16 MET美術館の想い出 そのA たっ1時間の案内

 日本経済新聞社の関連会社・日経カルチャ―社主催の第36回”美の美”旅行に参加
した時の「話」です.(旅の日程は後で説明します)
 1年振り位でのMET美術館再訪でした.
 午前中はニューヨーク近代美術館(学芸員の解説付き)でした.
午後一番でMET美術館に初めて団体で入りました.説明は現地にお住まいの美しい
魅力的な中年の女性でした.ケバケバしいではなく,上品な私好みの方でした.
 この時の団体は人数が多くて「2班編成」でした.申し込んだ時は満杯で,希望者が多く
このために「追加募集の班」にやっと入りました.
 後口の「追加組」の私たちは最初の「正規の人たち」を「正妻の子」と言いました.
「後での追加募集組」の私たちは「妾の子」と自嘲していました.
 私たち2班を担当した魅力的な説明の方は,こう言いました.「アメリカの美術館めぐり」
をされる皆様方に,私の仕事は『1時間と言う時間内での説明』となっています.
 ここは毎日来ても1週間や10日でも,見極めること不可能です.それなのに,「時間は
1時間と言う制限ですよ」と.
 初めてのことですと.主催者の注文なので従います.後の1時間の自由時間の行動に
お役に立つように「工夫します」と.
 何回も来たことがあり「尤も」と同感です.むしろ,どのように時間を配分するのかが,私
の関心の的でした.
 その方は入り口に近いギリシャ彫刻からスタートすると宣言しました.
アルカィク・スマイルから,アフリカの仮面に移り,ここからブラックなどのキューイズムに
進みました.
 なるほどと,この方の考えの通りに付いていきました.そして,ここで私は単独行動に
移り,イタリア絵画部門に一人で行きリッピの絵などをみて勝手知った館内を急ぎ鑑賞
しました.途中私たちの団体(B班)とも時々遭遇はしました.

 実は面白いことを団体の人から聞きました.ボストン美術館での時です.
ここも数多くの美術品があります.ボランタリー・カイドはアメリカ人ですが,日本語での
説明でした(顔つきからして若しかしたら北米のエスキーモ系かも)
 少し面白いことに私とは違う感覚での説明でこちらの人の関心の度合いが判り面白
かったこと覚えています.しかし,私たちはその人に飽きて説明を聞くこと少なくなって
しまいました.(悪いとは判っているが勝手に行動しました)
 ここで「私たちはボストン美術館にて,ボストンマラソンをやった」と面白いことを言った
人がいまして,このことと1999年5月4日の「1時間だけの解説」を思い出しました.
 私は1時間最後までこの方の後に従っていませんでしたので,あの後の彼女の工夫
を知ることナシです.「残りの自由時間」を消化し(もう記憶少ない)皆とバスに乗り
ホテルに帰りました.

 なお,この時の日程は4月26日成田発で,その日にロスアゼルス市内観光でした.
29日午前は「ノートン・サイモン美術館」,午後はゲッティ・センター(モノレールに乗り
ポール・ゲッティ美術館へ)でした.翌日,デトロイト経由ボストンへ.
 5月1日は午前はボストン美術館,午後はイザペラ・スチュアート・ガードナー美術館.
5月2日はスターブリッジから「クラーク美術館」「ノーマン・ロックウェル美術館」でした.
5月3日は50万坪の彫刻の森(イサム・ノグチの彫刻群)と【カイカット】に.
 ここはロックフェラー4代のカントリハウスの見学でした.(予約が必要な所)
5月4日がニューヨーク近代美術館とMET美術館でした.5月5日はニューヨーク市内
見物とワシントンへの移動.5月8日にワシントンナショナル・ギャラリーと午後は
フィリップス・コレクションで5月7日に二つの班は帰国の途となります.
 私は例によって団体と分かれて一人ニューヨークに舞い戻り,この日と翌日に
積み残しのもの(グツケンハイム美術館,フリック・コレクション,なんと空母の
イントレピット博物館に入りグラマン戦闘機の実物などを見ました)

出来ることならもう一度 いや,二度でもMET美術館に行きたい「夢」は未だ持って
います.


    TOP頁「メニュー」に戻る      市川の旅の記録に戻る