年金の Q and A 18 

Q 今年も物価の下落のために4月から年金額が「下がるらしいとのこと」
聞きました。このあたりのこと教えて下さい。

A 2003年のCPI(消費者物価指数)は4年連続の「下落」でした。
 前年に比べ0.3%下がったので0.3%の「年金減額」になります。

 04年4月分からです。受給者全員が対象です。年金の支給は2月分まとめ
て支給されます。6月に振り込まれる「4.5月分」から適用されます。

総務省が1月30日公表した03年の下落に連動したものです。
約3000万人の年金受給者か対象です。これは、公務員も私学共済の人も同
じです。

 具体的には、次のようになります。モデルのサラリ−マンが加入する厚生年金
(40年加入の夫と無職の妻)は、月235.992円がマイナス734円で、235.2
58円になります。
 国民年金(夫婦二人満額支給)は、月132.416円が418円減って132.416円
になります

 スライド率は0.988です。国民年金の満額は794.500円(月額は66.208
円)です。
 くどいようですが、公的年金は、前年(1月〜12月)の物価の上下に応じて自動
的に年金額を改定する「物価スライド制」をとっています。この実施は翌年の4月か
らです。私のホ−ム頁の【年金 Q & A 8 】には1年前の物価のスライドに
よる「年金減額」がでています。前が0.9%でしたので、今年はその1/3です。
00年から02年の3年間は、景気や高齢者の生活に配慮して「マイナス改定」を凍
結して「単年度だけ」の引き下げでした。今回も03年の「下落分」だけです。
  
 このためにTOP頁の中ほどにある【年金経過措置一覧表】も「書き直し」をし
ます。
 正確を期するために、多少の時間を頂きます。年金の制度は複雑です。
市川はそんな中でも「年金の制度を判りやすく」をモット−としています。
 以前に「読売新聞の年金欄」を担当したことありました。その時「肌で」感じまし
た。また、この【年金経過措置一覧表】をドシドシお使いください。
コピ−してもかまいません。他のホ−ムペ−ジでは、「利用する時は」許可をえて
から とか 記載されています。
 市川はそんなこと言いません。活用して下さい。印刷して配布してもOKです。

   TOP頁の「メニュ−」に戻る      年金 Q & A 集