年金の Q and A 23


  私はドイツに赴任したことがあります.年金協定ができたとか?

Q 最近ドイツとの年金協定できたと友達からききました.
  会社の海外赴任で足掛け5年ハンブルグにいました.私の国内の厚生年金との関係
  はどのようになっているのですか?ドイツからも年金貰えますか?

A ドイツや英国,アメリカなどいくつかの国と「年金協定」が出来ました.
  貴方の正式な滞在期間は54ヶ月とのことです.(足掛け5年では判断が出来ず,正式な
  滞在期間を確認した)
  ドイツの必要な受給資格期間は5年ですので,貴方はドイツでの資格はナシです.
  さて,心配のことは「日本の厚生年金」の期間との関係でしたね.
  ご安心ください.会社は海外赴任の場合に普通は国内の年金と赴任先の年金とダブッテ
  保険料を支払っています.会社によるかも知れませんが,多くの会社はそうしています.
  もう既に厚生年金を貰っているそうですが,調べてみると,日本国内での「期間の空白」は
  無いとのことでした.お住まいの社会保険事務所で貴方が調べた加入の期間は貴方の
  在職期間と同じです.(正式には1ヶ月少ないのが普通です.これは入社の月の翌月
  からの徴収のためです)
  
  また,質問は年金の協定は何故出来たかでしたね.簡単です.会社は日本国内と赴任先
  との両方の社会保険料を負担しています.この二重負担の解消です.

  また,海外の赴任期間の長い人は厚生年金の他に赴任先の国の「年金」を頂いている
  人もいます.赴任先の国により多少の損得は有るかもしれません.

  05年10月に米国との社会保障協定が発効しました.赴任したが米国での年金の受給
  資格を満たした無い人も,「道」ガ開かれています.


     TOP「メニュー」に戻る              年金 Q & A 集