年金の Q and A 11

Q 総報酬制っていったい「何ですか?」 何故複雑な制度に変えたのですか?
  自分で年金額を計算できますか?

A 世間では余り話題になっていませんでした。先の平成12年改正で決められ
  12、13、14年と改正が続き、最後の大きな改正です。
  厚生年金保険や健康保険では、毎月の給与からは一定率を乗じた保険料を
  負担しています。(厚生年金は173.5/1000、 健保は85/1000 また
  賞与からは1%の特別保険料)
  しかし、厚生年金の報酬比例部分の年金額の計算には反映されていません。
  「賞与」に1%の保険料を負担する仕組みでは、同じ年収でも賞与の割合が多
  い人ほど保険料負担が軽く、賞与の割合が少ない人ほど保険料負担が重くな
  っています。
  もうひとつ、現在の在職老齢年金の制度では、「給与」だけを基準として年金の
  支給停止額を計算しているため、同じ年収でも、賞与の割合が多い人ほど停止
  額が少なくなるいといった不公平が生じています。
  このため、平成15年4月からは、以上のような賞与の額の多寡による被保険者
  間の不公平が生じない負担と給付のしくみにするために、給与と賞与から同じ保
  険料を負担するとともに、年金給付にも反映させる「総報酬制」が実施されること
  になったのです。
  総報酬制の実施に当たり、保険料総額や年金給付総額が実施前と変動しないよ
  うに、保険料率と報酬比例部分の年金額の給付乗率がそれぞれ引き下げられま
  す。具体的には、次のようになります。
  標準報酬月額の173.5/1000の乗率(労使折半)を135.8/1000にします。
  賞与の今までのやり方はなくなります。かわりに賞与の支払いの都度1.000円
  未満を切り捨てた額【標準賞与額】に対して、給与の場合と同じ135.8/1000
  を乗じた厚生年金保険の保険料を労使折半で負担します。なお、【標準賞与額】は
  厚生年金の場合、150万円が上限になります。計算はますます面倒になります。
  自分で計算はムリかもしれません。このホ−ムペ−ジの年金計算も修正します。

        最初に戻る         年金 Q & A 集