1 年金分割って なぁに(?)

A 最近友達の間で【離婚時の年金分割】について、話題になってきている。離婚すると
「年金も分割可能」
とか(?)これ、何ですか。とても気になることですよね。伺いましょうか。

B うん。確かに話題になりつつある。これは、【夫婦の年金の『別れ方』】のことですよ。

 04年(平成16年)の年金法改正で、「離婚の後に夫の年金の一部を分割して貰えることになった」
 のだよ。

A 一体全体 何故 こんなことになったのか。この底流は何か。

B 以前から専業主婦が離婚した場合の「年金水準の低さ」が問題になっていた。
 議員さんたちは年金問題など、
何処かに飛んでいってしまったみたい
(年金の改革は棚上げの状態です。マニフェストは何だったのか?)

だか、前回の改正の一つになっていたものです。ただ、実施が直ぐでなくて、時間を置いたのだ。
つまり、
2007年と2008年からスタートするんだ。
このために、今頃少し話題になってきたのさ。

B 貴方のホームページに出ていますか。

A いゃ。出ていない。その訳は 制度が複雑で自分自身もっと調べる必要があるからさ。

言いにくいが、そんな気配がありそうなのか?

B いまのところ なんとかやっているから大丈夫だ。しかし、昔の仲間との一杯の時に
「話題」になった。

また、週刊誌などで「平成**年4月以降に離婚すれば半分貰える」なんてあったので 
気になるではないか。本当?

A 年金の制度は複雑な上に 最近は年金の相談で社会保険事務所は混雑している.
「人生の大きなアイテム」である、

「離婚問題」も絡んで、さらに更に複雑になってしまったのだ。

 とにかく、年金の窓口で民法の弁護士さんの分野まで「関係する」のだから「相談の窓口」

は大変だと思うよ。

 朝日新聞の2005年7月3日の9頁に『夫婦の年金の「別れ方」』・・離婚したら夫の年金を
妻に分割できる
ようになります。年金額はどう変わるのでしょう。なとの解説の記事もありました。

B 熟年離婚の増加の時代で、この改正で「離婚を奨励しているのか」と疑いたくなるが。

A 改正の論議の時から、この件は問題になっていた。細かく話す前に私から結論めいたことを
お知らせします。

2段階に分けての実施で、改正案の実施は前に話したように、平成19年4月以後の離婚です。

「どうせ離婚するなら その後で・・・」なんて冗談も言われているのも事実です。
しかし、一部の「誤った噂に
翻弄されない」ことです。

 見出しで「離婚と年金:離婚したい方は、あと2年待ちなさい・・」なんて見ますが、
どうでしょうか。

改正の前に離婚したら年金の分割は無しです。

人生いろいろ。夫婦もいろいろ です。この改正で「離婚しやすくなる」みたいですが、
年金の分割となると、
一人当たりの受け取りも大した金額ではないことも現実です。

ライフプランから考えて、「もしも・・」の時という経済の面から考えなおすなど、お互いの
立場を「認め合う契機」
になれば、とも考えますが。
 どうでしょう。お説教する気は無いがね。

硬いことだが、概要は次のとおりです。個人単位の年金でしたが、「婚姻期間の保険料は
夫と共同で納めた」
とみなして、将来の年金を計算しよう、
 がこの年金分割です。19年4月からの適用です。これより以前の離婚
は対象外です。
分割は夫婦の話し合いで決めます。合意なし場合は、家庭裁判所に申し立てて決めます。

また、20年4月以降の第3号被保険者期間については、合意が無くとも自動的に半分に分割されます。

しかし、それより前の期間や第3号被保険者以外の期間については、話し合いで決めてもらうこと
になります。

年金分割というと半分貰えて得するように聞こえますが、貰えるのは婚姻期間中に支払った保険料
に対応する
夫婦合計の年金額の半分(最大)です。

また、離婚しますと 当然、夫の税金のかからない「遺族厚生年金」などはナシです。

いろいろと現在のわかる範囲で説明していますが、間違っては無いはずですが更に調べます。

ただ、マスコミの“あおるような”情報に惑わされず、慎重に考えてください。

このことをキッカケに夫婦のライフプランを考え直すのも「如何ですか」お疲れ様でした。

もう一つ。私も同じ年頃の仲間から「このこと」説明してくれと頼まれています。面倒だし断る
口実として、
こんなこと 言いました。夫婦仲悪くても、夫の遺族年金は「かなりの金額だ」
しかし、旦那の生存中の方が多額であると(知らせよ)と。年金の分割は
「お年より向きの問題」
でなくて、今の「若い世代の問題だ。

サラリーマンと専業主婦の場合で、2018年4月に離婚した場合は10年間分が対象となり、

それ以前の結婚期間は「任意分割」の対象となる。

老人向きのことでないと。

Bさん 話題の件 これでどうですか?いろいろ検討すべきこと ありそうです。 

      TOP頁「メニュー」に戻る       Aさん Bさん の 対話 に戻る