年金の Q and A 3

   
  ・62歳です。再就職で年金をフルに貰える話があるが本当か

Q 現在62歳です。知人から60歳以降に働いても、厚生年金を満額受け取ること
  ができると聞きました。こんなこと本当ですか?

A 在職老齢年金という制度があります。厚生年金は60歳以上70歳未満の間は
  賃金が多いと年金の額が減額されます。65歳までの前半は減額が厳しくて、賃
  金月額が38万円以上の人は受給できなくなります。
  厚生年金の制度では以上のように取り決められています。
  しかし、第二の勤め先としての「勤務の形態」によってこの例外もあります。

  正規の従業員は厚生年金と健康保険に加入します。今年の3月までは65歳で
  厚生年金は卒業で、年金を受ける事ができました。今年の4月から正規の従業員
  として働く場合、69歳まで社会保険(厚生年金と健康保険)に入ることに変わりました。
  ただ、社会保険に加入している事業所に勤めても、同種の業務を行う一般の人に
  較べて、勤務時間、勤務日が約四分の三以下になる場合は、社会保険に入りません。

  この場合、厚生年金は貰う、健康保険にだけ入りたいなどの勝手は許されません。
  つまり、企業に勤めて社会保険に加入しないことは通常できませんが、例外として、
  非常勤などの勤務の形態でなら、年金が受けられます。

  もう一つ。企業が社会保険に加入していない場合です。原則として総ての企業は社会
  保険に加入の義務があります。国民年金の空洞化と同じで、厚生年金にもこれと似た
  現象が現れています。企業が負担する社会保険料を免れようと、偽装倒産して会社の
  活動を止めたこととして,実は活動するというケ−スです。これは良いことではありません。    


          最初に戻る      年金の Q & A 集