年金の Q & A  14

Q 政府税制調査会で今、税制の改正問題が行われています。
  新聞などのニュ−スでは「年金について」の暗いと言うか 良くない報道が
  このところ多くなってきました。遺族年金は今まではは「非課税」でした。
  これからは「課税」の方向とのことです。本当ですか。

A 少子・高齢社会となりました。保険料を負担する現役の人は将来「年金を受け
  られるか」との心配と不信感を持っています。更に泥沼の不況のための雇用調整で
  保険料を負担する人(被保険者)が減少しています。
  5年に一度の年金改正の時期も迫り、年金改革の論議は花盛りです。
  こんな中で、このままでは年金制度は成り立たないと、受給者の年金水準を引き下
  げろ---との強い意見が財務省あたりから出てきました。
  年よりは一概に「弱者」ではない。優雅に暮らしている人も居ると、「公的年金控除」
  の見直しが叫ばれています。
  もう一つはご質問の「遺族年金の課税」の問題です。
  「年金実務」の第1541号のズ−ム・アップにこんな事が載っていました。
【老齢転びの】
  という文字です。お年よりは動作も遅くなり「転ぶこと」も多くなります。老年者でよく言わ
  れる@義理をカケ A転ぶな B風邪引くな の「転ぶ」でなく、年金関係の人の特殊な
  用語のようです。
【老年年金転びの遺族年金】と表現した方が判り易いのです。
  日本の年金制度が出来てから、障害年金、遺族年金は非課税です。困窮している人への福
  祉としての、優遇措置で当然な事と考えられてきました。この種のご不幸な名称から非課税
  は当たり前と思っていたのですが、遺族年金は少しズレて来ています。
  実は、制度の発足時は被保険者の在職中の死亡で、その遺族への所得の保障がメインであ
  った。その後
老齢年金の受給者の死亡を原因とする遺族年金が大勢を占めている
  かつ、男女の平均寿命の「差」も拡がっている。これを「老齢転びの遺族年金」と言うらし
  い。この老齢転びの遺族年金は、
受け取る未亡人にとっては「老齢年金」です。
  どれほど貰うのかと言うと、受給者本人の「基礎年金」と、未亡人の遺族年金としての「老
  齢厚生年金」の4分の3の額が支給される。1人で非課税で受け取れるので、ある程度の額
  となり、コレでよいのかとの意見が起こったようです。外国では課税の例もあって、
本来の「在
  職中の死亡による遺族年金と区別すべし」
に発展したようです。

       Top頁の「メニュ-」に戻る        年金 Q & A 集に戻る