年金の Q and A 6 

     ・物価スライドの制度とは。スライド幅は△1.7%ですか? 

Q そもそも「物価スライド」って何ですか? 今年は△0.6%の見込みの筈ですが。
   

A 物価スライドの制度はインフレによる年金額の「目減り」を防止するために、前年
  の消費者物価指数の変動にあわせて、次の年の4月から年金額を改定する制度
  です。以前はCPIの変動が一定以下の時には、議員立法で特例として国会で審議
  されました。しかし、その時の与野党のネジレから「変更」の実施がかなり遅れたこ
  ともあり、「自働物価スライド制」に変わりました。
  このところ、わが国の経済は不況のどん底です。デフレの状態が続き、消費者物価
  は昨年まで3年連続で合計1.7%下落しました。
  よって、法律とおりの規定によれば、年金額も1.7%減額されていた筈です。
  厚生労働省のモデル年金(夫が厚生年金に40年加入、妻は専業主婦の場合)は
  夫婦合わせて月額23万8000円です。もしも、物価スライドが実施されていたら、今
  年度の年金額は4000円ほど少なかった計算になります。
  (夫婦共に自営業者の場合は二人で2000円の減少と見込まれています)

  1999年から3年続けて物価スライドの実施を凍結(特例法を作り)しました。このわけ
  は「高齢者が消費を手控えて景気の悪化のキッカケなりかねない」との判断でした。
  物価が下落する中で年金額を据え置くことは、実は給付水準の引き上げと同じことで
  す。この分の負担は現役世代に転嫁されることになります。現役世代がリストラや賃
  下げなどの厳しい状況にあり、「世代間の不公平」観が増幅されそうです。

  物価の下落は今も続いており、政府の見通しでは、今年度の消費者物価はマイナス
  0.6%と予想されています。物価が下がれば法律どおり、年金額も引き下げることは
  やむを得ないことと思います。
   
      最初に戻る            年金 Q & A 集