年金の Q and A 16

Q 私は66歳になったばかりです。厚生年金を受けていますが健康でもあり、且つ妻が家にゴロゴロ
 していることに反対。勤めたらと言います。幸い友達が手伝ってほしいとのことで、再就職しました。
 その心は、56歳の妻が第三号にもなれ、『得』との判断でした。しかし、妻は第一号のままです。
 何故でしょうか? 厚生年金に入っている人の妻は「第三号」のはず。 納得いきません。

A この質問は多いのです。厚生年金の被保険者(第二号と言う)の妻は国民年金の第三号被保険者にな
 ります。年金法の改正で、65歳以上での再就職では厚生年金の保険料を支払います。ならば、60歳
 未満の妻は第三号になれるはずだとの考えは普通です。
  ご疑問は当たり前のことですが、平成12年の年金法の改正で変わりました。
 
 この件はこのホ−ムペ−ジの 『年金の Q & A 集』の「1」でも説明してあります。ここで、
 改めて再度解説します。厚生年金の被保険者の適用年齢は70歳に達するまでと変わりました。
 65歳以上の厚生年金の被保険者については、老齢基礎年金が原則として支給されます。これとの調整
 を図ると言う趣旨から国民年金の被保険者としないことにしたのです。(国民年金法附則第三条=被保険
 者の資格の特例)

  ただし、老齢基礎年金の受給資格がない時は、65歳以降も第二号被保険者となります。

      国民年金の区分は次の通り

   @ 日本国内に住む20歳以上60歳未満のものを「第一号」と言う。(次の@とAに該当しない者)
   A 厚生年金・共済組合等(被用者年金)の被保険者を「第二号」と言う。
   B 20歳以上60歳未満の「第二号」の被扶養配偶者を「第三号」と言う。

 この附則第三条の「特例」のために、質問者は第二号被保険者とならないのです。と言うことは、貴方の奥様は
「第三号」になれず、「第一号」被保険者のままとなります。

     Top頁の「メニュ−」に戻る          年金 Q & A 集