年金の Q and A 21
 Q 今度の改正でパ−ト社員など短時間労働者も厚生年金に加入することになったのですか?

 A 結論から言うと「先送り」となりました。前から「パ−トなどの取り扱い」は年金問題の
  中の懸案事項でした。年金審議会の先生方がいろいろと審議していました。
   バ−トなど短時間働く労働者の「基準」を下げて、厚生年金の加入者を増やす方向でし
  た。(週に20時間のしばり)
   しかし、バ−ト労働者を多く使う外食産業やス−パ−マ−ケットの業界が「反対」しました。
  保険料を取りやすいところから取るのはけしからんと言うのです。いろいろな反対運動を行い
  ました。結論は、「パ−ト社員は保険料負担に耐えられない」(大野・与党年金制度改革
  協議会座長)と言うことで、
5年後をメドに見直すことになりました。
   つまり、問題の先送りです。
  景気の問題や雇用の問題。バ−ト労働者が将来の受け取る年金は増加しますが、「先の
  年金」より現在の「お金」が大切と、利害がかみ合っているので「先送り」となってしまい
  ました。バ−ト労働者にハ−ドルを下げて「加入させる」と、企業は負担増となります。
   そして、かえってパ−ト労働者を削減してはこの不景気に逆行するとの声が勝ちました。


     TOP頁「メニュ−」に戻る        年金 Q & A 集