年金の Q  and  A   5

       ・ 年金受給者の年金が減る?−−物価スライドって何?−−

Q  私は昭和7年2月生まれで厚生年金を受給しています。私たちにとり、心配なこと
   が報道されています。11月10日の朝日新聞に竹中大臣を支えるプロジェクトチ−
  ムのメンバ−の一人、木村剛氏が「激辛講演」した事が出ていました。
  「銀行を信用するのは難しい。家族と財産は自分で守れ」のタイトルでした。
  「年金は破綻している。家族と財産は自分で守るしかない」と。
年金は減らされる
  ことになりますか。
「物価スライト゛」で減額ありとの噂もありますが。

A 金融庁の「金融分野緊急対策戦略プロジエクトチ−ム」の一員で、経営コンサルテイ
  ング会社社長の木村剛さんの講演はTVや新聞などで大きく取り上げられていました。
  この講演は「個人投資家向けイベント」で持ち前の「激辛講演」をしたものです。
  少子化の影響、予定金利以下の運用、不況での賃金の低下傾向など、以前の右肩上が
  りの経済と状況が激変しています。
  5年に一度の年金制度の改正は、2004年を控えて年金審議会で審議している最中
  です。2002年11月半ばに「たたき台の案」が提示される予定でしたが、未だ公
  表されていません。
  日本経済新聞の報道は次のようです。【厚生労働省は2004年に予定する次期年金
  制度改革のための検討材料として、保険料に一定上限を設けた場合の給付額の変化な
  ど複数の試算をまとめる。厚生年金の場合、サラリ−マンの年収の20%(これを労
  使折半、現在は年収換算で13.58%)を上限とすると、
将来は年金が1割以上削
  減される場合が出る。

  厚生労働省は次期改革で
保険料上限を固定し、計画より少子化が進むことなどで財政
  が悪化した場合には、年金給付額を削って調整する方式を導入する考え。

  将来の負担限度を明確にして
若年世代の不安を和らげる考えのが狙い。
  貴方はこのような報道を見て「年金額の減ること」を心配しているのだと思います。
  今年の夏ごろから、
「スェ−デン方式」の名前で、今の制度=「確定給付制度」から
  支払う保険料を固定し年金支給額が変動する制度=「確定拠出制度」に変えるべく
  動いていました。企業年金を日本版の401kの制度に変えて「確定拠出制度」にし
  ました。今度は「確定給付制度」であつた、公的年金を「確定拠出制度」にしよと言
  うのです。しかし、細かいことはもう少し後に出て来る筈です。
  「物価スライド」について説明します。
「物価スライド」は法律で決まっています。
  インフレによる年金額の目減りを防ぐために、前年の消費者物価指数の変動に合わ
  せて毎年4月に年金額を改正する制度です。
このところ、デフレのため昨年まで3
  年連続で合計1.7%も下落しました。本来のル−ルなら年金は1.7%下がって
  いた筈です。
本来なら下げるのに、高齢者のためにと、3年続けて据え置いていた
  のでした。このため、年金受給者へ批判が高まっていました。
  
        最初に戻る        年金 Q & A 集