年金の Q and A の 1

 

      ➀ 会社員です。法律改正で「妻の年金制度は どのように?」

 

 Q 現在67歳で会社に勤めています。14年の4月から厚生年金に加入することになりました。

12年の改正で今年の4月からスタ−トしたようです。)

   58歳の妻がいます。今まで国民年金の第1号被保険者でした。私の厚生年金の加入で、妻は第3

   号被保険者になれますか?

 

 

 

A 夫が老齢年金の「受給資格」が「ない」の場合のみ 「第3号被保険者」 になれます。

 

    夫が「老齢給付」の「受給資格」「あり」の場合、妻は国民年金の第1号被保険者のままです。 

 

 ⇒ 12年の改正で1441日から適用事業所に使用される、70歳未満の人は厚生年金の

被保険者となりました。(3月までは満65歳以上の会社員は厚生年金の被保険者でなかった)

 

   △ 国民年金の区分は次の通りです。 

@        日本国内に住む20歳以上60歳未満の者を 「第1号」と言う。(次の@とAに該当しない者)

A        厚生年金・共済組合等(被用者年金)の 被保険者 を「第2号」と言う。

B        20歳以上60歳未満の「第2号」の 被扶養配偶者「を第3号」と言う。

ただし、65歳以上の厚生年金の被保険者で、「老齢または退職を支給事由」とする年金 

(老齢給付と言う)の受給資格がある人は、国民年金の 「第2号」とならない。

 

このため、65歳以上で厚生年金の被保険者の被扶養配偶者は、「夫」――(つまり、厚生年

金の被保険者)が、老齢給付の受給資格が「ない」時だけ 「第3号被保険者」になれます。

 

貴方の妻は、1号被保険者です。1441日に 厚生年金に加入する貴方自身の、老齢給

付の受給資格の「有無」で扱いが違うことになります。

 

質問者の受給資格が「ない」時は、厚生年金の被保険者であると同時に、国民年金の「第2号被保

険者」とされるため、妻は「第1号被保険者」から「第3号被保険者」に種別が変わることになります。

(種別変更の届出が必要です)

 

夫が年金の受給資格資格「あり」の時は、国民年金の「第2号被保険者」とされないため、妻は国民

年金の「第1号」のままです。(手続きの必要はありません)

 

 

 

                年金の Q and A   の 2

   ・「繰り下げ受給」を選択した人の年金は?

 Q 私は昭和11年9月生まれです。幸い、まだ働くことができます。今年の4月から年金法の

改正があったとか? 何時決まったのですか?私にとって、どのように変わるのですか?

私は厚生年金の加入期間が37年間くらいです。年金に詳しい知人から65歳時に「繰り下げ受給」

できると聞き、「1年間の繰り下げ」を選択しました。この場合、どのようになるのですか?

 

 A 平成14年4月1日から、60歳代後半の「働き方」に影響ある年金法の改正が実施されました。

   世間であまり話題になっていない事柄でした。実は平成12年の3月末に成立し、すぐ、4月1日から

施行されたものです。

 

   時間をずらしての実施です。

@ いままでは65歳で厚生年金の加入は卒業でした。⇒今年の4月からは70歳になるまで

    厚生年金に加入することになりました。(ただし、働いている事業所で健康保険に加入している正規

の従業員の場合) つまり、給与を受け取るかぎり、70歳まで保険料を支払うことに変わりました。

A         いままでは65歳までであった在職老齢年金の範囲も70歳までに延長されました。

これは、厚生年金の受給者が給与所得者のとき、給与額に応じて老齢基礎年金に上積みされる老齢厚

生年金を一定の割合でカットします。この場合、老齢基礎年金の部分は100%受けられます。

 

つまり、今年の3月までは、65歳を過ぎれば、給与所得の多寡に関わらず老齢厚生年金を100%受け

取れましたが、4月から再び厚生年金に加入し、保険料を負担します。

また、月収が多い場合は新しい在職老齢年金の取り決めに従うことになりました。 

   

   「厚生年金の繰り下げ」は今回の改正で廃止になりました。しかし、経過の措置があって、昭和12年4月1日

生まれまでの人は、本人が希望すれば「繰り下げ」は出来ます。

貴方は65歳の時に請求をせず、「1年間の繰り下げ」を選択しました。

 

   貴方の場合、66歳からブラス12%の年金を貰いながら、厚生年金に再び加入します。

再加入の分は増加せず100%の年金を退職した後に受け取ることになります。

 

          最初に戻る        年金 Q & A 集