年金の  Q and A 10

Q 私の家内の国民年金のことで質問します。昭和14年1月生まれです。任意加入していて
  
その後に第3号被保険者となりました。60歳から高齢任意加入の手続きを行い、来年
  の1月で65歳になります。保険料の納付期間は合計369月です。
  今年の4月から年金額が減額されると聞きました。どの程度の年金額になるのでしょう
  か? 元気なので66歳から貰う、1年「繰り下げ」も考えています。

A 貴方の奥様は資格期間を満たしています。また、老齢基礎年金を多く頂くために、「高齢
  任意加入」もされています。奥様の国民年金の加入可能期間は37年です。(このホ−ム
  頁のトップの頁のやや下に「年金経過措置一覧表 (こちらをクリック)」があります。
  国民年金がスタ−トしたのは、昭和36年4月1日です。この日以前に生まれた方は40年間
  の加入期間でなくて、「加入可能期間」の納付があれば、満額の老齢基礎年金が出ます。
  今まで、老齢基礎年金額は804.200円でした。物価スライドの関係で今年の4月からマイ
  ナス0.9%年金額が減ります。
  804.200円×0.991=791.000円となります。奥様は444月(37年)加入すべきとこ
  ろ、369月の納入となります。計算式は次のようになります。
    平成15年度の満額 791.000×369/444=657.300円(100円未満四捨て五入)
  65歳到達で貰える年金額です。もし、デフレで物価スライドが下がれば、来年の4月以降に
  変動することあるかもしれません。お含み置きください。

  さて、「66歳からの繰り下げ」について解説します。

  繰り下げ増額率は66歳からは、プラス12%です。前回の改正で60歳からの「繰上げ
  率」66歳からの「繰り下げ率」は、改正されました。改正後の66歳からの「率」は
  8.4%です。しかし、昭和16年4月1日以前に生まれた人は「改正前」の率を使いま
  す。奥様は改正前の率の適用です。よって、657.300円×1.12=736.200
  円となります。もし、2年間の繰り下げで67歳から受け取るならプラス26%です。
  今時の銀行の金利はゼロに近く、健康で長生き可能の方は大変に「有利」です。
  年金の制度は複雑になっています。近所の社会保険事務所に行き聞くことをお勧めします。

         最初に戻る        年金 Q & A 集