年金の Q and A  12

Q この4月から「総報酬制」が始まりました。何時も思う事ですが、年金の制度は
 複雑です。聞きかじりですが、この新しい制度で「更に複雑に」なったと言われています。
 新しい年金の計算の「やり方」などを簡単に教えて下さい。

A おっしゃるとおりです。何故、「総報酬制」が導入されたかなどは「Q and A の 11」
 で解説しました。新しく変更になった老齢厚生年金額(報酬比例部分)の計算式は次の
 ようになります。このHPの年金のコ−ナ−で、従前保証額と5%適正化の二つの計算
 式がありました。この二つの上に、「総報酬制度の以前のもの」と「総報酬制度以降のも
 の」の二つに分けて計算【期間と料率】します。計算の式はこのため【複雑に】なりました。

 ●従前額保証の計算
  報酬比例部分=総報酬制実施前の期間分
平成15年3月まで+ 総報酬制実施後の
            期間分
平成15年4月から
 ○5%適正化の計算(本来の計算)
  報酬比例部分=総報酬制実施前の期間分
平成15年3月まで+ 総報酬制実施後の
            期間分
平成15年4月から

 
生年月日が昭和21年4月2日の人の場合●従前額保証の計算の時

       平均標準
報酬月額×7.5/1000×被保険者月数(平成15年3月まで)×1.031

 たすことの
       平均標準
報酬額×5.769/1000×被保険者月数(平成15年4月以降)×1.031
 となります。

 ここ使う「報酬比例部分の乗率」は 市川のホ−ムペ−ジの トップ・頁中ほどにある「年金
 経過措置一覧表」を御覧下さい。新しい表に差し替えます
  

           最初に戻る           年金 Q & A 集