得する年金情報−8 年金の支払いと届け出

      年金は次のように偶数月に定期的に支払われます。
            支払い月に受け取る年金

    支  払  月     内       訳
2月の支払い   前年の12月、本年の1月  の2ヶ月分
4月の支払い   2月、3月の   2ヶ月分
6月の支払い   4月、5月の   2ヶ月分
8月の支払い   6月、7月の   2ヶ月分
10月の支払い   8月、9月の   2ヶ月分
12月の支払い   10月、11月の  2ヶ月分

 銀行、郵便局とも支払い月の15日です。金融機関が休日の時は前日となります。
平成4年6月までは後払いでしたが、平成4年8月から休日の前日に改善されました。

 年金の受給者へは年金証書と一緒に「年金受給者の心得」が送られてきます。
年金を受けるにあたって知っておくべき事柄や必要な手続きについて説明してあります。

 主な届け出は次の通りです。年金の受給者がその人の誕生日の末日までに、「提出」する
【現況届】の「はがき」と一緒に『現況届の提出にあたって』の説明書の中にも書いてあります。
 大切なことですが、忘れないように充分に注意しましょう。
 もしも、うっかりして「届け出」を忘れた場合、支払い済みの年金を返すとか面倒なことが
あります。

届け出を必要とするとき 届書名 届出時期 届出先
年金を引き続き受け取るために 年金受給権者現況届 誕生月の末日まで 住所地の社会保険事務所
氏名が変わったとき 氏名変更届 そのつど 住所地の社会保険事務所
住所や年金の受け取り場所が変わったとき 住所・支払い機関変更届 そのつど 住所地の社会保険事務所
年金を受けている方がなくなったとき 死亡届 14日以内(老齢基礎年金)
10日以内(老齢厚生年金)
住所地の社会保険事務所
亡くなった方の未払いの年金を受けようとするとき 未支給年金・保険給付
請求書
すみやかに 住所地の社会保険事務所
加給年金額対象者である配偶者や子が亡くなったりしたとき 加給年金額支給停止事由
該当届
10日以内 住所地の社会保険事務所
加給年金額対象者である配偶者が老齢(退職)または障害の年金を受けるようになった時 加給年金額支給停止事由消滅届 すみやかに 住所地の社会保険事務所
加給年金額対象者である配偶者が老齢(退職)または障害の年金を受けられなくなったとき 加算額不該当届または加算額支給停止事由該当届 すみやかに 住所地の社会保険事務所
振替加算されている方が老齢(退職)または障害を支給事由とする年金を受けるようになったとき 加算額不該当届または加算額支給事由該当届 すみやかに 住所地の社会保険事務所
振替加算が停止されている方が障害を支給事由とする年金を受けられなくなつたとき 加算額支給停止事由消滅届 すみやかに 住所地の社会保険事務所
住所を変えたとき 住所・支払機関変更届 そのつど 住所地の社会保険事務所
年金の受け取り場所を変えるとき 住所・支払機関変更届 そのつど 住所地の社会保険事務所
年金証書をなくしたとき 年金証書再交付申請書 そのつど 住所地の社会保険事務所
2つ以上の年金を受ける権利ができたとき 年金受給選択申出書 すみやかに 請求する社会保険事務所または、共済組合など
 このように、お役所の「言葉」で「難しい」届出の用紙です。判らないことは近くの役所に行き
 相談してください。また、身の回りに「年金について」詳しい方がいましたら質問してください。

       TOP頁「メニュ−」に戻る        得する年金情報に戻る