◎ アラスカで オ−ロラを 眺める

 好奇心の強い私は、何時の日には 寒い所に出向いて「オ−ロラ」を観察したいとの強い
願望がありました。簡単には見られません。寒い所へ出向き、且つこちらが健康な上に、時間の
空きも必要ですから。
 何年か前に奥井禮喜さんの(有)ライフビジョンで発行している、「月刊ライフビジョン」の中
である労働組合幹部のオ−ロラ観察記を読みました。神秘的な自然現象で、太陽からのメッセ−ジ
です。「行って見たい」が思いと現実は異なります。パソコンを習い始め、「オ−ロラ ヒ−リング・ラ
イツ」と言うCD−Romを買いました。壮大な光のファンタジ−との副題も付いていました。部屋を暗くし
て我が家で「擬似体験」をしたのです。このCD−Romの最初は次の言葉から始まります。
 【未だ一度もオ−ロラを見ぬ人は、一生に一度でよいからオ−ロラを見たいと願い、
    一度オ−ロラを目にすると、あの感動をもう一度と願う。人々を魅了して止まないオ−ロラ】
 何と言う 殺し文句 であることか。しかし、吾が思いが強かったのか、意外にもチャンスが来ました。
2001年の秋に「しし座流星群」を甲斐大泉のペンションで観測しました。この晩、凄い出現でした。
私の一生のうち、この晩のような「流れ星」を見ることは二度とないと思います。
 この時、夫婦の夕ご飯を共にした女性がアラスカでのオ−ロラ観測の体験を話し出しました。
 この方の名前は「ふしぎ」さん。これは(ペンネ−ム)で科学関係の記者でした。
「何時かは行こう」の話にどうしたことか、市川夫人が乗り気になったのです。
一度観測した体験者が行くなら「付いてていこう」となりました。
 そして、2002年2月私たち夫婦と記者の友達の3人の合計5人が、アラスカのフェァバンクスに「オ−ロ
ラ観測に行く」ことになりました。私のかみさんが「行く気になった」のですから、言う事なしです。
 こうなると、妻も好奇心旺盛と言えるのでしょう。行く前に様々な「準備」をしました。カナダ、北欧もあ
りますが、「付いていく」のですから「ふしぎ」さんの行くアラスカです。彼女が前と同じ郵船トラペルに予
約してくれました。2月7日成田発のノ−スウエスト008便。シァトル経由アンカレッジに。ここからフェアバンク
スに行きました。防寒具はレンタルとしました。3000円ほどでした。スノ−ブ−ツ、厚手のミトン、パ−カ−、
オ−バ−オ−ルの4点SETでした。ホテル到着から借りて、帰るときに返却するので助かりました。
 7日と8日はフェアバンクス近郊の観測地点(スキ−ランド)、9日はチェナ温泉での観測です。10日も
スキ−ランドで、11日は北の端のバロ−での観測と5回のオ−ロラ観測としました。12日はアンカレッヂ泊で
13日シアトル経由、14日成田着の8日間の旅でした。
 そこで、観測できたのか否か。結論から言うと「4回目」に物凄いブレ−クアップを観測できました。1回だ
けです。
 写真の左下に2-10-2002と日付があり、他のツァ−で来た若い女性も街の電燈も映っています。
撮影は4回目の観測日。スキ−ランド経営者の19歳の息子Troy Birdsallwがデジ・カメで撮影。
 踊り舞う光のカ−テンの下の証拠写真です。  
  その時の「記録の写真」です。  ⇒    

 第1日と2日目のスキ−場での観測は不発でした。ここに来た観光客は日本人だけです。第2日の方が晴れ
ていて星が良く見えました。北極星の左右にカシオペアと北斗7星の二つが良く観測できました。時々、オ−ロ
ラみたいなもの見えますが、日本人のガイドは「オ−ロラもどき」と言っていました。第3日は所を変えて温泉
です。ここには、色々な国の人がいました。満天の星空は食事の後の「イザ本番の前に」雲が出て観測でき
ません。やや、あせります。
 第4日目は小雪の中を観測に出かけました。ガイドは「もしかして」雪は良い兆候かもと私たちを元気づけて
くれます。この晩はスキ−場の近くで、今までと違う「オ−ロラ」が見えてきました。
しかし、私たち数人を乗せたマイクロバスは立ち往生です。
前を行くJTBの大型バスがスロ−プをスリップして止ったままです。そして、今までになく「オ−ロラ」は見えま
す。この小屋のアメリカ人の親父と息子が、交互にスノ−モ−ビルで一人づつ私たちを乗せ居くれました。
 早く小屋に行きたくて迎えの3回目のモ−ビルに乗り後部座席にしがみつき、小屋に到着しました。
 マイクロバスから寒い外気に急にふれたのか、小屋に着いた時には「鼻血」でした。考えられない量の鼻
血です。ティッシュを鼻に詰めて皆が外で観ている間に横になり「鼻血」を止める作業をしました。
 良い事ばかりは続きません。しかし、窓越しに 凄い 天空を舞う 「オ−ロラ」をやっと観測できました。
写真、TVその他で観た事はあります。しかし、自分の「目」で観測したのは初めてです。
 鼻血なければ言う事なしなのですが、「あまり、はしゃぐな」と天が警告したのかもと解釈し、時には小屋の外
に出て、時には暖かい小屋の中で窓越しに観測しました。
 昨日のチェナ温泉まで一緒のある観測ツァ−の人達は、この日は他の観光地に行きオ−ロラ観測をしません。
折角寒い土地に来たのに「オ−ロラの観測」を一度も出来ずに帰ったはずです。
 聞いてはいたがこの観測はチェナを除き、日本人だけでした。昼間は体力をキ−プして、22時にホテルを出発し
午前2時に観測地点を出ます。昼まで寝ますので、朝ご飯を食堂で食べた事ありませんでした。
 最後は北極熊が出るという、北のはずれのバロ−に行くはずでしたが、鼻血の事件もあり他の3人だけで、市川
夫婦はホテルに延泊し体調の維持に努め、アンカレツジで合流して帰りました。聞けばバロ−は寒く、北極熊が出る
警戒警報があったとかで、観測は出来なかったそうです。
 「このような不思議な、美しいものがあるのか---」と、だだ感心するばかりです。オ−ロラのカ−テンが華麗に踊り
ながら通り過ぎる その神秘さに驚くばかりでした。もう一度は年齢からみて「ないこと」でしょう。
 オ−ロラは、太陽から地球人への壮大なメッセ−ジです。好奇心から1回だけ「宇宙の神秘」を垣間見た記録です。
あんた達、物好きねと言われても構いません。【長年の夢】が実現したのですから。幸せ感一杯で帰りました。

         TOP頁「メニュ−」に戻る      市川の旅の記録集に戻る