年金の  Q  &  A  8
   ・ 平成15年4月から年金額が減額されるのですか?

Q どうやら、年金生活者にも「冷たい風」が吹いてきたようです。
  聴く所では、この4月から年金額が減額になるとか。このあたりを教えて下さい。

A わが国の公的年金は、物価の変動にあわせて給付額が変わる「物価スライド制」という
  制度です。この制度は昭和48年にでき、平成元年から自動物価スライド制になり
  ました。つまり、毎年4月から、前年の消費者物価指数の変動に沿って自動的に給付額
  を見直す仕組みです。この制度では物価の下落時には給付額も引き下げられます。
  しかし、減額されるはずの2000年度以降も政府は高齢者の消費を冷え込ませて、景
  気に悪い影響を与えかねないとして、「特例法」を作って物価スライドを凍結し、給付
  額を据え置いてきました。
  他方、年金制度を支える現役世代は、デフレのため賃金や賞与のカットとか、リストラ
  などで苦しんでいます。このため「高齢者の年金給付額だけを据え置くのは不公平だ」
  との声も高くなりました。また、少子・高齢化が進む中で、若者は年金制度への不安が
  広がっています。物価のアップは行い、ダウンの時は「面倒見ます」では、本来の年金
  制度の根幹を弱いものとし、年金制度への不信感を増幅させます。
  平成14年度の消費者物価指数は対前年比マイナス0.9%となり、法令どおりの取り
  扱いであれば、今年の4月からの年金額はマイナス2.6%の改定となります。
  平成15年度においては、年金額などを据え置いた過去3年とは異なり、現役世代の賃
  などの低下傾向が明らかとなっているので、保険料を負担する現役世代との均衡の観点
  から、物価スライドの特例措置として、平成15年度の年金額は平成14年分の物価指
  数の下落分の「マイナス0.9%」だけの改定とします。
  どの程度の減額かは次の通りです。(年金額<月額>への影響 ---マイナス0.9%)
  
 厚生年金          238.125円  ⇒  235.992円 
 夫婦2人分の標準的な                     (△2.133円)
 年金額
 国民年金            134.034円   ⇒  132.834円 
 夫婦2人分満額
                             (△1.200円)

        最初に戻る            年金 Q & A 集