年金コ−ナ−@
●年金のこと
 お金(経済の問題)は重要ではない。
健康が第一である、イヤイヤ「経済」「健康」は「従」であって、「主役」は「生きがい」
だよとの説もあります。市川はこれを否定しません。
 しかし、「お金」を気にしない人はいない筈です。
お金はあるが「健康」でないとダメです。「健康はすべてではない」 しかし、「健康
でなければ、すべてがない」も事実です。
 ほどほどの健康で、多少の「生きがい」があれば、やはり「お金=経済」が気になります。

  
    「市川孝二の見た、元気印OBの8原則」
         −−−60歳からの生活で−−−
   1)再び働く          5)たくわえ(年金や貯蓄など)
  2)住宅ロ−ン残ってない    6)趣味がある
  3)子供にお金がかからない   7)配偶者と仲良し(単身者なら周りの人と)
  4)健康            8)ライフプランを持っている 

 私の友人・知人その他を見ていますと、60歳以降の元気印の人は、この8原則を満たしています。
                 
                 「元気印OBの8原則」の中身

               1)60歳過ぎても再就職⇒「経済」の問題
                 (給料を稼ぐ、年金が増加する)
                 勤め先の定期健康診断は「健康」、会社の友人たちとの交際は
                 「生きがい」妻は60歳直後の退職を歓迎しません。
               2)と3)は家のロ−ンが終わり、子供に費用がかからない。
     これは、経済の問題です。
   4)はほどほどの健康。
    (一病息災です。余り元気すぎて、あの世へ行く人もいます)
   5)は「経済」
   6)は趣味を持つ。つまり「生きがい」そのものです。
   7)パ−トナ−と仲良くすることは、長い老後の生活に大切なこと。
   8)は、自分(たち)なりの「今後のプラン」を作成した人は、その
                 計画にそって、多少の軌道修正をすれば、「計画」を持たない人
                 に比較して、「有利」です。

 ■いくら位お金ありそうか?
   「公的年金」 +「たくわえ」(企業年金・退職金、個人の金融資産など)
    これらをすべてかき集めるとどれ位になりますか? 自分の現状を調べましょう。
 いつまで 生きるか は判りません。寿命については「日本人の平均余命」(厚生労働省発表)があります。

・生命保険会社、金融機関、シンクタンクなどが、夫60歳の定年後の夫婦の生活費と生涯の収入の推計を
 しています。
・この資料を見ますと幅があります。コレは個人差(貯金その他)が「かなり」あります。
▼老後の夫婦の生活費は8000万円から1億円などのデ−タが発表されています。
◎この数字を見てビックリする人が多いのですが、大胆にこれからの生涯収入を調べると、「かなりの額」に
なります。
 
 ***** この意味で、年金コ−ナ−A に公的年金の「生涯収入」の試算例を掲載しました。******
 例 : 夫 昭和23年生まれ、妻 昭和26年生まれの方(夫・厚生年金加入)の生涯年金額の予想です。

     TOP「メニュ−」に戻る     年金コ−ナ−A