年金の Q and A 22

Q 国会議員の議員年金って 「有利なもの」と聞きました.国民の批判もあって,やめるとか?

A 加入者が国会議員だけで構成される年金制度です.議員に限って加入できる年金制度です.
  国会議員互助年金法に基ずき制度化されています.国会議員として10年間在職することが
  議員年金を受給できる要件です.この条件を満たすと引退後には,少なくとも年額412万円
  (10年在職の場合)の議員年金を受けられます.
  
  この議員年金を支えるための国庫負担の割合が,国民の批判を浴びています.
  私たちの国民年金・厚生年金などの公的年金の国庫負担率は現在33%です.これを
  将来は2分の1の水準に引き上げること自体が,なかにかモメでいて実現の見通しは暗いのが
  今の有様です.また,前の選挙で【マニフェスト】として公約したのに,『公的年金の改革』はたな晒し
  です.何も進んでおりません.
  批判は,私たちの公的年金の国庫負担よりも【大幅に厚遇されている】ことです.
  現在この制度のための国庫負担率は 73% です.

  先の選挙で この制度の「見直し」が検討されました.両院の議長の諮問機関「国会議員の互助年金
  等に関する調査会」は負担率を50%程度に引き下げるなどの新しい案を答申したが,反対もあり
  そのままで 国民の批判がさめる時期を待っているみたいです.
  多分,何も「手」を打つことなく,そのままとなりそうです.

  怒っても 空しさのみ 残ります.一度手にした「特権」は 手放したくないのでしょう.
  私のHPの TOP頁 「メニュー」の 4番目に 「04年改革は?」があります.赤いバラがあるところ
  です.ここにも,多分,批判をかわすために「茶番劇」として 反省の形だけを示そうと 「つくろった」
  見たいと 書きました.残念ですが 議員さんでも 「不利」なことは 避けるのでしょう.



      TOP頁の「メニュー」に戻る        年金 Q & A 集