年金の Q and A 4

      ・「遺族年金」と「国民年金」一緒にもらえるか?

Q 私は65歳で厚生年金を受けています。5歳年下の妻は国民年の加入は短いのです
  が、受給資格期間に算入される「カラ期間」があって、年金は貰うことができます。
  妻が65歳になった後、私に万一があった場合、妻は私の遺族年金と国民年金を両方
  とも貰えるのでしょうか。

A 遺族厚生年金と老齢基礎年金を併せて受けられます。貴方に万一があった時、妻には
  夫の老齢厚生年金の四分の三にあたる遺族厚生年金が支給されます。
  また、65歳以上で初めて遺族厚生年金の受給権が発生した1956年4月1日以前生
  まれの妻には、経過的寡婦加算が加算されます。この額は妻の生年月日で異なります。
  このホ−ムペ−ジの 中央やや下に[
年金経過措置一覧表]があります。
  ここをクリックしてその額[平成14年度価格]を確認して下さい。
  もうひとつ、この経過的寡婦加算額は死亡した夫の被保険者期間が20年(15年の
  例外あり)以上ないと適用されません。
  
  妻の年金は
@自分が貰う老齢基礎年金、A振替加算額、B遺族厚生年金、C経過的寡婦
  加算額の合計となります。
  判らないことは年金に詳しい人に聞くか、近くの社会保険事務所に出向き聞きましよう。
  

        最初に戻る          年金 Q & A 集