13. 日本で観る「南十字星」」のこと

 私のホームページの『市川の旅の記録』のNo.8に【南十字星のこと】があります.
この文章の16行目に《聞けば石垣島あたりの南の島では,気象条件のよい時は
観測できるそうです》と,書きました.
 この〔日本で観る「南十字星」のこと〕は,八重山諸島に行った時のことです.
05年1月末に八重山諸島の「石垣島」・「西表島」・「小浜島」などに行きました.
具体的には,小浜島に2泊して石垣島は1泊の旅でした.
 「観たのかと?」と問われれば,観測は出来ませんでした.ホテルのフロントの
スタッフに問い合わせて,ホテルの従業員の撮影したはがきサイズの写真を見た
だけです.この方は02年1月12日の午前6時ころに,小浜島から南の方向の
「黒島」の灯台の少し上にある「南十字星」を撮影していました.
 小浜島は平成13年4月から9月まで,NHKの朝の連続テレビ【ちゅらさん】の
舞台となった島です.
 私たちは小田急レディスクラブ主催の旅に参加しました.
日程表には <今日も降るかな南群星> サンゴ礁の島『はいむるぶし』2泊と
   美しい自然が舞台の八重山諸島   (秘境・西表島や星砂の竹富島も)
とうたってありました.
 私たちの年齢を考えて,例年のウィーンの年末年始の旅を今回は避けました.
この代わりが暖かい石垣島あたりと「決めた」のでした.
 羽田空港・那覇空港.石垣空港から西表国立公園・小浜島に30分の高速船
で行きました.2泊したのは,『ヤマハリゾートはいむるぶし』でした.
 正直に言いますすが,市川は多少の「天文」に興味はあります.しかし,知って
いる星座は僅かです.「おおくま座」「しし座」「南十時星座」その他少しだけです.
 このツァーは文字通り「女性」が中心の会で男性は「おまけ」です.
18人の女性と私入れて4人の男性の22名のツァーでした.
 冬場に暖かい沖縄方面にとの思いでしたが,気温が24度から22度の八重山
諸島の旅は,まことに楽しい旅でした.
 事前に連絡があり,羽田空港までのオーバーなどは集合場所に来る前に,荷物
預け所に預けるとよい とのアドバイスがありました.那覇空港は22度でした.
石垣島は24度と暖かくて,小浜島に行く船の中で開襟シャツに着替えました.
 小田急トラベルは今回で8回目の「旅」で宿泊先,食事などはいたれりつくせり
の旅で大満足です.
 行く前に資料が送られてきました.よく読みますと,2泊する『はいむるぶし』とは
南十字星のことと知りました.「南に群れる星」のご当地の「方言」だそうです.
 俄然,興味がわきました.NHKの朝ドラは見てなくて,ここのロケ地などには
関心ありませんでした.
 ガイドのパンフによると,「12月から6月の終わり頃まで,はいむるぶしビーチ
ハウスの正面にある黒島のすぐ上,ケンタウルス座の足もとに」観ること出来ます
と書いてありました.
 
私たちは「ハーブ棟」に泊まり,夕食の前にフロントで「南十字星」のことを聞きました.
 その時に先ほどの「写真」を見せてもらったのでした.
3日目に「はいむるぶし」を去るとき,プロントの女性スタッフに到着した晩に見た
写真のコピー欲しいと依頼しました.(郵送でもメールでも良い.費用は負担しますと)
 その後,この方からメールが届きました.約束のこと遅れているのは,撮影者の
パソコンに入れた画像にトラブルがあり,時間頂きたいとのこと.
 時間たっても待ちたいと期待しています.
またこのスタッフに,「ちゅらさん」のパネルも良いが,「南十字星」の写真を展示し
たら良いなど,余計な感想も伝えました.

負け惜しみのようですが,翌朝,芝生伝いに外に出ましたが(こちらは日の出が
遅い)暖かい気温のために,雲が多くて月も僅かに見えましたが,私の目で
しっかりと「この星」を観ることは無かったのが実態です.翌日はもっと天候が悪く
て,断念しました.しかし,フロントで「写真」をみたことで満足としました.
 3泊目の石垣島全日空ホテルは明かりが多くて,最初から観ようともしません.

以上が今回の旅の「南十字星」の全てです.写真で見ただけですが,見られること
の確認は出来たわけです.

2月7日の朝日新聞に「石垣島にこの夏,天文台を作る」計画の記事がありました.

 八重山諸島への旅の10日後のことでした.asashi.comにもサイエンスの項目
にもほぼ同じ記事ありました.今年の夏に標高200メートルの山に石垣島天文台を
作るとのことです.
 星の会の事務局長さんは『88ある星座のうち石垣島では84の星座をみることが
できる』子供も大人もこの島の「空の素晴らしさ」に気付くキッカケになれば,うれしい
と話しています.
 そうです.石垣島は北緯24度にあり,大気の揺らぎが少なく,星が天に張り付い
たように見える.特に夏は晴天率が4割を超え天文観測に最適だ.本州では見えない
南十字星など,南天の星星も観測できる.(新聞記事の転写です)
 石垣島・小浜島などの八重山諸島に住んでいる人.「うらやましい」ですね.



    TOP頁「メニュー」に戻る         市川の旅の記録集に戻る