年金の Q & A 15

Q 私は昭和13年7月15日生まれです。厚生年金を貰えますがまだ非常勤で努めており
  年金は貰っていません。そろそろ辞めるつもりです。
  質問したいことは、先輩で厚生年金を65歳で受けずに、1年待ってプラス12%の「繰り下げ」
  をした方の話を聞いた事がありました。私も先輩の例にならって、「繰り下げ」請求した
  のです。この方法を教えて下さい。


A 残念です。貴方は老齢厚生年金の「繰り下げ」請求はできません。この訳は次の通りです。
  前回の改正で決まったのです。平成14年4月から厚生年金に加入できる年齢が65歳から69歳
  に引き揚げられました。そのため「老齢厚生年金」の「繰り下げ」支給はできなくなりました。
  
  ただし、生年月日が昭和12年4月1日生まれまでの人は、経過措置として「この繰り下げ」は
  できることになっています。貴方の生年月日から見て、残念ですが当てはまりません。
  
 

  なお、「繰り下げ」できるのは「老齢基礎年金」だけとなりましたが、「繰り下げ支給率」が
  変わりました。国民年金だけの方で「昭和16年4月1日生まれ」の方と「昭和16年4月2日生まれ」
  の方とは「繰上げ」「繰り下げ」支給率が違います。
  

 繰上げ支給 昭和16年4月1日以前の人 昭和16年4月2日以降の人
60歳支給 58% 70%
61歳支給 65% 76%
62歳支給 72% 82%
63歳支給 80% 88%
64歳支給 89% 94%

          (注) 65歳支給は100%の支給です 

繰り下げ支給 昭和16年4月1日以前の人 昭和16年4月2日以降の人
66歳支給 112% 108.4%
67歳支給 126% 116.8%
68歳支給 143% 125.2%
69歳支給 164% 133.6%
70歳支給 188% 142.0%

 
    昭和16年4月2日以降に生まれたの人「繰上げ」「繰り下げ」の支給率はこのように
    変わりましたが、さらに、「請求した月」で支給率が変わるようになりました。
    と言う事は、支給率の「刻み方」が「月が単位」になったと言う事です。

   

年金について 判らない事があったら、年金に詳しい人に「聞く事」をお勧めします。

      Top頁の「メニュ−」に戻る        年金 Q & A 集に戻る