「もらい忘れの年金」の請求手続き    

 

<メニュ−>●年金問題の中で読売新聞社の「年金欄」担当時に、「もらい忘れの年金」の事例が多くあって、この原因と対策を簡単に説明しました。

 この問題は「年金相談の6大テ−マ」の(3)でも、重要項目としてあげています。「もらい忘れの年金」=「未請求」をどのようにして「もらい」・「自分の年金を増やすか」

 この請求の方法をお知らせします。

「もらい忘れの年金」の手続きは次のようにして下さい

@「被保険者期間調査依頼書」を当時勤務していた事業所を所管する社会保険事務所に送ります。

Aその社会保険事務所から「被保険者期間調査確認回答書」をもらいます。

Bその時の年金手帳を再発行してもらいます。

C近くの社会保険事務所に行って、受給中の被保険者証または年金手帳と再発行の年金手帳を一冊にまとめます。(これで加入期間が増えたことになる)

D年金額の改定の手続きをする。

面倒な手続きですが、「もらい忘れの年金」は5年前にさかのぼって支給されます

 

今、デフレです。銀行に預金しても金利は僅かなものです。サラリ−マン川柳でこんなものを見たことありました。それは、「通帳のシミかと見れば金利なり」でした。

老後の命綱である大切な年金であるのに、「もらい忘れ」つまり「請求していない」人も少なくありません。

 私が読売家庭経済新聞の「ザ・年金」や「年金は」の時、そして読売新聞全国紙月曜日の「YEN」の年金欄を担当していた時から、この「もらい忘れの年金」は大きな反響がありました。

 多くの方が年金欄のとおりに手続きして若干の時間がかかりましたが、「もらい忘れの年金」を手にしました。支給されないと思っていた年金が5年分(3年のもらい忘れなら3年ですが)をまとめて受給できたとの礼状を沢山いただきました。担当の私も新聞社の人も驚きました。

 東京都にお住まいのある方は、2年間の「もらい忘れ」を手にしたそうです。社会保険事務所の担当者から「よく探しましたね」と感心されたそうです。

 しかし、残念なことに記録がなく、また短期間のため清算済みで年金に結びつかなかった人も多くありました。

 私の体験では、記録モレや「もらい忘れの年金」があることを知らない人が少なくありません。

 

市川のホ−ムペ−ジで、「頂ける年金」を「もらい忘れている」方が多いのて゛、お知らせしたく

この「もらい忘れの年金」にウエイトを置いています。トップ・ペ−ジにも、年金コ−ナ−にも、ここでも繰り返し「くどい」ように説明しています。

 

●年金の請求の前に、「年金手帳」を確認しておきましょう。以前は「被保険者証」と言いました。転職などで二つあっても、番号が同じなら良いのです。基礎年金番号が導入されました。もしも、二つの番号がある場合は、一つに纏めましょう

●「もらい忘れの年金」の原因の一つは「年金手帳など」の重複です(判らないことは聞く)

●自分の記憶違いは? (勤め先でイヤなことがあり、忘れたいとの思いでこの期間を消した)

●転勤の多い人。営業部門、ゼネコンの勤務者など事業所を転々と移転した方は割合、記録モレの可能性があります。自分の年金の加入記録は是非正しく押さえておいて下さい。なにしろ。年金の請求は自分でします。自分の請求忘れをお役所で指摘することは普通はありません。まれに、親切に指摘された幸運な方もいますが。

●同じ会社だけに勤務した方は、自分の勤務した月数と「年金相談」で得た年金の加入期間と合っていますか。普通1ヶ月少ないのが普通です。4月の入社なら5月からの保険料の徴収だからです。海外勤務の方や転職をされた方は、自分の年金の加入期間を押さえておいて下さい。

一度年金の確定した後の「もらい忘れ分」は時間がかかります。

 

◎年金で判らないことあったなら、社会保険事務所、会社の人事部門、知り合いの年金に詳しい方に「聞くこと」を切にお勧めします

[最初に戻る]