年金の Q and A 17

Q 私は30歳台後半です。残念ですが会社の都合で勤めをやめさせ
られました。国民年金の保険料は払えません。聞けば「免除の制度」が
あるそうです。教えてください。

A 国民年金保険料の未納率が4割近くにもなり,制度の「空洞化」が深
刻化しています。ご存じの通り,年金を貰う資格の期間は25年以上です。
この期間には免除期間も算入されます。年金の給付額は,免除期間分として
本来貰えるはずだつた額の三分の二(半額免除者)または三分の一(全額免
除者)だけが反映されます。
 免除の際の所得金額の上限は,扶養者の数・年齢などで変わります。また,
災害などにも適用されますので,市町村役場に行って相談してください。
 国民年金の「空洞化」を避けるために,厚生労働省は今度の改正で,免除
の方法を現在以上に小刻みにする制度の導入を打ち出しています。
 現在の制度に加えて「四分の一」「四分の三」の免除を設けるようです。
保険料が免除されすと年金額も減額されます。現在,国民年金(基礎年金)
の三分の一は国庫負担で賄われており,40年間全額免除の人は,満額の
三分の一にあたる約22000円が,40年間半額免除の人は約44000円
となります。今,もめている国庫負担が二分の一になると,全額免除で約
33000円に,半額免除で約50000円になります。
新設されたら四分の一免除で約58000円,四分の三免除で約41000円
になるはずです。


   TOP頁の「メニュ−」に戻る   年金 Q & A 集