◎ 得する年金情報−5 迫り来る【高齢者包囲網】にどのように対処するか


 朝日新聞の「世論調査」によると、年金への信頼は 50歳を境に大きく異なっていると
報じられています。支払った保険料に見合う年金が貰えそうな50代以上と、負担と給付のバ
ランスが危ない20代から40代とでは、【制度への信頼感】が完全に逆転しています。
 最近、旅先で仕事をしていた時、民放のTVで 樋口恵子さんたちの論客が 表記の
【高齢者包囲網】と言う言葉を使っていました。見るべき内容でしたが、自分の仕事に専心
して、深くはTVを見ませんでした。よって、ここでは、【高齢者包囲網】なる言葉から来る
私の考えをここで述べる事にします。
 私のホ−ムペ−ジにある TOP頁の「メニュ−」の【年金受難り時代】は 動く「バラ」を
つけ、見て貰う工夫をしています。ここでも述べていますが、既に 年金を 受給している方々に
とって、大変心配な事態になって来ました。お断りしますが、「おどかそう」と言う意図はさら
さら ありません。ただ、事実を報告しているのです。
 私達の周囲で「年金」にまつわる「悪い話」は欠くことナシの有様です。高齢者世帯が700
万所帯を超えました(国民生活基礎調査)。働く世代は不況のため年金加入者は減少し、02年
の「合計特殊出生率」は戦後最低を更新し 1.32 となりました。これからの働き手も少
なくなっています。そして、年金を貰う高齢者は 増えています。
 年金は世代間の支えあいの制度ですが、このように翳りを見せています。深刻な事は国民年
金だけでなくて、景気の悪さから厚生年金も「空洞化」が進み、老後の支えに更に暗い側面を
そえています。これは、負担の増加と給付の削減しか対策はないことを意味します。
 内閣府による「公的年金制度に関する世論調査」では、「ほぼ全面的に公的年金に頼る」と
回答した人が29.0%で、前回より増えていました。年齢が上がるほど全面依存派が増えていま
す。このところ、年金改革の「動き」は急に進展しています。
 経済財政諮問会議などでは、財務省+経済産業省と厚生労働省が対立しており,民間委員の方
々は、塩川財務相に近い 厳しい 考えのようです。【詳しくは TOP頁「メニュ−の年金受給
者、受難の時代に? (ここをクリック)をお読み下さい】
 さて、本題の「包囲網」です。今までは聖域として触れることの無かった、「支給中の年金減
額」も視野に入りました。塩川大臣は30%のカットと具体的な内容を提示しています。
 総ては、年金財政の逼迫のためです。日経新聞の社説でも「小手先の年金改革は終わりにしよ
う」と今までの改革論議と違って、抜本的間改革をと訴えています。その通りです。
 政府税調は「公的年金控除」と65歳以上に適用される「老年者控除」の見直しと遺族年金へ
の課税(詳しくは 「年金 Q & A 14 参照【ここをクリック】)も 現実味を帯びてきま
した。
 社会保障審議会は、高齢者への手厚い給付を抑え、育児などの分野で現役世代に支援して、世
代間の不公正を是正するよう提言しています。
 さらに、高齢者を一概に「弱者」とは見ない、裕福な高齢者もいると、この見直しを求める声が
高まってきています。そして、各世代で負担する「消費税は二桁にする」案も大手を振り、規定路
線のように議論されています。この二桁と言う論議は、公的年金の国庫負担の2分の1論争(財務
省サイド)の本音の可能性もありそうです。
 すでに、公的年金の新しい今年度分は「減額」されています。
このように、年金世代への各種の「挟み撃ち」は、とどまるところを知らず、現実のものになって
来ました。あるライフプラン関係の雑誌に「私は年金貴族である」と宣言した(私の記憶が正しけ
れば、青山さんと言う方の「年金貴族宣言」)論文を見たことありました。
高齢者ものんびりできません。
 企業年金も死体の有様で、良い話はこのところ見当たりません。
以上のような事情から、「高齢者包囲網」なる言葉がTVなどで言われたのでしょう。
 さて、この対策は、@年金の情報を正しく把握する A生活の総ての見直しを実行する 
B生活費の安い場所に住まいを変える など のことが 考えられます。
 新聞の広告でこんな本を見つけました。「国内移住のすすめ!」【年金で豊かに暮らせる 日本
の町ガイド】(学陽書房)残念ながら私はまだ読んでないのです。住まいをこの歳で変える気が
ないからかも。しかし、この方法もあることは確かです。いろいろな方策を立てて 頑張り ましょ
う。 

     TOP頁の「メニュ−」に戻る         得する年金情報集に戻る