新年金改革案・・・・・厚生労働省・改革案 (たたき台)公表。

 2002年12月5日厚生労働省は2004年の次期年金改革に向け、(たたき台)としての案を公表しました。
予定では11月中旬と聞かされていたが、延びました。厚生年金の保険料率を現在の13.58%(年収比、労使
折半)から20%まで引き上げたうえで固定し、給付を自動調節する「保険料固定方式」などを提案しました。
 今年に入り「スウェ−デン方式」がにわかに話題となりました。官庁・一部の政治家・学者・マスコミなどの年
金関係者が、年金改革の先進国として、注目されました。最近も国際年金セミナ−等において、スウェ−デンの年
金改革の実態が論議されていました。
 マスコミでも「保険料に上限を設けて、その範囲内で年金を給付する方式」がささやかれていました。
 12月5日に「たたき台」として、「年金改革の骨格に関する方向性と論点」が日の目をみたのです。
この日の「夕刊」から翌日の「朝刊」この改革案が大きく取り上げられていました。
 従来の年金制度の改革は、「基礎年金制度」を作ったとか前進は確かにありました。しかし、高齢化は進み、予
想を超えた少子化のために、年金改革は後手後手となっていました。
 5年ごとの給付の切り下げ、負担の増加などの改革は、年金への不信感となりました。このことは若者の年金離
れを呼び込み、「年金は逃げ水だ」との考え方が定着しそうな雰囲気でした。
 また、制度改革のたびに年金制度は「より複雑に」なってしまったのも事実です。
 ここで、公表されたばかりの「たたき台」を批判したり、大いに賛成とか論じる積りはありません。
 いままでの「年金改革」を振り返り、「大鉈を振りかざして」年金財政など健全化のためのチャンスです。
一筋縄では行きそうに無い「年金改革」について、一緒に考えたいと願っています。
 この「年金改革の骨格に関する方向性と論点」を基に議論を深めて見ましょう。今後の予定は次のようです。

 03年前半 有識者調査・国民公聴会。秋に厚生労働省改革試案を公表。12月 改革案とりまとめ。
04年の通常国会へ年金制度関連法案を提出する。これが、現在判明している道行です。

 年金改革たたき台のポイント

・保険料方式に基ずく現行の制度体系を基本に改革を推進。
・保険料上限固定方式とし、少子化などの社会経済情勢の変化に伴って年金給付を自働調整。
・基礎年金に対する国庫負担割合を2分の1に引き上げる。
・年金見込み額が簡単にわかるポイント制の導入。
・年金課税見直しなどを通じ既に受給している年金水準の引き下げ。
・少子化対策として、育児休業期間分の年金額補填などの検討。(次世代支援)
・パ−トタイム労働者の厚生年金加入拡充。高齢者の就業促進。
・女性のライフスタイル変化に即した年金制度の構築。
・国民年金保険料の徴収強化。

     次の頁に行く          最初に戻る