◎ 櫻が教えた人生設計!

 50歳台になったある朝の「変わった」体験を鮮明に覚えています。その時まで全く思った事もないことに気づい
たのです。結論から言うと「桜の花」が私に「これからのこと」を教えてくれたのでした。
 満開が過ぎて花びらは散っていました。チラチラと散りつつあり、寒い北風はまた花びらを散らしていました。
急に花冷えとなり首筋に冷たさを感じる、通勤のため自宅の傍のバス停で始発のバスを待っていた時でした。
 車道の端には櫻の花びらが白くたまって、車の後を追うように花びらは車の後を1米ほど追っかけていました。
満開になる前は暖かったので、首をすぼめて今日は寒いなあと、不満でした。
 しかし、「チラット考え」ました。「待てよ」あと、何回「桜の花を眺める事ができるのかと」。その途端、寒いな
んて言っていられない。「これは大変だ」もうじきに55歳の定年の時がくる。うかうかできない。
 桜の花を眺める回数はそんなにないのだと。早稲田に通っていた時も、新入社員時代も、四日市に転勤し、社宅傍の
櫻を眺めても、全く考えていなかった。「櫻をあと何回見ること可能か?」と気にしたこともなかったのに。
 どうした成り行きか、「自分のこれからのこと」を「この時」ハタと思い浮かべました。
日本人は櫻が好きで、花の便りを聞くと「そはそは」してしまうと、聞いていますし、自分でもその通りと認めます。
 人は自分の寿命を事前に知る事は出来ません。しかし、「平均寿命」「平均余命」とかの言葉は知っています。これ
は「ライフプラン・セミナ−」のコンダクタ−コ−スを受講したので知りました。この時、自分の定年後の人生設計を
紙の上に書きました。体験した事のない事柄ですし、年金の額も良く判らないので、かなりのアバウトの内容でした。
 何時の日にか迎える凡その事を紙の上に記入しただけのことでした。漠然とした見通しだったのです。
それなのに、花冷えのこの日、「おまえさん、人の命は限りの有るものだよ」と散りつつある桜の花びらから、注意さ
れたと思いました。80歳まで生きると仮定して、あと30回だけ。
 当時は60歳の男性の平均余命は20年位で、60歳以降はおよそ20年は生存できると漠然と考えていました。
今、72歳となって、その時の基準では残りの時間は8年間となります。
 中国で猛威の重症急性呼吸器症候群(SARS)や交通事故、更に気違い将軍様の「テポドン」など、予期せぬアク
シデントが全く無いとは断言できません。この世の中、将来を正確に予測できません。判る範囲で見極めるだけです。
 さて、「あとどれだけ桜の花に対面できるのか」つまり、【あとどれだけ生きられるのか】という これからの人生
計画を頭に叩き込んだ後、私たち夫婦は「私たちのライフプラン(人生計画)」を16年前に作成しました。
自宅で作ったのではありません。会社のライフプラン・セミナ−で他の参加者と共に作りました。夫婦喧嘩したら参加
者の笑いものになるので、お互いに我慢しての作成でした。10年ほど後にこの計画を二人で{検証」しました。
 このホ−ムペ−ジの最初のほうの「ライフプランニングコ−ナ−」に「実物」を公開しています。(こちらをクリ
ック
)で見ることできます。
全て上手く言ったとは言えません。「地域」はダメでした。「仕事」「経済」は良い線をいっていました。「余暇」は
ピアノはやっていません。海外旅行は完璧でした。「健康」「家族」はまあまあです。「相手の立場を考える」即ち
ケンカはしないにお互い留意しました。「その他」の写真の整理は全滅です。当時はワ−プロでしたが、今はパソコ
ンの勉強と16年前と事情は大分変化していました。
 大阪に住む友達から、70歳以降のプランを作って公開したらとの助言を受けました。
おだてに弱い私です。本気になって先日、自宅でなく別の場所で、二人真面目に「話し合い」ました。少しケンカに近
いこともありました。これ、予想した事でして、大きくならないようにしました。いずれ、出来ればお見せします。
 ただ、平成の大不況です。事態は流動的です。公的年金などもチョット危なくなってきました。
あと、どの程度、櫻を見ること可能か。「いくつまで生きられるのか」を教えてくれた「櫻」に感謝・感謝です。

        最初に戻る           市川の想い 戻る