年金の Q and A 19

    専業主婦が夫を亡くした時の遺族年金の取り扱いが変わる?

 Q 04年の年金改正で【遺族の取り扱い】が変わると聞きました。
   どのような内容ですか?

 A 遺族年金の改正について、次が変わる予定です(国会の審議を経てのこと)
   一つは、自らの老齢厚生年金を全額受給した上で、従来の遺族給付との差額を
   遺族厚生年金として支給する仕組みに改めることです。(これは気分の問題で
   年金額は全く変わりません)よって、二つ目の子のない30歳未満の遺族配偶者
   は遺族厚生年金を5年間の有期給付とすること。
   三番目の中高齢寡婦加算の支給対象については、夫死亡時40歳以上とすること
   です。
  
   専業主婦が会社員の夫を亡くした時、
現在は次のようになっています。
   「妻」の収入の制限があります。妻の年収が850万円未満なら、亡くなった夫の
   厚生年金(報酬比例部分)の四分の三が遺族厚生年金の額です。
    亡くなった夫が若くて、厚生年金の加入期間が25年未満の場合は、25年の加入
   とみなされます。給付は妻の年齢に関係なく「遺族厚生年金」が支給されます。
   打ち切りになるのは、妻が再婚した時だけです。
    夫死亡時に 
妻が 35歳以上ならば、40歳から 「中高齢寡婦加算」
   支給されています。

   
改正案では 2007年4月から次のように変わります。
   @夫死亡時に 
妻が 30歳未満で子供がいない場合。
    
夫死亡時から5年間の「有期給付」に。子供いる場合は子供18歳まで遺族厚生年
    金が受けられる。子供の18歳時点で妻が30歳以上なら、今まで通り終身の支給。
   A夫死亡時に 妻が 30歳以上の場合 遺族厚生年金を支給。
   B夫死亡時に 
妻が 40歳以上の場合 中高齢寡婦加算を支給
    尚、この場合妻が65歳になると自分の基礎年金が受けられるので、「中高齢寡婦
    加算」はなくなります。

   『見直し案』を図で示すと次のようになります。


      TOP頁の「メニュ−」に戻る        年金 Q & A 集