17. 鎌倉周辺感傷旅行
 
 幼い時に片瀬江ノ島近くの腰越海岸で過ごしたことがあります.その思い出の地に行きました.
私の出生地は戸籍の記録は東京市淀橋区(今の新宿区)ですが,慶応病院で生まれています.
生家は商売をしており,夏には江ノ島に近い腰越海岸近くの漁師の別棟を借り上げていました.
 二階建ての一軒家で1階は私たち家族が2階は番頭など従業員が交代で宿泊していました.
今で言うと商店の借り上げの「福利施設」だったのでしょう.
 昭和11年と12年だつたと記憶しています.
私の小学校の入学は昭和13年4月ですから,その2年前ごろに「海の家」にいたのでした.
 幼い頃はよく病気にかかり,父母・祖父母に心配をかけていました.
こんな訳で浜辺で砂遊びはしたが,海には入りませんでした.海水が耳に入ったら大変との
配慮からです.それだけ大切に扱われていたのです.
 小田急の片瀬江ノ島駅のそばの堺川で母と私とお手伝いの3人でボートに乗りました.
初めてのことで私が中で動いたのか大きく傾き,トッサに母は私をボート乗り場にいる女中に
差し出しました.私は女中の腕の中でしたが,母はボートがひっくり返ったので川の中です.
 記憶は定かでないが,余り人は見ていなかったと思います.当然,「叱られました」
女中は海の家に戻り,母の着替えの着物(ゆかた)を取に帰り「お前のために」こうなつたと
叱られたのでした.その晩の事は忘れません.
 東京からの電話で母の顔が「真っ青」になったのです.聞くと父に【赤紙】が来たからでした.
当時幼稚園児の私は「赤紙」の意味は判りませんでした.
 祖父の計らいで父の出征の翌年(昭和13年夏)もここの海の家で過ごしました.

 古都の鎌倉あたりに行こうとの思いは以前からありましたが,元気あるうちに海外旅行を
の方針で,国内旅行はおざなりでした.二人とも歳を重ねて海外旅行も少し面倒にも思え
鎌倉に行くことに決めました.
行くなら小田急の「株主優待券」を使おうとロマンスカーで藤沢経由片瀬江ノ島に行きました.
 久しぶりの江ノ島でした.3月14日の午前中は晴れて富士山も見えました.
江ノ島に入った所で,鵠沼海岸に住む知らない老人がエスカレータを使わない道を教えて
あげると,案内してくれ素直についていきました.江島神社・奥津宮から稚児ヶ淵経由「江ノ島
岩屋」に入りました.此処あたりで親切な老人は「お二人で好きなように」と帰りました.
 岩屋から奥津宮に戻り,「八方睨みの亀」を眺めて,来た道と違う,エスカレーター
の逆方向(下りはない)を歩き,有名な「裸弁財天」を見て江ノ島弁天橋から片瀬江ノ島駅に
戻りました.母の川の中に落ちた辺りはコンクリートの護岸が出来て昔の面影はナシでした.
 江ノ島をこんなにゆっくりと歩いたのは初めてかもしれません.
洲鼻通りを歩き江ノ島電鉄の「えのしま」駅を確認して近くの龍口寺に入り神奈川県唯一の
五重塔を眺めました.古色蒼然とした五重塔です.多少の「寄付」をしました.
 「私が健康であること」に感謝してのささやかな「浄財」の積もりです.
今回は江ノ島よりも,昔過ごした「腰越周辺」に重点があります.江ノ電はメインストリートと
併走していました.「こしごえ」駅を確認してガイドブックにある,しらす料理の店・「しらすや」で
昼御飯としました.2時近いのでどうにか入れ,相席で「しらすずくし定食」を味わい,義経の
「腰越状」の満福寺に行きました.幼い時は「腰越状」など全く知りませんでした.
 腰越海水浴場やあの辺りを歩きたい気持ちは十分にあったが,江ノ島でかなり歩いたので
次ぎの機会として,江ノ電の「こしごえ」駅に行きました.
 江ノ電の4両連結の電車は鎌倉よりの2両はドァーが開かないことを待っている間に知りました.
昔は1両の電車だつたと思います.
 「こしごえ」から七里ヶ浜稲村ヶ崎経由「はせ」駅で降りてしまい,「ゆいがはま」駅まで歩き
今晩の宿である「鎌倉別邸ソサエティ」にチェクインしたのは午後3時半でした.
 今回の目的の一つは鎌倉駅傍の「小町通り」の吉兆庵美術館に入ることでした.
ここでは「北大路魯山人展」をやっており,600円の入場料を出して見ました.
 魯山人に特に関心があったわけではありません.お菓子やさんがどのような美術品を
持っているのか,また,魯山人はどんな人かなど漠然と思っていただけでした.
 圧倒されました.こんな多才な人が日本にいたのかと.
【多彩なる個性】と副題にありましたが,良いものを見せてもらったと感謝しています.
 本日はまことに充実した日と感謝して江ノ電に乗り宿にもと戻りました.
この晩は寿司カウンターを予約しており,シャルドネ(白)とお寿司で更に満足の日でした.
 この日の万歩計は20444歩で大変に疲れました.

 翌日は江ノ電観光バスの「よしつね号」を利用して長谷観音・露座の大仏・鎌倉宮・八幡宮
建長寺とこなして昼前に鎌倉駅到着.09:20から11:50まで.
 昨日歩かなかった若宮大路を歩き,「鎌倉彫」の勉強としました.鎌倉彫資料館は入っただけ.
昔,買った店の八勝堂で新しい値段を確かめ,次ぎの吾妻屋で鎌倉彫の小さな置物(ふくろう)
などを買い,有名店の博古堂で鎌倉彫の本物を見て本日の鎌倉彫の勉強を終えました.

 最後は鏑木清方記念美術館を探して入りました.彼の住まいでここで亡くなっています.
彼の画室を見たり,下絵・習作など製作の過程などを垣間見ました.
小さい個室でビデオがあり2本の映像を見ましたがここでの鑑賞は二人だけでした.
 今回の鎌倉感傷旅行は収穫が多々ありました.思い出は別として,吉兆庵美術館と鏑木
清方記念美術館の二つが私の大きな収穫と思うのは,美術に関心があるせいでしょう.
 喧嘩もせずに好天に恵まれ桜の前の空いているうちに「好きなこと」出来たことは幸せ
そのものです.


       TOP頁「メニュー」に戻る        市川の旅の記録に戻る