,年金の Q and A 9

Q 厚生年金を受けています。パソコンをはじめたところです。こちらのホ−ムペ−ジを
  どうにか見る程度です。リンクの活用と、こちらのホ−ムペ−ジの使い方、厚生労働
  省や社会保険庁へのアクセクなど教えてください。年金財政が厳しく、年金額の減額
  など心配です。ここあたりの情報など知るヤリカタを教えてください。

A 正直にありのままに言うと、私もパソコンはじめてこの10月で満3年になるところです。
  あまり大きなこと言えません。私のHPは「年金」と「ライフプラン」の二本立てです。
  経歴にあるように、読売新聞の年金欄を長く担当したことありました。限られた「字数」
  のために、時には読者から、判りにくいとかの批判を受けた事ありました。
  言い訳ではないが、年金の解説の「補足」を「HPを使って、より細かく説明しよう」と
  考えました。だが、果たせませんでした。
  ワ−プロの生産中止でパソコンに切り替えたわけです。扱い難い機械です。HPは2002年
  から始めました。他人に頼み開設しました。やっと、半年前から自分で追加できることに。
  ご質問にお応えします。
  関係団体等へのリンク から厚生労働省のURLをクリック。審議会⇒社会保障審議会年金
  部会へ。新しい資料はNEWのマ−クです。今年の2月19日第12回社会保障年金部会議事録
  21ベ−ジが画面にでてきます。宮沢部会長の「次期年金制度改正」に向けた、各委員の論
  点整理の発言、年金課長の資料の詳細な説明があります。「給付と負担の在り方(1)」が4
  つに分けてPDFで見ること(又は印刷)できます。照会先の年金局総務課の電話番号も明
  記してあり、情報公開は進んでいます。読むのに一苦労します。これは、参考になります。
  また、リンクから社会保険庁を選ぶと、「年金に関する相談」「自分出て切る年金額簡易
  試算」へも進む事出来ます。
  貴方は受給者ですが、現役の方は自分の年金の凡その額を知りたいはずです。もし、判ら
  ことあれば、問い合わせの電話があり、普通の年金の問い合わせは「繋がりにくい」のに
  こちらは簡単に「繋がります」ので穴場です。リンクから厚生年金基金連合会へも飛び、
  中途脱退者の細かい解説等があります。是非ともご活用を!
  ついでに。市川のHPは年金の「貰い忘れ」のケ−スを多く見て、ここにも重点を置いてい
  ます。金利は僅かなもの。なのに、貰える年金をミスミス損している場合がまだあります。
  高齢社会です。「ライフブランニング」のペ−ジも活用下さい。
  <メニュ−>に新しい項目を増やす予定です。
          最初に戻る         
年金 Q & A 集