」観光とし,午後は
2人でボルゲーゼ美術館に行くことにしました。
 調べますとここは「予約」が必要ですので,依頼しました。(最近は外国では個人の美術館の入場が
 「めんどう」のように感じられます)
 この旅の記録の末尾に『ボルゲーゼ美術館』のHPを記しました。この頁をよく見ますと「予約」
は必須のようです。冬場は5回の入場です。06年夏に行った人の話では17時に入ったとか。
夏場は日没が遅いためかもしれません。12月のHPによると,次でした。
 9〜11 11〜13 13〜15 15〜17の時間帯で各回360人が入ります。
完全入れ替え制と行ってみて判りました。


ここに行くまでが大変でした。13:00に日本国大使館近くのホテルに帰り,30分休んでから歩いて
行きました。
 運動のために歩くわけですが,ローマではタクシーの運転手と問題を起こした事が多くあり,
運転手を信用していません。聞けばこの時はタクシーのストもあったようで,自分たちの足で街の景色を
見ながら行くことにしました。アメリカ大使館脇から知っている,ベネト通り経由,ピンチャーナ門に
行きました。
 ここで広いボルゲーゼ公園に入り美術館への道(約800米)を暑い真夏の太陽の中を歩きました。
予約は15:00でしたので50分も早く着いてしまいました。知らない土地では余裕も必要です。
 インターネットで調べたように,地下のサービス・フロァで予約番号の ECIK-003 を告げる
とチケットを渡されました。
15時から17時まで。一人12,5
ユーロでした。これは”ラァアエロ特別展”のために通常よりも高い
入場料でした。通常展は8.5ユーロです。
 予約のお陰でチケットを二枚受け取ったのですが,アメリカ人の5人ずれはチケットの「売り切れ」
に抗議していましたが,予約無しでは「ダメ」でした。
 先に個人が美術館に入る事が「めんどう」と書いたのは,この事などです。
時間をつぶす為に喫茶の場所で少し休みましたが,テーブルは幾つかあるものの,全て予約すみでした。
 フリーの長椅子に座り,隣のSHOPで「最近ガイド ボルゲーゼ」を13で求めて俄か勉強と
同時に休憩の時間としました。
 聞くと,カメラ・携帯電話・ハンドバッグ類は全てクロークに預けるとか。買った本を示したら
 「それは良い」でした。
5分前に地上階の入口で待ちます。前回の人たちを全て出した後に入りました。
 多くの人は玄関大広間(S)に入りラファエロの特別展示を見ています。私たち2人は「彫刻」から
として パオリーナの間のアントニオ・カノーヴァの『パオリーナ・ボルゲーゼ』をゆっくりと観賞
しました。皆さんは特別展に行くので,じつくりと観ることが出来ました。
 マットは大理石とは思えない,ふんわりとしたものです。G.L.ベルニーニの『ダヴィデ』も
次の間の『アポロンとダフネ』もベルニーニの傑作です。等身大の大理石像は作成された時から大変な
評判だったそうです。久しぶりの本物体験は素晴らしい想い出です。
 第4室は通称・皇帝たちの間とガイドブックに書いてあります。『ボルゲーゼのアルテミス』なども
 さることながら 圧巻はベルニーニ作の『プルトンとプロセルピナ』です。
冥界の王「プルトン」がガイアの娘を見初めて 略奪する場面です。作者はマニエリスムの伝統を思わせ
る人体の螺旋状「ねじれ」を表現しており,目を見張るものです。なにしろプルトンの指は犠牲のプロセ
ルピナの太ももに食い込んでいます。これが大理石かと見ほれてしまいました。
 彫刻の傑作が所狭しと並んでいます。しかも天井画も素晴らしいものです。余りにも多くの傑作があり
目移りしてしまいます。
 私の興奮をお伝え出来ないことを残念に思っています。「ヘルマフロディトウス」や「アエネアスと
アンキセス」その他多くの彫刻を観ました。
 1階が彫刻で2階が絵画と思っていましたが,1階にカラバッジォの傑作「馬丁たちの聖母」
「聖ヒエロニムス」「バッカスに扮する自画像」「果物を持つ少年」その他が展示されています。
枢機卿がカラバッジオの才能を見抜いて育てたとのこと。敬服です。

 階上画廊に行くには一旦入り口から出て,地下のチケット売り場の奥から階段を上り入ります。
二階へ上る時に窓から美しい庭園を見ました。如何したら行けるか考えるうちに上に着き,
「ラファエロ特別展示」を堪能しました。
ここあたりで,大変に疲れてしまいました。16室に長椅子があり座り休みました。いや,休まないと
体が持ちません。
 朝から歩きぱなしでしたので。幸いに長椅子があったので座って絵画を眺めました。あの絵はブロン
チィーニみたいだと家内に話して近くで作者を調べました。私の「予想」の通りでした。
この小さい16室は16世紀フィレンツェ・マニエリズムの部屋でした。
 とにかく,このあたりでは体力の消耗もあり,長椅子を探す始末でした。
19室のドメニキーノ作の『ディアーナの狩猟』は枢機卿が強奪したと 普通のガイドブツクにも出てい
ました。枢機卿は少し「あくどい」やり方で欲しい絵画を手に入れたととは聞いていたが,その本物に
対面できるとは幸せそのものです。

 有名なティツィアーノの『聖愛と俗愛』を観る時は。正直に言ってクタクタでした。
ベルニーニなどの彫刻とともに,この絵画を見たかったのでした。Borghese Galleryに飛ぶように
します。ここをクリックしますと→ ティツィアーノの『聖愛と俗愛』が見られます。

 長椅子に座り天井画の「ギリシャ神話もの」を眺めて休み休み絵画の感賞をした次第でした。
また,特別展なので この機会に見たいと頑張りラファエロの素描やルーブル美術館からのラファエロ
なども見ましたので,退館は5時近くでした。
 この前に画廊からの帰り道にに,係員は地下でなくて庭園へと 誘います。そこで,庭園に出て休み
ました。庭園で休み,再び地下に入りクロークで預けた荷物を受け取りました。
この時は次回の5時からの入館者が預ける為に並んでいました。
 こんな訳で,2時間近くは入っていたのでした。
ここは枢機卿の夏の別荘で,彼はローマ教皇の接待役などの役職についており,贅を尽くした建物を見る
ことが出来たわけでした。

 最初の時は団体参加の自由時間に2人で行ったのでしたが,余り記憶にありません。
家内も覚えていないとのこと。「貴方一人で行ったのでは」と言います。しかし,二人で見た事は確かで
すし,古い手帳の記録では10:30頃の入館で,記憶が定かではないが,メモにはこの後に食事したと
書いてあります。あの時にモット感激すべきと反省しています。
「アポロン」「略奪」の二つはハッキリと覚えているだけでした。今回特別展で混雑していましたが,
行けて幸せでした。


尚,ここでこの美術館のHPを記します。クリックしますと立ち上がるはずです。
   http://www.galleriaborghese.it/borghese/en/edefault.htm


   TOP頁「メニュー」に戻る          市川の旅の記録に戻る