14. 何故スペインに行くのか?

 市川の「旅の記録」は「出かけた旅行の報告・・・つまり,旅行の記録」でした.
今回,初めて「出かける旅行の前の段階で どんな理由でスペイン旅行を行うのか?」を
述べたいと思います.あと1ヶ月ほど後に海外旅行に出かけます.
何故スペインに憧れて「事前の準備をしているのか?」などの説明です.
 市川本人と家内との旅行の実績の前に,いくつかあった旅先の候補について
お話します.
 世界遺産にはかなり出かけたほうです.出来れば世界遺産の数を増加させたいと考え
ました.行ったことの無い場所です.
 候補としてはチェコ,ポーランドなどの東欧.ポルトガルなどでした.しかし,夫婦の
夏の予定とJTBなど大手の旅行会社の「ツァー」のスケジュールが合致しないと
候補になりません.
 前提は二人だけの個人旅行はもうあきた.緊張が続くので「パック旅行」に便乗し
たい・・が今回の底流でした.8回もウィーンで越年したし,バイロイト詣でも二人で
4回も行った.
 ガイドつきの説明で大型の車に乗って「のんびりした」ゆとりのある旅にしたいこと
が基本でした.
 私達はポルトガルには行っていません.が,良い団体の旅行はなさそうでした.
マデイラ諸島まであのオーストリーの皇妃(エリザベート)の足跡めぐりも,多少の
関心がありましたが,候補から落ちました.シチリア島も候補でしたが,やめました.
 急に候補として浮かび上がったのは,スペインだったと言う訳です.

 スペインの過去の実績.86年夏に夫婦の最初の海外旅行は,「日本旅行のツァー」
で英国・スペインイタリー・ドイツ・スイス.フランスと言った,15日間の欧州の
駆け足の旅でした.
 ここでは,マドリードに2泊しています.二人の2回目は88年の夏に個人の旅とし
て,バルセロナに4泊し,この後はイタリー(ローマ4泊・フィレンツェ5泊・ミラノ
2泊)に行きました.
 バルセロナに行ってみたくて,二人だけでガイドブックを頼りに現地の観光バス
(はとバスみたいなもので,英語の説明)に朝のツァー・午後のツァとか,一日の旅行に
参加しました.
 二人の会話で,バルセロナもドレドもかなりの「積み残し」があって,何時かまた
機会あったら行こうは暗黙の了解でした.
 特にトレドの半日観光はは団体で駆け足でで通り過ぎただけでしたし,バルセロナ近く
の「モンセラット修道院」は「黒いマリア像」を見た.見ない・・でもめごとにもなって
いました.
 ともかく,スペインの復習の旅行はこんなことで「あっさりと」決定したわけです.

 私個人は1992年のセビリア万国博に行っており,帰路はマドリットでプラド美術館
に2回目の訪問をしています.
 今回はスペインの絵画を事前に調べており美術館めぐりの旅とも言って良いでしょう.

 家内は以前にニューヨークで「ゲルニカ」を見ていますが,私は前回(92年)の
一人旅でプラド美術館だけで,国立ソフィア王妃芸術センターに行っておりません.
 なお,今回参加するツァーはJTBの『くつろぎの旅』【午睡(シェスタ)エスパーニャ
11】です.
16人限定の「ゆとり」のある旅ですが,参加費は少し高いようです.
マドリードB泊,セビリアA泊,グラナダA泊,バルセロナA泊の9日間の泊まりで
帰りの旅程を入れると11日となります.
 
 この旅はトレドも行くし,セゴビアにもコルドバにも(宿泊ししませんが)行く旅程に
なっています.
 レコンキスタの最後の拠点のグラナダは二人の行きたい都市のひとつです.
NHKの番組でスペイン関係のものはよく見ており,実地に行ける事は大変な楽しみです.

 2005年5月に発売の「美の旅人」(伊集院 静 著)をはじめ,NHK 世界美術館
紀行C(カタルニャ美術館,ミロ財団美術館),スペイン美術館鑑賞紀行1と2も
買いました.
 前回の二人だけのバロセロナ滞在(個人旅行)ではあちらのバスに乗り,カタルニャ
美術館とミロ美術館の前は通過したが,入場はしませんでした.
(あちらの「はとバス」ではモンジュイックの丘でバロセロナ市内を展望しただけでし
た)あの当時は,ミロやピレネー山中の「ロマネスク美術には関心はなかったのでした.

 ゴヤ,ベラスケス,エル・グレコなど現地のガイドが案内してくれるとの案内なので,
楽しみです.
 前回のバルセロナの午前のツァーで「ピカソ美術館」に入りました.初期の作品が多く
私たちには判りやすかった記憶があります.
 今回@市内の案内・買い物組,Aガウディの作品の屋敷の内部の見学組,Bミロ美術館と
カタルニャ美術館組の3コースがあります.成田出発までに申告のこととなっています.
 私たちは迷うことも無くBの美術館を通知してあります.

 私たちが時々行く淡島ホテルのレストランには「サルバドール.ダリ」の作品が何点か
展示してあります.
食堂の待合室には,ダリ関係の図書が置いてあります.
かなりの「くせ」のあるダリについての情報は判りましたが,正直に言って好きになれま
せん.
 伊集院さんの本でも,ピカソやミロやパブロ・カザルスなどは反フランコ将軍で一致し
ていたが,ダリはフランコ将軍の支持者だつたそうです.
(本当か否か不明だか,ヒットラーも支持すると発言したとか)
とにかく,カタルニァ地方は昔から「反骨精神」の強かった場所です.ガウディ作品見た
り,再び奇岩の「モンセラット修道院」に行ける事も楽しみです.
 現在,VHSのテープを良いものに限り,DVDに転換しつつありますが,以前に録画
はしたももの,見ていなかったテープの整理を大々的にしています.
NHKのスペイン音楽紀行などのテープが出てきて
 見直すと(録画したままのもの多し)今回の旅の良い参考になっています.

 美術の専門家でないし,好きで鑑賞するアマチュアですので,心のんびりとスペインの
景色.絵画などを堪能したいものです.
 事前にこれだけ勉強したことはありません.年齢を考えると何回も行くこと不可能で,
今回の「ツァー」が楽しみです.

 旅は3つの楽しみがアルと聞きます.一つは事前の勉強.二つ目は実際に行くこと.
三つめは帰った後の想いで・反省などです.

 今回は私にとって3回目のスベインに強く憧れている状況の報告です.
時間を作って,旅行の後の「本番」の報告を予定しています.



         TOP頁「メニュー」に戻る         市川の旅の記録集に戻る