得する年金情報−1   年金相談

◎市川のホ−ムペ−ジの『年金問題』中に「年金相談の6大テ−マ」があります。
年金は老後の生活を支える命綱です。しかし、制度が複雑でわかり難く多くの方が困っているのも事実です。
老齢年金は1回の請求で、一生涯の給付となります。しかし、良く判らないためにもらえる年金を「もらい損なって
いる人」も少なくありません。
 私は以前に読売新聞社の年金欄を担当していた時に「このこと」を知りました。
年金を上手にもらう法は、「判らないことは詳しい人に聞くこと」と言ってもよいでしょう。

●市川のホ−ムペ−ジの<メニュ−>の最後に「関係リンク集」があります。ここをクリックしますと、社会保険庁のホ−ムペ−ジが出てきます。「医療保険に関する相談」と「年金に関する相談」があります。
  「年金の相談について」 次の 5項目 があります。
 Q991 年金についての相談や問い合わせは、どこですればいいのでしようか。
 Q992 社会保険事務所の相談コ−ナ−では、いつでも年金相談を受けられますか。
 Q993 年金の相談に訪れるとき、あらかじめ用意していくものはありますか。
 Q994 年金の相談に本人が行けないとき、家族や友人でもいいのでしょうか。
 Q995 年金の相談を手紙でするとき。
 Q996 年金の相談を電話でするとき。

 詳細は社会保険庁のホ−ムペ−ジで知ることがではます。是非是非ご活用ください。

 これらをかいつまんで説明します。年金の相談や問い合わせは、社会保険業務センタ−の中央年金相談室や
全国の社会保険事務所または年金相談サ−ビスセンタ−で行います。
 年金の相談は、相談窓口に直接行くか、中央年金相談室などでは、電話や手紙でもできます。
中央年金相談室の電話番号は、東京03−3334−3131です。しかし、繋がり難いので有名です。
     中央年金相談室の住所 〒168−8505 東京都杉並区高井戸西3−5−24
 全国に300ヶ所以上ある社会保険事務所の相談コ−ナ−では、コンピュタ−によって年金の記録など教えて
くれます。本人の記録についての相談はコンピュタ−の稼働時間の関係で、午前9時30分から午後4時30分までです。月曜日から金曜日まで。昼休みは相談できません。年金の見込み額などは、受給の2年前からです。
 資格などのほかの相談はこの制限はありません。
 持参品は年金証書、支払通知書、年金手帳や被保険者証など、本人を確認できるものが必要です。

また、本人が行けない時は、本人からの依頼状が要ります。
手紙での相談もできます。上記の「社会保険業務センタ−中央年金相談室」に必要事項を書いて出します。

 受給の2年くらい前には、年金請求の予行演習のつもりで「相談」することを強くお勧めします。

 くどいようですが、「頂ける年金をモレなく」受けるためには、 めんどうくさい など言わず、相談して下さい。
 なお、勤め先の人事部門、年金基金に相談できる場合もあります。
 年金に詳しい人が身近にいたら、仲良くして質問して下さい。
 
 また、「関係リンク集」に「■年金シュミレ−ション」があります。ここでは「自分で出来る年金額簡易試算」があります。60歳未満の人が利用できます。試してみては如何でしょうか。簡便式での見込み額です。
 年間の見込み額と80歳までの累計額など工夫しています。この試算で不明なことは「専用の電話番号」があり、専任の人が質問に答えてくれます。電話番号は03−5344−1577です。この電話はすぐに繋がる見込みです。平日の0900から1715までと長く、「穴場?」と思います。(年金シュミレ−ションに限ります。念のため。)
 
 (1)次の改正に向けた改革案など
 (2)社会保険庁の新しいサ−ビスは?
                 最初に戻る