12.ビュルツフヘルグとバンベルグに行きました。

 世界遺産の都市のビュルツブルグには1989年に行ったことがあります。
バイロイト音楽祭の時でした。この時は一人の参加で「指輪」のお休みの時に
行きました。また、バンベルグにはその数年前にツァーの観光に便乗して行きました。
 このホームページでも触れた夫婦の参加の三回目の折に、1日で二都市を観光しよ
うと行きました。その報告です。2000年8月12日のことです。
 ご存知のように「指輪」は6日間で4つの楽劇をみることになっています。序夜の
「ラインゴールド」第一夜のワルキューレ」第二夜の「ジークフリート」第三夜の
「神々の黄昏」です。この第三夜の前後の日はお休みの日となっています。
そこで、第二夜の次の休演日に世界遺産の都市を二つとも行ってみようと計画しました。
 事前にドイツ政府観光局からFAX情報を手にし、現地のホテルから連絡してもらい
「条件」を打ち合わせたつもりでした。
ドイツ語でなにやらいろいろと書いてあり、そのFAXを同じホテルに宿泊しているドイツ
文学の教授のT先生に見て貰うと、「契約書」とのことでした。
 私は運転できないので、タクシーを一日チャータすることにホテルに依頼しました。
契約書とはビュルツブルグの観光のガイドの条件のことでした。日本語で案内すること
を打診したら、契約書となったみたいでした。
 延べ7回の楽劇・歌劇のため、祝典劇場にはいつもタクシーで行きます。
「ワルキューレ」の帰りにドライバーが、明日のホテル発8時は車の混雑が予想される
ので1時間早めたいと言います。貴方が運転するのか?と問うと、「しかり」とのことで
OKしました。彼に言わせると長期休暇のためにアオトバーンは混雑するとのことでした。
 運賃が少しかさむと思いましたが、では明日の7時ホテル発と決めた訳です。
 ところが、翌朝は違う運転手でした。ホテルなどでよく飲むビール会社の脇を抜けて
高速道路に入りました。ここは速度の制限もなくて物凄い凄いスピードです。
家内がどれ位か聞くので、本当のこと言うと心配しそうで150キロ以上の速度を120位と
ごまかしたくらいです。飛ばしたてるうちに、「W」の文字が全然見えなくなってしまいま
した。どうやら、ローテンブルグ近くに来ているみたいです。
 余計なことは言わず外の景色を眺めていました。
 運転手は道路を間違ったが、とにかく大丈夫と言います。かなり遠回りしましたがどう
にかビュルツブルグの近くまで来たみたいでした。
今度は高速の降り方が判らなくて、ガソリンスタンドにより聞きました。私達はこの機会
にトイレを使いました。
 10時に日本語のガイト嬢と市の観光案内所のあるファルケンハウスで落ち合うことに
なっていたが、1時間早く到着したので、二人で市内を歩きました。運転手と車は駐車
場が無いので、別のところで待つことに決めました、運転手は案内所に12時と13時の2
回くる事に決めました。マリア教会、旧市庁舎、ドームなど先に見ようと足早に観光し
ました。ノイミュンスト教会の中庭に在る有名な方のお墓があることをドイツ政府観光局
での事前の資料で知っていました。
しかし、中庭に出るドアーが閉まって行けません。
 中年のドイツ人のご夫人たち家族も探しているみたいだが、中庭には行けません。
そのうちに家内が私に、あの人「手を大きく回して合図しているみたい」と言うので
見ますとその通りでした。やっと、中庭へ二つの家族は行きました。
 ここに(ドイツ政府観光局のガイドペイパーによると)バルター・ホン・フォーゲル
ワイデの墓があります。タンホイザーにも登場するし、「ニュールンベルグの名歌手」て゜
騎士のバルターが「歌の先生は誰か?」と聞かれたときに、この人の名前を言っていま
した。(時代は違うが)
 しかし、中庭から外へ出たら教会に戻れなくなり、一巡して元に戻ったのでした。
そろそろ、約束の時間です。25歳ほどの女性が入り口近くにしゃがんで資料を見てい
ます。とっさに、バーバラさんですかと聞けぱそうですとのこと。無事にカイドと落ち合
えました。このガイド嬢はドームに行くと言う。行ったから別の所にと言ったが、ダメ。
 私はそこから案内を何時もしているからとのこと。ハイわかりましたで従いました。
ここでは、レジデンスが有名です。ここのティエポロの世界最大の天井画も名高いもの
です。私たちはレジデンスとビュルツブルグのお城の二つとも行きたいと申し出たが
「それは無理」とニベもなく拒否されました。
レジデンスを早めにみて、二回目のティエポロのフレスコ画に対面しました。
 家内は始めてみたのです。実は98年ごろにテイエポロの生誕200年とかで、ニュー
ヨークのメトロポリタン美術館で彼の特別展がありました。
その時にCD-Romを求めて事前に予習したのでした。
 ここで、お城にも是非行きたいと迫りました。車はチャータしてあり大丈夫と説得し
やっと行くことにしました。運転手は観光案内所で私たちを待っており、車での移動と
なりました。お城の前で@お城に入る。Aマイン博物館(ここにリーメンシュナイダー
の木彫りの彫像などがある)かとちらか一つにして欲しいとの頑固ガイドの話で、
で城は止めて美術館に入りました。
 ここに入っている間に運転手には飲み物と菓子パンを上げました。家内の配慮
には感謝です。じっくりとリーメンシュナイダー(市長でもあり芸術家--最後は不幸にも
牢屋で獄死したとか)の作品を眺めました。約束のようにお城は入り口までとし、マイン
川と葡萄畑の眺めを堪能しました。ここで契約の時間は終わり、ガイドに運転手と同じ
食べ物を渡して一番近いバス停で別れました。少し硬いガイド高チップを少し出したが
受け取りませんでした。
ここで、バンベルグに方向転換です。車の中でパンと飲み物をとると言う強行軍でした。
 ここは白ワインが有名です。しかし、飲んだら観光は出来ません。理想と現実は違いま
す。一日で二つの都市を見ようというのでレストランでの昼食は諦めました。
 ここバンベルクでは運転手がガイド役を引き受けてくれました。子供の時までここに
住んでいたそうです。今でも祖父母は住んでいるそうです。ドイツのベニスと言う位、
運河・川などがあり、落ち着いて綺麗な街です。家内はことのほか気に入って助かりま
した。バンベルグの騎士像、バラ園、その他めぼしいところを運転手と共に歩きました。
 ここは「黒ビール」が有名です。「くんせい・ビール」とも言いますが、こちらでは
「ラオホ・ビヤ」と言うみたいです。東京でドイツのピールの頒布会に入り、ある月だ
けこの独特と言っても良いビール飲んだことあります。運転手にそれを買いたいと言うと
幼友達の経営するシストランに連れて行き、5本入りのBoxを買いました。15ドイツ
マルクでした。重いから私が持つと車まで持ってくれる親切さでした。
 ここはこんな半日の観光は駄目、一日がかりと判った所でバラ園で休みました。
美しく咲き競う各種のバラを眺めて、私は出来立て「ラオホ・ビャ」を飲みました。
 満足の1日の旅でした。バンベルグからはバイロイトは近くて、来た道を通りホテル
に午後5時すぎに帰りました。
 代金はどれ位かかったか少し気になりましたが、乗っ船だ。言われたものを
支払いつもりでいましたが、安かったのには驚きました。
 旅の記録の手帳には、600DMの支払いと書いてあります。ホテルの担当者の話で
は、タクシーのチャータの基本料金は450DMで最初の1時間の待ち時間を除いて、
待ち時間の1時間の単価は36DM。3時間分で108DM。合計で558DMの請求でした。
 ホテルの前でチップ込みで600DMを支払いました。ビュルツブルグでは「待ち時間」
でしたが、バンベルグでは親切に案内もしてくれた。朝の7時から夕方の5時までですの
で、コレでよいのかとも思いましたが、チップ込みのあの額で済んだのです。
 私の手帳には日本円換算で31.800円とありました。満足のバイロイトのお休み日
でした。二人の結論は、こんなものです。
 何時かもう一度バンベルグを訪れたい。半日では勿体無いでした。
以上が世界遺産の都市の訪問の記録です。

     TOP頁「メニ−」に戻る     市川の旅の記録に戻る