2 会社人間の退職の後について

A 団塊世代の男性は会社卒業のあと 趣味に生きるとか。日経新聞の調査ではそうなっていた。

会社に全てと言ってよいくらいの生活から離脱して、何とかやっている。

趣味も幾つかやっているが、会社の仲間との会合には努めて出るようにしている。

皆もこんなものですかねえ。

B Aさんより先にこの世界に入った。私も会社人間だったので最初は戸惑ったよ。

現役の時は自分のしたいことも出来ず、我慢がまんの生活だったね。

Aさんの言っているように、リタイヤー後は「趣味・勉強など」に励んでいる人 多いはずだ。

A 今は落ち着いたが、退職直後の「ルンルン気分」は 幻みたい、自由すぎて 時間ありすぎて

 戸惑いとなって 困ったが、貴方はどうだったか聞きたいが。

B 貴方の便り見て「命令ナシ」「会議ナシ」「苦情処理ナシ」「目標管理無関係」とたぐいまれな

「幸せ気分」にドップリだったが、フト これでよいのかと「心配になった」との感覚は良く判る。

貴方は自由になりすぎたのですよ。

  私の場合。少し違っていた「宮勤め」は卒業したが、新しい制約が発生した。

それは自由業だし、自営業としての 別のストレスだった。原稿の締め切り日に追われるし、

講師としての「事前の勉強」と「講演に行く日を忘れてはいけない」など 予期しない事柄が出てきたのだ。

もしかしたら、幸せだったかも。

  お説教じみたこと、好きでないのだが、ある人にこんなこと話したことをお伝えしておこう。

ある人は定年後の自由さに本当に「満喫した」と思ったのは、たった1ヶ月の間だけだったとこぼしていた。

こんな筈ではなかったと。つまり、ハッピーの極楽から 「空しい気分」に落ち込んでしまった。

好きな図書館通いもしたし、散歩も出来たし、何不自由ナシが「おかしな気分」になってしまったと。

  これは、優先する事柄が無くなってしまったから。好きなことが何時でも出来ること   は問題です。

なにからしていいのかが決まらないこと。これがポイントです、と。

  会社からの「離脱」は 大変に大事なのですよ。役割の喪失・居場所のないこと・目標管理ナシは

目標の喪失・ボナースと月給の無いこと・今までの友達との別れ・ステイタスの喪失・要するに

「アイデンテティ」の喪失などなど。会社という「ぬるま湯」(表現は良くないが)から出てしまった。 

A 家内との関係だか、やたらうるさくなったみたいだし、あちらのペースに合わせるのもストレス

に感じるが 先輩は如何?私の在宅が嫌なのかとも考えてしまうが、ライフプランの先生 

家庭の中での老夫婦の関係など、どのようにしてます?

B 言われることは判る気がするよ。このホームページ見て、おせっかいな人が【貴方のご主人、

妻の悪口言っていた】と「告げ口」されたくは無い。しかし、本当のこと話す。

二人で(観劇など)外出する場合に、感じることがある。時間の感覚が勤め人の体験が無いためか

甘いようだ。

出かけるのにお化粧が長いこと。出かける間際にかかってきた電話に丁寧に応答している

(よしてくれ、時間を考えよ)と怒鳴りたい。

要するに、「開演の時間までに劇場に到着すればよいのでしょう」と。

 これは個人差もアリとも考えるが、私は勤め人の「さが」を引きずっている つまり、「目標管理」

で一度決めたことを守りたい。小さなことだが、決めたことにこだわっているのか。

楽しかるべき観劇で 喧嘩もつまらないしそのままにしている。諦めるか。

  所詮、育ちも生活環境も違う女性と結婚したのだから、どこか あわないこともある筈と達観することにしている。

A 貴方はホーム頁の中で「夫婦の関係について」(働いている時とリタイヤー後)で書いているが、

定年後の夫婦関係 「自信あり」ですか。そのコツは?

B すごいこと聞くね。時々家内からこんなこと言われている始末だよ。
『貴方!これでも「ライフプランの先生ですか!」

って』ね。家内の痛烈な批判だよね。ほかも「そうだ」

 との話も聞くが、年取ると夫婦はお互いに「貶し合う」とか。

判らないのは家内のこと。夫婦って何時も同じ家の中にいるのです。飽きもあるはず。

お互いを尊重して 無理してでも「理解しあう」努力の積み重ねと思っているんだよ。

 「ほめ殺し」は悪い言葉です。しかし「小さくても良いことは褒めることは」良いことと思っています。

  長くも無い人生。喧嘩はつまらないこと。シェクスビァが言っているという(どの場面であるのか判らない・

・知っている人あれば教えてください)面白い言葉を見つけました。はれは、【この世の中に 幸せも 不幸も

 ない。 ただ、幸せと思っている人が幸せで、不幸だと思っている人が不幸になるだけだ。 

だつたら、「幸せと」思ったほうがよい】と。

  人生の達人みたいなこと 言ったかも。短い人生の中 少しでも風波立たないようにお互いに努力しましょう。

壊れる時は一気に壊れるのですから。明るく前向きに行きましょう。ライフプラン問題は難しい事柄ですね。

たかがライフブラン されどライフブラン。 

       TOP頁に戻る           Aさん Bさん の 対話 に戻る