11.諸外国での「美術館など」

 NHKが04年12月23日の天皇誕生日に年末恒例の美術館スペシャル番組−【夢の美術館】
をハイビジョンで放映しました。今回のテーマは『ルーブル美術館』でした。
 正午の1時間6分を除いて正味6時間近い長い番組でした。この日を空けて待っていたので、全
て観ました。ありていに言っていささか疲れました。1時間ほど横になって「休もうか」とも考えた
のですが、後で録画をチェック可能でしたが、TVの前にいて頑張りました。
ルーブル美術館の百科事典みたいのようです。休むことなく観たことに満足しています。
大変に良番組です。録画したその日から見たい部分を見直しました。
 すぐに忘れてしまう私の記憶を補っています。このことは私が会員である【元気に百歳クラブ】
のホームページの「レレートーク」にも書きました。
 今回の素晴らしい番組で半分くらいは家内もお付き合いして鑑賞しました。
ただ、私が一番驚いたことは家内から『貴方も歳ですね。もう疲れたから出ようと、早めにルーブ
ルから帰りたがる』ようになったことを指摘されたことです。
 一番新しい「ルーブル訪問」は04年の1月にウィーンでの「ニューイヤー・コンサート」の帰り
にバリに5泊した時でした。その通りです。以前に比べて「疲れること」を強く感じています。

 ここで、外国での美術館のことを記してみます。
自分では描きませんが、美術を鑑賞することは大好きです。時によっては家内が迷惑だったことも
かなりあつたことでしょう。
 思いつくままに書くと、フィラデルフィア、アムステルダム、ワシントン、シカゴ、ミュンヘン、
ニューヨーク(複数)ロンドン、ウイーン、カイロ、メキシコシティ、北京、台北、オスロ、アテネ、
ミラノ、シエナ、フィレンツェ、ローマ、バロセロナなどなど。ああ、大変です。パリもあります。
ルーブル以外に数多く。クリニュー(中世博物館)、モロー、オルセ、ピカソ。カルナバレ、ロダ
ン、マルモッタン、ギメなどなど。

 ウィーンの美術史美術館、パリのルーブル美術館、ロンドンのナショナルギャラリーの場合は、
夫婦で行きますが、必ず一人で行きな直おします。
私が好きな絵を探すこと、長い美術館滞在と家内の他の用事(買い物など)を考えた結果です。
家内はこんなことを充分に知っており、私に早く切り上げて欲しい顔を示すことも多くあります。
ツァーに参加しない個人旅行の私たちはお互いに相手を尊重することにしています。
ただ、治安の余り良くない所はこんな贅沢出来ません。この意味でウィーンは何度も何度も繰り返し
行きました。

ニューヨークに仕事(調査団参加など)で行きました。メトロポリタン美術館に是非連れて行って欲
しいと言われます。仕方が無くてご一緒しましたが、必ず問題を起こします。
「エゴ」みたいですが、美術館へは「一人で」行きたいのです。
何故なら、「マイペース」で好きなように動けるからです。
 一緒に行きたいという人に、あらかじめお断りしていきます。しかし、私も同行者の「顔」を良く
見ているのですが、相手も我慢の限度もあるみたいです。
「もう良い。疲れた。帰ろう」となります。
 「大丈夫、早く帰ろうと言わない」と約束しても『駄目』の場合が多くあります。
こちらが妥協して早く
切り上げたこともあります。MET美術館から帰るのに、手を上げてもタクシーは止まってくれません。
仕方なく歩きました。セントラルパーク傍のホテルですので、男の足で25分近くかかります。
 地下鉄は怖くて一度も利用したこともないし、バスも乗ったこと無いのです。美術館に長くいて疲れ
ている足にはきついことです。その方はあとあと他の人から聞いたところでは、「市川に虐待された」
「タクシーも使うことなく大変だつた」と。だから、一人で行きたいのです。
MET美術館の帰りに私は必ず「フリック美術館」にも行きます。
ここはある富豪の屋敷をこじんまりした美術館としたもので、大好きな場所です。
私に言わせると、相棒の気持ちを勘案するし、いやな顔されるし、好きに事も出来ないということです。


   TPP頁「メニュー」に戻る           市川の旅の記録に戻る