このたたき台の公表された直後、連合は「社会保障全体を見通していない」とした批判の談話を出しました。
「年金財政のみの狭い枠内での方向性であり、医療や介護を含めた社会保障全体の視点が欠落していると批判
し、以前から連合が主張してきた「基礎年金給付を全額税負担」でまかなう方式に関する試算のないことで不
満としています。
 この公表のあと、これからもいろいろと意見や批判などが多く出てくるでしょう。
ここで、あえて私見を述べてみます。まず、第一の感想は、「若年者への配慮」です。これは良いことです。
 年金の話をする時、若い人はすべて「国の年金はあてに出来ない」と不信感をいだいています。改正の都度
年金財政の辻褄あわせとしての「適正化」と言う
ものの、実は改悪となつていて「年金は信頼できない」と見
られてきました。この「たたき台」は今までの年金受給世代の重視から離れて若い世代の不信感、不安感の解
消を重視しています。さて、これで若い世代が安心出来るかは分りません。
 これから、詳細についてもっと詰めてみたいと思いますが、「年金保険料固定方式」−保険料を固定して
年金額は自動調整する−は現役の世代でも、年齢によって格差があるみたいです。
 少子化のブレなどで、年金の水準が低下し、このために将来の生活設計がより難しくなりそうです。
このことは、従来の保険料のアップ(負担増)への不安の解消とはなるももの、新しい不安に繋がるかもしれ
ません。
 今回のたたき台は保険料負担をあまり重くしないとの観点では評価できます。世代間の格差についてはやや
および腰のようです。この点は簡単に行きませんが、もっと突っ込むことがあっても良かったかと考えます。
どうしても、今の受給世代と比較されそうです。現在受給している年金の取り扱いで、「生活の安定を考慮す
れば、賃金や物価が下落する場合を除き、年金の名目水準を維持しつつ、時間をかけて給付水準を調整するこ
とが考えられる」としています。世代間や高齢世代内の公平の視点に立って「公的年金に対する課税(公的年
金控除)を見直すべきではないか」という意見が多い。公的年金制度の負担と給付のありかた全体に関する今
後の議論の中で、適切な結論を得ることとする・・・などと役人の作文らしさを表しています。
 今回の案はスウェ−デンの方式をモデルにしています。しかし、かの国のヤリカタの一部を借りてきて、い
いとこどりをしている風もあります。すなわち、保険料固定などの部分を表面的にとっただけです。実態は今
のやりかたを基本に保険料を段階的に引き上げ、同時に給付を下げると言う案に過ぎません。
 経済諸団体などから主張されていた、基礎年金を全額税でまかなう「税方式」を退けています。この点にも
っと突っ込んだ議論が欲しかった。現状とかけ離れたくないとの考えが出ています。
 とはいえ、これは「たたき台」です。批判ばかりでなくて、各方面からいろいろな論議を引き出して検討し
ましよう。先進各国は高齢化などで、年金問題でみな悩みを抱えています。この中で人口構成で一番大変な状
態にあるのは、日本です。団塊世代も間もなく年金を受ける時が来ます。
 年金問題は焦眉の問題です。政府も議員さんにも頑張ってもらうとしても、私たちもお偉いさんに任せるこ
となく自分たちの問題として真剣に話し合いましょう。

       前の頁に戻る       最初に戻る