年金の Q & A 7  

   ・平成15年4月からの保険料の総報酬制つて何?

Q 年金制度が変わるようです。総報酬制とはどんなものですか?
  どのような計算をするのですか。

A 平成15年4月1日から平成12年改正法の最後の項目である、厚生年金
  の「総報酬制」が始まります。12年実施、13、14年と段階的に実施
  してきました。この総報酬制については、内容も大きくてそのために、余り
  話題になり難く敬遠していました。とうとうその時がきました。95年以降
  厚生年金の賞与については、1%の特別保険料が徴収されていました。
  しかし、給付には反映されていません。月収に偏った徴収方法のお陰で、勤め
  人の間で不公平感がありました。年収が同じなら賞与の割合が多いほど保険料
  が安くなっていました。この解消のため、また、年払い制給与などのこともあ
  り、前回の改正となったものです。
  平成15年4月以降、保険料率は月収と賞与のそれぞれに同じ13.58%が
  課され、会社と従業員が半分ずつ負担します。賞与からの保険料も、将来の年
  金額に反映されます。
  この保険料について、厚生労働省は「年金財政全体では、増収にも減収にもな
  らない」と言い、増収対策でないと強調しています。
  年間の賞与が月収の3.6か月を超える人は、1年当たりの保険料負担が現在
  より重くなり、3.6か月を下回る人は逆に負担が軽くなります。

  また、計算式は今より複雑になります。15年3月までの「平均標準報酬月額」
  と新しい「総報酬」と二つに分けて計算します。現在でも個人での計算は難し
  い状態でした。これからは更に複雑になって、お役所の計算を信じるしか方法は
  ありません。さらに、総報酬制は保険料の半分を負担する会社にも大きな影響が
  ありそうです。多くの中小企業は保険利用の負担は軽くなり、金融・保険などの
  大企業は負担増になりそうです。
     
      最初に戻る       年金 Q & A 集