◎ウィ−ンの大晦日から 元旦 そして、悲劇のマイヤ−リンク再訪

 ウィ−ンには02年12月29日にパリから入りました。私一人の旅です。東京から持ち込んだB5サイズの
パソコンで、ホテル(インペリアルホテル・ウィ−ン)の部屋から友人・知人にメ−ルを東京の自宅なみ
に送受信できるように【海外でも】、設定する作業をしました。
パリで宿泊したクリヨンと同じ「0発信」ですので、簡単に「海外ロ−ミング」は出来ました。
 家内は用事があって30日に一人で成田から全日空便でこの日の午後ウィ−ンに着きました。
こちらは寒いとの情報でしたが、嬉しい事にこちら滞在中は暖冬で助かりました。
 大晦日はウィ−ンのアメ横のような市場を探検しました。私達は年末はウィ−ンで過ごす事が多いので
すが、大晦日はこの市場に行く事にしています。土地の人は年末年始の支度が済んでいるのか、さほど
の混雑ではなかったようです。カラフルないろいろな野菜など、肉を売るお店、乾物、ワインその他いろ
いろなお店があります。ドイツにもあるチェ−ン店の魚関係の店もありました。衣服、雑貨類のコ−ナ−は
何回も見ており、今回はパスしました。市場はその町の鏡みたいで面白い所です。歳末の雰囲気は感じら
れます。今回、「寿司」を売る店を見つけました。名前は「みかど」とかで土地の方に聞くと、作る人も売
る人も韓国の人だそうです。先にパリに入ったので、日本食に惹かれましたが、眺めるだけとしました。

 クリムトの分離派会館を横切り、国立歌劇場の前から宿のインペリアルに戻りました。11時前でリンク通
は人で一杯です。皆さんゼッケンをつけています。 ウィ−ン恒例の大晦日マラソンの参加者で3000人は
いるでしょう。11:00にインペリアルの前あたりから走り始めて「リング大通り」を一周ます。
 事前登録制で参加費は20ユ−ロです。ゼッケンとタイムカウント用のチップを貰い、走り終えたら提出する
仕組みです。後でインタ−ネットで順位とタイムを知る事が出来るそうですが、記録に拘る人は上位の少ない
人とホテルの人は言っていました。路面電車もバス、タクシ−などは総て止ります。この交通規制は午後には
解かれます。一周のマラソンとは知らなくて、早い人は二週目をどのようにするのか心配しました。
 中学生みたいな人も、大きな犬と共に走る人、ゆっくりの人など様々です。私達は他所の人の例にならって
切れ目を狙いリング大通りを横切りました。早い人は道端で靴を履き替えたり、衣装直しをしていて、1回だけ
のマラソンとやっと理解しました。
 リングからシュテファン寺院までのケルントナ−通りは歩行者天国です。地もとの人も外国から来た人も、歳
末を楽しんでいるようです。クリスマス・年末年始用の臨時の屋台が並び、パンチ、暖かいワインなどを商う
店、歳末の飾り物の「子豚」を売る店が多く、客はいろいろと吟味しています。クレ−プを売る所などがあっ
て、独特の雰囲気です。暖冬気味でも皮の帽子と分厚いコ−トで歳末風景を楽しみつつ散策しています。
 買い物に行く家内と別れて、シュテファン寺院後ろの10年ほど前に宿泊したホテルの前に行きました。
実はこの小さいホテル(ケ−ニッヒ・フォン・ウンガルン)と「フィガロハウス」(モ−ツアルトが住んでいて
「フィガロの結婚」を作曲したアパ−トで、現在は博物館になっている)の関係を調べたかったのです。
宿泊した部屋から眺めた、インド更紗の店と数年後に「フィガロハウス」の部屋から眺めたインド更紗の店と
「同じ」だったと言う【疑問】をなんとか解決したかったのでした。
 答えは簡単でした。フィガロハウスと私達が泊まったホテルは同じ建物で、壁で隔てられたただけの事でした。
入り口が違っていただけです。なんだ こんな事かとやっと確認した次第です。証拠の写真を撮りました。
 軽い食事のあと昼寝をとりました。国立歌劇場の恒例「こうもり」とホテルでの「ガラ・ディナ−・パ−ティ−」
に備えるためです。休みすぎて急ぎタキシ−ドに身をかためて、5分ほど先の国立歌劇場に行きました。
 この時はビゥ−プル氏のタクトでした。大晦日の雰囲気の中オペレッタは終わり、込み合うシュテファン寺院の
前に行きたいのですが、止めました。ホテルでは年末の年越し大パ−ティは始まっています。
 第九が一番早く、オペラ、オペレッタ、その他のコンサ−トを済ませた人がホテルの会場に戻ります。
3つの会場のうち入り口に近い部屋に楽団が入り、ここでダンスをします。11時近く友人(小学校の同期生)の
ご夫妻と私達、知り合いの方の7人のテ−ブルです。日本人の席がほかに3つあり、メキシコ、フランス、ドイツ
アメリカなどから来たゲストの大勢がが大晦日の行事をたのしみます。
 真夜中には皆さん起立してカウントダウン。乾杯して新年を祝います。午前2時近く各自部屋に戻りまた。

 NHK交響楽団の指揮者として来られたア−ノンク−ルさんは、「ウィ−ンでは二つの音楽会で年が始まる」と
言っていました。実はその時初めて知った事でした。
 テレビの中継で有名な「ニュ−イャ−コンサ−ト」(学友協会ホ−ル)とコンツェルトハウスで行われる、ペ−ト
−ベンの第九交響曲です。午前11時15分からのヨハンシュトラウス父子たちのウィ−ン音楽と午後8時からの第九
の合唱です。今年は2回目の音楽学者でもある指揮者のア−ノンク−ル氏がタクトをとりました。ウェ−バ−の
「舞踏への勧誘」やブラ−ムスのハンガリ−舞曲の二つも取り上げられました。
昨年の指揮は小沢征爾氏で、日本からの応援団が多かったそうです。今年は少ないと聞きましたがそれでもかなり
の日本人が会場に来たいました。お祭り騒ぎです。一度は本物を見たいと思う方も多いそうです。
 元旦はオペラでなくて二つのコンサ−トと決めました。第九の指揮はボ−ダ−さんでした。二日後に廊下で本人に
会いました。私の泊まった221号室の隣の220号室が彼の部屋でした。
 ウィ−ンでは正式な食事は出来ません。オペラ・オペレッタ・バレエと食事の時間が重なるせいです。
元旦の晩に予約して、第九の演奏の後にホテルでウイ−ン料理の「タ−フェルシュピッ」を久しぶりに味わいました。
牛肉の料理です。ハプスブルグ家の最後の皇帝と言っても良い、フランツ・ヨゼフ皇帝のお好きな料理と聞いていま
す。何度かこちらに来ましたが、この料理を食べたのは先のフィガロハウスの棟続きのケ−ニッヒ・ホン・ウンガルン
とブリストルとこの晩の3回だけです。こうして元旦の一日は終わりました。
                   続く ⇒  悲劇のマイヤリング再訪 
 ● この前に 私の最初のマイヤリング訪問のことをお知らせします。
 私は1983年6月に仕事でウィ−ンに行きました。この時現地駐在のS氏の車でかっての名画「うたかたの恋」の場
所に行きました。郊外で少し時間がかかりました。小さいレストランでS氏夫妻と私と3人で軽い食事をとりました。
ここは、あの事件の現場を訪れる人が多くて、経営が成り立っていると聞きました。そして近くのカルメル派の修道院
に行きました。前は、ハプスブルグ帝国の皇太子・ルドルフの狩猟用の別荘でした。1889年1月30日朝にマイヤ−リ
ンクの劇的事件−−皇太子と男爵令嬢の心中事件−−が起こったのです。
 父親のハプスブルグ帝国皇帝・フランツ・ヨゼフと対ハンガリ−政策などとの対立。政略結婚だった皇太子妃との不
幸な結婚などが原因と言われています。シャルル・ボワイエとダニエルダリュウが演じたフランス映画の「うたかたの
恋」は昔の昔、旧制中学の3年生の時に混んだ映画館で観たことが底流にありました。
 皇帝は取り壊しを命じたがルドルフの母親のエリザベ−ト皇妃が、別荘をカルメル派の尼僧の修道院として下賜しま
した。

 この種の知識を持って入り口に行きました。一人の背の高い英国人が入り口におり、「ああコレで頼める」と言いド
ァを叩きました。すると、後ろから女の人が現れて鍵を出し開けて見学希望の4人を入れてくれました。
 英国人はジャナリストと名乗り「写真を撮っても良いか」とその案内人に尋ねました。答えが面白いものでした。
「写真撮影は禁止です。しかし、貴方がどうしてもと言うなら私は見ないことにします」と言いました。
写真を撮影する雰囲気ではありません。私はカメラを肩にかけたままで撮影する気持ちはありませんでした。自分だけ
撮るのが気が引けたのでしょう、市川にお前も撮れとのジェスチャ−です。こんな訳で2枚だけ撮影しました。
 しかしです。36枚のフィルムを数本持参しかなりの写真を撮影したのに、この修道院での2枚の写真だけが「おか
しい」写真でした。フラッシュで撮影したのでしたが「ひとだま」のような 白いものが写っていました。また、尼僧
院は沈黙の行なのに、何故「撮ってはいけないが自分は知らないことにします」などと言ったか、疑問は残りました。

 ■ 03年1月2日の悲劇のマイヤリング再訪のこと。
 インペリアルホテル・ウィ−ンから12月初めに取り寄せた「月間ウィ−ン」に日本語定期バスの広告がありました。
市内半日観光とウィ−ンの森半日観光の二つです。週に3回あります。一人50ユ−ロでした。ハイリゲンクロイツ修道
院と「うたかたの恋」で有名なマイヤリンにある狩猟の館にも立ち寄ると書いてありました。18人の日本人が参加しま
した。氷結した道を滑らないように注意して、今度はガイド付きで再びあの修道院に入りました。今度は家内と二人の
参加でした。同じ入り口で祭壇も同じです。ウィ−ンの人と結婚したガイドさんはいろいろと説明してくれました。
祭壇の上の部屋に修道女は沈黙の行をしているはずと説明します。
次の部屋には展示物があり、初めて心中した男爵令嬢の母親の写真を見ました。
 母親も美人でした。ガイドは早く出ようと急かします。家内がもっとゆっくり見たいと言いましたが、次も来るからと
せかします。なるほど、大型バスが6台ほど来ていて続々と人が僧院に向かってきます。ガイドは今日は日本語のバ
スだけで幸運だつたと言いました。出口で年配の女性がパンフ、パンフと資料を売っています。2ユ−ロでした。
 バスに帰るとき次の見学者の行列とすれ違いました。ここは大変な観光の場所と判りました。ガイドさんに聞くと鍵は
私が開けたが、出口のパンフレット売りの人はボランティアとのこと。こちらでは完全な無償のボランティアは存在せ
ず、いくばしかのお金は取るとのことでした。ここで、前回の「写真はいけないが貴方の好きなように」との人は修道
女でなくボランティアと判明しました。帰路は高速道路でなくて起伏のあるブドウ畑の普通の道を運転手に頼み、小さ
い町やホイリゲの前を通り帰りました。
 悲劇の場所を見た後はある田舎ホテルでケ−キと紅茶を頂き返りました。この晩は小沢征爾指揮の「ジョニ−は演
奏する」という変わったオペラを国立劇場で観て5日目のウィ−ンの夜を過ごしました。
(最終日の6日目は美術史美術館とバレエ-----国立歌劇場で「くるみ割り人形」を観ました)
 今年の私達の過ごした時期は幸運にも暖冬でした。メ−ルでインペリアルに問い合わせた時はマイナス10度とのこと
で、それなりの準備をと注意されましたが、どうしたことか暖冬で助かりました。
 欧州の宝石箱と言われているウィ−ンは世界遺産の街でもあります。国際機関の多い都市ですが、音楽の都、文化
の都、バロックの都、建築の都、歴史の都などとこの街を形容する言葉は沢山あります。
 ハプスブルグ家の面影を色濃く残しています。余韻のある忘れない街です。一人の時も夫婦でも数えて10回以上行
きました。しかし、最初のマイヤ−リング訪問時の心霊写真的な事件などは強い印象があり、この確認でした。
 パリとは違い余り大きくは無く、かつ、安全な街だから何度も訪れたのでしょう。数年前にミュ−ジカルの【エリザ
ベ−ト】を二回続けて観た事ありました。ロドロフの母親の美人のほまれの高い、皇妃エリザベ−トにも強い関心を
持っています。機会があれば色々と調べた皇妃エリザペ−トに付いてもHPでお知らせします。
 かなり長くなったのでこの辺で終わります。▼出来れば後1回だけWienで越年し名残を惜しむ旅をしたいものです。

       TOP「メニュ−」に戻る       市川の旅の記録集に戻る