8.南十字星のこと

 南半球にある昭和基地では3月に入って、夜が長くなりはじめ無数の星が夜空を彩る
ようになったと、朝日新聞の南極支局の特派員が報じていました。新聞の第一面に写真
付で掲載されていました。
 天の川が縦に連なりその中に「南十字星」が「ヨコの形で」ありました。
新聞では【天の川が大河のように広がり、天頂には南十字星やケンタウロス座など、南半
球ならではの星座が並ぶ】と書いてあります。
 特派員の武田さん撮影の縦長の写真付です。(約3分間露光)
 天文には少し関心ありますが、北斗七星とオリオンの三つ星くらいしか知りません。
ここで、「南十字星」について話して見たいと思います。
 この新聞の写真では、下のほうに建物が写り、「縦」に天の川が、上のほうに「南十字
星が《横の十字》として「親切に」解説してくれて、そうかと判った次第です。
 ありていに言うと、写真の下、南十字星の「横の十字」を先に見て、自分で天の川の中
にある、「南十字星」を探しましたが判りませんでした。
目をこらして「ここかなぁ」とやっと判った次第です。
 「南十字星」には好奇心もあって以前から【強い関心】がありました。北半球の東京
では見られません。
 聞けば石垣島あたりの南の島では、気象条件の良い時は観測できるそうです。
以下は、私の「南十字星」の思い出です。
1990年2月下旬から3月初めまで、初めてブラジル,アルゼンチン、ペル−に行き
ました。
 長い勤め人生活を終えて「今まで行ったことない」『リオのカ−ニバル、クスコ、
ナスカの地上絵』などを見る、JTBの17日間のツァ−に参加しました。
 ものすごいエキサイティングな旅でした。サンパウロ、イグアスの滝、マナウス、
リオのカ−ニバル(翌年のイラクのクェ−ト侵攻に始まる,湾岸戦争のため、数年間
「カ−ニバル」は自粛したとか)のあと、ペル−に行く前にアルゼンチンのブエノス
アイレスにも2泊しました。
 ここでは、タンゴのショ−に行きその帰りに、添乗員に「南十字星」はどこにある
か?と質問しました。タンゴのショ−が終わって店を出た時でした。
しかし,指差す方向を見ても判りませんでした。
 ツァ−参加のほかの人も「良く判ったと言う人」いません。目の良い家内も判らな
いと言っていました。
 その少し後に、ニュ−ジ−ランドとシドニ−に行く、熟年の旅でも「念願の星」は
不発でした。同行のある方は夜中にホテルの屋上で眺めたが、判らなかったそうです。
 私が「南十字星」をハッキリ確認出来たのは、94年のことでした。
JALがバリ島のデンパサ−ルに直行便を飛ばす時に、最初の便に乗りバリ島で数日間
のんびり過ごしました。4月のことです。教えてもらい「確認」出来ました。
 物の本によると、『南半球で南に向かって立ってみよう。銀河の中心に位置していて、
どの星よりも明るく輝き誇る「南十字星」は、贅沢にも1等星を二つ持つ。明るい4個
の星をクロスさせれば、バランスのとれた十字ができる。
これが憧れの星「南十字星」だ。
 全部で88個ある星座の中で最も小さい星座である。』とあ書いてあります。
この文章は、この年の8月から9月にかけて、調査団に参加してブリスベンに行き、
そののホテルに置いてあるバンフレットにあったものです。
 このとき食事が済み各自部屋に戻って、私は星を眺めたくホテルの外行きました.
そこにいたホテルのガ−ドマンに「見つけ方」を教わったのでした。
 彼は自分の手のひらにボ−ルペンでこの星と、ポインタ−と言う「目印の星」を書き、
親切に教えてくれました。
 その少し前にバリ島で4月の「南十字星」を始めて眺めましたが、まだ、自信はあり
ませんでした。調査団の仲間に教えてやろうとの魂胆でした。
 大変にはずかしい話ですが、ブエノスアイレスの見えなかった時、私は「お米」の
ようなやや太った「星」と勘違いしていました。実は家内も同じ間違いをしていたそ
うです。
 バリ島で4つの星と初めて知りました。(実際には十字のクロスの下に小さい星も
あります)
 実際、オ−ストラリアとニュ−ジ−−ランドの国旗には、南十字星があります。
そして、星の数は五つです。
 ニュ−ジ−ランドのオ−クランドでのことです。夕食の後レストランから近くの
ホテルに歩いて戻りました。
仲間が「どこに南十字星があるのか?」との問いに、待ってましたとばかりに教え
ました。仲間の一人は私の話を信用せずに,通行中のの土地の人に尋ねました。
私が教えてあげたのにたのに。
 土地の方も同じだったので、私の説を信用しなかったことにテレでいましたが、
私は怒りません。
 この後、シドニ−でもこの星を十分に眺めました。東京では(プラネタリゥムの
他は)見られないからです。
 私はこの後、調査団と別れて一人で「エァ−ズロック」に行きました。
世界遺産にもなっている巨大な岩山に登りました.
 その晩に「星の観測会」のツァ−に参加しました。
暗い中を懐中電灯に導かれて、野原の中の観測地点に着きました。
ここでは、あれだけ見て覚えた「南十字星」を発見できません。
また、観測会の担当者に聞いて確認しました。
この訳は空気が澄んでいて,プラネタリウム並みの「満点の星空」で覚えた目印の
「ポインタ−」の星も、「南十字星」も多くの星に埋没して私には判りません。
私の「メッキ」は(はがれて)識別不可能だったでした。
 再びシドニ−に戻り、念願の「オペラハウス」で「椿姫」を観ましたが、幕間でも
「お別れ」としてこの星を眺め堪能しました。
 その2年後、またまたJTBのツァ−に参加して、ケ−プタウンでも「南十字星」
を眺めました。あれだけバリ島やブリスベン、シドニ−で覚えたので、容易に見つ
けること出来て、他の人に教えて一人満足したこともありました。
 しかしケニヤの野生動物ウオッチのある場所(アンセボリ)では、またまた見つ
けること出来ませんでした。
これは、エァ−ズロックの時と同じで、星の数が多すぎて判別不可能でした。
このあとの「ビクトリアの滝」でも、「南十字星」と「ニセ十字」もしっかり観測
しましたが、その後は「ご無沙汰」したままです。
(実は、この星座のそばに「ニセ十字と呼ばれる、少し大きめの十字があります)
 朝日新聞の写真の満天の星たちを見て、直ぐには見つけられず「解説つき」を
見て、やっと見つけて以前のことなどを想いだしました。
 もう一つ。94年の調査団参加の時、ブリスベンでホテルの人に「南十字星」
の見つけ方を教わったと、前述しました。
 このホテルのフリーのパンプを貰いました。この中に「南半球の夜空へのいざない」
を読みますと、天の南極(天頂のことか)を中心に「南十字星」は回転しています。
 ここでは豪州東部海岸標準時刻の午後8時における「南十字星」の「各月」ごと
の位置を示していました。私は天文に関心だけあって、知識はありません。
「南十字星」を「十」で示すと、「十の右下」に小さい星があります。
 オ−ストラリアの国旗の右の部分に5ッ目の「星」があります。
この状態は5月、6月の位置です。うまく説明しにくいが、「この十」は天の南極
を中心に一回りし、11月と12月には「十」が逆さまになります。
3月には「横の十字」に戻り5つ目の星の位置は
右上となります。朝日新聞の写真の説明の「天の川」「南十字星」でも、「十字」は
「寝て」いました。
 戦時中の軍歌に『椰子の木陰に十字星』と、この星のことがありました。
南半球にはいつの日かには行くだろうか?
 多分、もう行かないと思います。こんなこと思いながら「南十字星」についての
「知るすべて」を書きました。
「南十字星」と見、聞きすると、なにか体が私の中に変化があるみたいなのは、
私だけのことなのでしょうか?


     TOP頁「メニ−」に戻る        市川の旅の記録に戻る